【現在位置】トップページ > 2012 年02 月

(このページ内の記事一覧)
(スポンサード リンク)

2012年02月28日

ドイツ政府がFIT縮小の素案を発表、2012年4月以降設置の施設は、2013年1月以降に全量買取を廃止する(発電量の10〜15%を買取対象から外す)方針

ドイツ政府2012年2月23日に、FIT縮小素案を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・独、太陽光全量買取13年廃止へ 買取負担重荷に(電機新聞)
 http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20120228_01.html

上記URL先ページによると、素案の主な内容は

・背景:
 ドイツでは、FITにより太陽光発電の導入量が急拡大したが、他方で電力消費者の買取負担額(電気料金)が増している。

・主な方針:
 ・2012年4月以降に系統接続する太陽光発電施設については、2013年1月以降に、発電量の10〜15%を買取対象から外す
  一部の発電量については
  ・自家消費
  ・電力市場での売却
  を促す。
 ・太陽光発電設備の価格ダウンに併せて、電力の買取価格引き下げていく
  具体的には、2012年3月上旬数割の引下げを行い、5月以降は毎月引き下げる。
  買取価格の改定頻度を月毎(従来は半年毎)とするのは、価格改定前の駆け込み需要を防ぐため。
 ・設備の年間設置量に目標値を設定。
  この目標からかけ離れた実績になった場合は、省令により買取価格を修正できる。

等となっています。


ドイツを世界最大の太陽光発電市場に押し上げたFITにおいて、(素案の段階とはいえ)全量買取の廃止が提案されたということには、やはり驚きました。

電力の買取価格もどんどん引き下げられていくと見受けられますが、今回の方針が実行された場合、(設備価格の低下と合わせて)ドイツ国内は勿論のこと、世界の太陽光発電市場・産業にどのような影響をもたらすことになるのか、非常に心配になります。
(それを補うだけの有望市場が、他の国・地域に生まれればよいのだが)


※参考サイト・ページ
・[1]the Federal Government
 http://www.bundesregierung.de/Webs/Breg/EN/Homepage/_node.html;jsessionid=DB96C7CFACC3C841C52CA8A50D426EA0.s3t1
posted by 管理人 at 22:16 | Comment(0) | 市場・業界の動向:欧米

DMMソーラーが、発電電力のシェア比率を8:2(従来は7:3)、シェア超過分の電気料金を24円/kWh(同42円/kWh)に変更

「DMM.com」が、「DMMソーラー」における

・発電電力のシェア比率
・シェア超過分の電力使用量に対して、DMM側が請求する電気料金の単価

を変更したとのこと。

(ニュース記事)
・DMMソーラーの発電量シェアは「3:7」から「2:8」に。超過分の電気料金を引き下げ(家電Watch)
 http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20120227_514993.html

(DMMソーラーのサイト内ページ)
・消費電力が発電量を超えた場合に損をすることはありますか?
 http://www.dmm.com/solar/personal/-/faq/#service03

上記URL先ページによると、変更後の条件は

シェア割合
 契約者:DMM = 2:8(当初発表は3
超過分の電気料金24円/kWh(同42円/kWh)
 ※この金額は、平成23年度の「通常の電気料金の単価(買電単価)」とのこと。

とされています。


DMM側の電力量の取り分は大きくなったものの、ユーザー側の超過分の支払い単価が電力会社からの買電価格と同等、ということであれば、当初の設定(超過分は42円/kWh)よりも、ユーザー側にとっての合理性は高いと感じます。
(勿論、買電単価は電力会社により異なるはずなので、よく確認する必要があるとは思いますが)

ただ、サービス発表から間も無い段階での変更なので、個人的には正直、今後も頻繁に条件変更が行われるのでは?と、サービスの安定感に対してちょっと不安も感じざるを得ませんが、何とかサービス提供者とユーザー双方がメリットを得られる条件に落ち着いてほしいところです。


※参考サイト・ページ
・[1]実質8万円でソーラーパネルを設置!DMMソーラー
 http://www.dmm.com/solar/personal/
posted by 管理人 at 22:15 | Comment(0) | 市場・業界の動向:国内

八戸市のNPO法人「循環型社会創造ネットワーク(CROSS)」が、住宅用太陽光発電による発電電力の環境価値分を「青森県ふるさと電力証書」として発行・販売

青森県八戸市のNPO法人「循環型社会創造ネットワーク(CROSS)」が、住宅用太陽光発電システムによる発電電力の環境価値分を「青森県ふるさと電力証書」として発行・販売しているとのこと。

(ニュース記事)
・家庭太陽光発電に証書 八戸のNPOが企業に販売、収益配分(河北新報)
 http://www.kahoku.co.jp/news/2012/02/20120228t25015.htm

上記URL先ページによると、事業の概要は

・仕組み:
 「グリーン電力証書」の一種。
 太陽光発電システムを設置している県内家庭(現在56世帯)による一定期間の発電量を、「クロス」を通じて「グリーンエネルギー認証センター」に報告し、認証を経て証書が発行される。
 この証書を、クロスが希望者に販売する。(販売開始は2011年2月
 
・各者のメリット:
 ・証書の購入者側
  消費電力を自然エネルギーにより賄った、とみなすことができる。
 ・参加家庭側:
  証書の販売収益の一部が、発電量に応じて年1配分される。

・販売実績:
 これまでで7つの事業者・団体が購入。
 青森県も2月1日に、3,033kWh分(県庁内のエレベーター8基の2月の使用見込み分)の証書を、約5万円で購入した。

等となっています。

また記事では、NPO法人「クロス」の理事長の方の

・「参加家庭や県内の購入者が増えれば太陽光発電の普及やエネルギーの『地産地消』につながる」

とのコメントが紹介されています。


住宅に設置した太陽光発電システムを通じて、一般家庭が社会とつながる機会が設けられている、という点が非常に興味深いです。

各家庭に分配される収益は多くはないとは思いますが、太陽光発電の社会的な意義・価値を確認するうえで、大きな意味のある取り組みではないか、と考えます。


※参考サイト・ページ
・[1]NPO法人循環型社会創造ネットワーク(CROSS)
 http://www.npo-cross.jp/
posted by 管理人 at 22:13 | Comment(0) | 戸建住宅

テュフ ラインランド ジャパンが、産業用太陽光発電施設向けの評価サービスを開始

テュフ ラインランド ジャパン」社が新たに、産業用太陽光発電所向けの評価サービスを開始したとのこと。

(ニュース記事)
・テュフラインランド、ヒロトモエナジー施工の発電施設で太陽光発電所評価サービスを開始(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=303995&lindID=1

(テュフ ラインランド ジャパンのサイト内ページ)
・テュフ ラインランド ジャパン、日本において太陽光発電所評価サービスを開始 ヒロトモエナジー株式会社施工の400kW施設を評価
 http://www.tuv.com/news/jp/japan/about_us_jp/press_2/news_1/newscontentjp_89220.jsp/pv20120227

上記URL先ページによると、最初のサービス提供として、「神原汽船」社の「福山物流センター」の400kW施設(兵庫県の「ヒロトモエナジー」社が施工)の検査を実施。

この試験は、システムインテグレータとしてのヒロトモエナジーの企業認証(CID)について行われたものとのことです。
(CIDは、太陽電池モジュール施工に携わる会社に対して、その施工プロセスの品質・安全面が、国内・国際基準を満たしていることを証明するもの)

また記事では、ヒロトモエナジーの社長の方による

・産業用太陽光発電において、
 ・何が正しい設計なのか
 ・どのような施工が適切か
 ・設置後のシステム全体の発電評価をどのように行うか
 といった点は、全てが施工会社の知識によるものであり、顧客側ではその正しさを判断する機会がなかった。

・ヒロトモエナジーでは、
 ・設計
 ・施工
 ・電力申請
 ・アフターメンテナンス
 ・性能評価
 といった分かりにくい点の評価を、顧客に代わり第三者検査機関に依頼することが、顧客からの信頼獲得につながると考え、今回の企業認証取得に踏み切った。

との内容のコメントが紹介されています。


国内での産業用太陽光発電システムの普及は、固定価格買取制度が導入されることもあり、これからのスピードアップが予想されますが、それに伴って施設に対する評価基準も明確になっていく必要がある、と思われるので、今回の新サービスがどれだけ利用されることになるのか、注目したいところです。


※参考サイト・ページ
・[1]ヒロトモエナジー
 http://www.hirotomo.biz/
・[2]神原汽船
 http://www.kambara-kisen.co.jp/
posted by 管理人 at 22:13 | Comment(0) | 試験・検査

安川電機が2012年4月に、個人住宅向けのパワコン新製品「Enewell-SOL 4.5kW/5.8kW」を発売予定

安川電機」社が2012年4月に、太陽光発電用パワコンの新製品として「Enewell-SOL 4.5kW/5.8kW個人住宅用を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・安川電機、太陽光発電用パワーコンディショナーの個人住宅向け製品を発売(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=303989&lindID=4

(安川電機のサイト内ページ)
・太陽光発電用パワーコンディショナ「Enewell-SOL 4.5kW/5.8kW」個人住宅用を販売開始
 - 産業用10kW・100kW機種に続き、個人住宅用途に小容量2機種をリリース -
 http://www.yaskawa.co.jp/php/newsrelease/contents.php?id=200&year=2012&

上記URL先ページによると、製品の概要は

・主な特長:
 ・独自のダイレクト電力変換を採用したパワー変換技術により、変換効率96%以上を実現。
 ・入力電圧範囲は、DC60〜400Vと幅広い。
 ・自立運転機能を備え、系統停電時の非常電源に使用できる。
 ・騒音レベル30dB以下と低く抑えており、個人住宅での使用に向く。

・発売日:2012年4月21日の予定
・販売目標:2012年に20,000
 (※個人顧客への直接販売は不可)

等となっています。


個人住宅用で容量4.5kWと5.8kWという点に、住宅用太陽光発電システムの発電容量が拡大傾向にあることが伺えます。
(それもモジュールの価格低下によるところが大きい、ということでしょうか?)
posted by 管理人 at 22:12 | Comment(0) | パワーコンディショナー

田淵電機が2012年3月に、パワコンの開発施設「信頼性評価センター」を新設予定

田淵電機」社が2012年3月に、パワーコンディショナーの開発施設信頼性評価センター」を新設する予定とのこと。

(ニュース記事)
・田淵電機、子会社にパワコン開発施設を開設−太陽電池との接続検証(日刊工業新聞)
 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320120228bjac.html

上記URL先ページによると、施設の概要は

・目的:
 大手メーカーへのOEM供給品以外の拡販につなげる狙いがある。
 (自社ブランド品の売上高目標を、2012年度に40〜50億円(前年度比2〜2.5倍)とする)

・設置場所:栃木県の子会社「田淵電子工業

・事業内容:
 ・太陽電池モジュールとの接続検証発電データの蓄積、パワコンの耐久性評価
  ・屋外:
   国内外メーカー製の太陽電池モジュールを設置し、
   ・防水・防塵性
   ・発電量
   を実測する。
  ・屋内:
   大型ウォークインチャンバーを設置。
   温度変化が厳しい地域(寒冷地など)を想定して、各種環境条件での試験を行う。
 ・実験用住宅での、
  ・風力発電
  ・太陽光発電
  ・燃料電池
  向けパワコンの検証
 ・その他、
  ・V2H(自動車から住宅への電力供給)
  ・照明制御
  等、家庭用エネルギーシステムの研究

・投資額:1億円強

等となっています。


パワーコンディショナーのメーカーが、各メーカーの太陽電池モジュールとの接続検証を行うというのは、(テュフ ラインランド ジャパンの評価試験サービスもそうですが)日本国内でもシステムインテグレーターによる設備販売が増えている・・・ということなんでしょうか。

また、2010年には田淵電機のパワコンのシェアの高さが報じられていましたが、今回自社ブランド製品の拡販を狙うというのは、どのような背景・状況の変化があるのか気になるところです。


※参考サイト・ページ
・[1]EneTelus(田淵電機のサイト内)
 http://www.zbr.co.jp/products/enetelus/index.html
・[2]田淵電子工業
 http://www.tabuchi-denshi.co.jp/
posted by 管理人 at 22:11 | Comment(0) | パワーコンディショナー

Qセルズジャパンが2012年3月に、フルブラック仕様の単結晶太陽電池モジュール「Q.PEAK BLK」を発売予定

Qセルズジャパン」社が2012年3月に、フルブラック仕様の単結晶太陽電池モジュール「Q.PEAK BLK」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・Qセルズ、全装備フルブラック仕様の単結晶系太陽電池モジュール「Q.PEAK BLK」を追加(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=304006&lindID=4

(Qセルズジャパンのサイト内ページ)
・単結晶型太陽電池モジュール
 http://www.q-cells.jp/qpeak.html

上記URL先ページによると、今回の製品の概要は

・主な特徴:
 ・セル:
  「Q6LMXP3」を採用。
  ・単結晶シリコンモジュールの公称最大出力287W(世界記録)を達成したモジュールに使われているものと同一。
  ・角が丸くないフルスクエアの形状。
  ・低照度特性に優れる。
  ・Qセルズ社独自の品質管理「HSP(ホットスポットプロテクト)」基準により、局部的な過熱(ホットスポット)を引き起こすセルを排除している。
 ・全装備(セル・バックシート・フレーム)を黒単色に統一。
  様々な外観上の建築要件を満たすことができる。
 ・5,400Paの風・積雪荷重耐性を持つ。
 ・耐久性:
  ・結露凍結試験(85度に20時間後、-40度に4時間設置):40サイクル(※JIS規定は10サイクル)
  ・高温高湿試験(温度85度、湿度85%の試験層に設置):2,000時間(同1,000時間)
  と、JIS基準を大幅に上回る耐久試験をクリアしている。

・主な仕様:
 ・品番:Q.PEAK BLK 250
 ・公称最大出力:250Wp
 ・サイズ:1,670mm×1,000mm×50mm(フレーム含む)
 ・質量:19.8kg
 ・保証:
  ・出力保証:25年(国内最長とのこと)
   ・1年目:公称出力の97%以上
   ・2年目〜:
    0.6%以上の劣化に対して保証。
    公称出力の83%以上を、25年間保証する。
    (※適用地域により、保証内容は異なる)
  ・製品保証:10
 ・希望小売価格:191,000
 ・発売時期:2012年3月中旬

・販売ルート:
 全国の「Qセルズ・マイスター・クラブ」の登録取次店105店舗(一部地域を除く)で販売する。

等となっています。


流石に価格はかなり高め、という気がしますが、そのぶん発電能力の高さや、外観を黒で統一している点、また高い耐久性には、個人的にも大きな魅力を感じます。

福岡市のシステム・ジェイディー社が、太陽光発電システムでのモジュール不具合を自動検出できる装置「SOKODES」を開発

福岡市の「システム・ジェイディー」社が、太陽電池モジュール不具合自動検出する装置「SOKODES(ソコデス)」を開発したとのこと。

(ニュース記事)
・業界初 太陽電池アレイの障害位置を早期に発見 システム・ジェイディー、太陽電池アレイテスター「SOKODES」を販売(@Press)
 http://www.atpress.ne.jp/view/25679

上記URL先ページによると、この装置の概要は

・背景:
 従来は太陽光発電システムにおいて、モジュール単位での障害個所の特定が難しく、メンテナンス上の課題となっていた。

・主な機能・特徴:
 複数の太陽電池モジュールの電気抵抗同時計測して、配線の接続不良などを即座に検知し、障害個所を特定できる。
 下記の3つの「S」を特徴とする。
 ・「Safety」:
  接続箱から測定するため、使用時に屋根に上る必要が無い。
 ・「Speedy」:
  傷害箇所の発見を容易・迅速に行える。
 ・「Simplicity」:
  簡単なキー操作で測定可能。
  また、測定結果は大型液晶に表示できる。

・想定用途:
 一般住宅〜産業施設までの太陽光発電システムの
 ・取付時
 ・定期点検時
 ・異常時
 の検査に使用できる。

・主な仕様:
 ・外形寸法:幅116mm×奥行51.5mm×高さ226mm
 ・重量:690g(電池込み)
 ・障害位置検出:
  ・測定単位:単一ストリング
  ・ストリング長:20枚以下(54セルモジュール相当)
  ・検出可能抵抗:直列抵抗10Ω相当以上
  ・測定時間:20秒以下
 ・電源:単3乾電池4本(連続測定時間は8時間)
 ・PC/プリンタインタフェース:Bluetooth、USB

・販売・製造体制:
 新設する「ソコデス」社に製造・販売をアウトソースする。
・販売目標:年間100
・価格:48万3,000円(消費税込)
 ※普及版も開発中。(2012年内の発売が目標)

等となっています。


最近の僅か数日間で、設置済み太陽電池モジュールの不具合チェック装置やシステムの発表が相次いでいますが、固定価格買取制度の導入を前にして、これらの製品・サービスに対する需要も急激に高まっている、ということなんでしょうか。


※参考サイト・ページ
・[1]システム・ジェイディー
 http://www.system-jd.co.jp/
posted by 管理人 at 22:08 | Comment(0) | 試験・検査

2012年02月26日

住友電設がメガソーラー向けの監視システムを開発、ストリング単位でモジュール発電量をチェック可能

住友電設」社が2012年2月23日に、

メガソーラー向け
 ・パワーコンディショナー
 ・連系設備
 ・太陽電池モジュールの発電量(ストリング単位
 を監視できるシステムを開発した。

と発表したとのこと。

(ニュース記事)
・住友電設、メガソーラー向けシステム−太陽電池単位で発電量を監視(日刊工業新聞)
 http://www.nikkan.co.jp/dennavi/news/nkx0920120225qtya.html

(住友電設のサイト内ページ)
・ストリング監視が可能なメガソーラー監視システムの開発
 http://www.sem.co.jp/news/news/news105.html

上記URL先ページによると、システムの概要は

・背景:
 従来の太陽光発電設備の監視では、パワーコンディショナーの管理が主となっている。
 しかしこの方法では、太陽電池パネル故障検出難しく、見えない発電ロス>が潜んでいる可能性がある。

・主な特徴・機能:
 ・メガソーラーにおける
  ・機器異常
  ・ストリング発電効率低下
  を早期発見しグラフィカルに表示。
  これにより、広大な敷地における異常発生箇所の特定が容易となり、発電ロスの早期発見・早期復旧に寄与する。
 ・住友電設が従来から独自開発している
  ・エネルギー管理システム(EMS)機能
  ・ファシリティ管理機能
  を併用することで、過去データ比較・解析を行える。
  (長期間のライフサイクルコストを考慮する運用管理に活用可能)
 ・インターネットの活用により、各拠点の設備状況や帳票データを監視センターに集約
  ・スマートフォンによる監視
  ・複数個所のメガソーラーの監視
  等を可能にする。。
  また、各管理者の管理レベルに合わせたアクセス制限にも対応。

等となっています。


大規模太陽光発電施設において、直接発電を行う機器である太陽電池パネルの監視機能が主流になっていないというのは問題が非常に大きいと思われるので、国内でのメガソーラー増加が見込まれる中で、今回の新システムの監視機能が持つ価値は高いのでは、と考えます。

今後は他社からも同様の監視機能がリリースされると思われますが、個人的には各社からいろいろな監視方式が開発・発表され、その機能が洗練されていくことを期待したいところです。
posted by 管理人 at 02:04 | Comment(0) | 国内のメガソーラー

2012年02月25日

積水化学の「太陽光発電実邸アンケート調査(2011)」で、光熱費ゼロ達成率は80%・平均光熱費収支はプラス6万6,000円

積水化学工業株式会社 住宅カンパニー」が2月23日に、「太陽光発電実邸アンケート調査(2011」の結果を公表したとのこと。

(ニュース記事)
・太陽光発電、光熱費ゼロ住宅は80% ……積水化学調査(RBB TODAY)
 http://www.rbbtoday.com/article/2012/02/24/86638.html

(セキスイハイムのサイト内ページ)
・「太陽光発電実邸アンケート調査(2011)」について - 光熱費ゼロ住宅が80%に拡大! 太陽光発電大容量化の効果大 -
 http://www.sekisuiheim.com/info/press/20120223.html

上記URL先ページによると、まず調査の要綱は

・調査対象者:
 セキスイハイムのオール電化&太陽光発電搭載住宅の居住者
 (※2010年1月〜12月に入居、余剰電力の買取価格は48円/kWh)
・調査データ:2011年1-12月の電気料金、発電量など
・調査地域:全国
・調査期間:2012年1月に案内書を郵送で配布し、ウェブで回答
・有効回答:1,385

そして主な結果は

・平均搭載容量:4.64kW

・平均の年間発電量:5,180kWh
 ・自家消費分:約28%(1,450kWh)
 ・余剰電力の売電分:約72%(3,730kWh)

・平均光熱費収支:プラス6万6,000
 光熱費収支がプラスとなったのは38都府県。
 上位は
 ・1位:宮崎県13万4,594円)
 ・2位:香川県13万1,430円)
 ・3位:大分県10万9,738円)
 (※上記3県+三重県4県が10万円超)

・光熱費ゼロ住宅の割合:80%(前年調査では73%)
 ・太陽光発電の容量別の状況:
  ・〜3.5kW:60
  ・3.5〜4.5kW:75
  ・4.5〜5.5kW:89
  ・5.5〜6.5kW:92
  ・6.5kW〜:89
 ・地域別の状況:
  光熱費ゼロ率は九州・中四国エリアで高い。
  (県別集計では6県が100%)

等となっています。


前回調査よりも「光熱費ゼロ率」が7%も上がっていることに、ちょっと驚きました。(節電の取り組みも活発化した、ということなのか)

また個人的には、3.5kW未満の住宅でも6割が光熱費ゼロを達成しているのが意外に感じました。

光熱費ゼロ率が高いのは九州・中四国とのことなので、やはり日照が多い地域だと、設置容量がそれほど大きくなくても十分な発電量が得られる、ということなんでしょうか。
posted by 管理人 at 08:40 | Comment(0) | 戸建住宅