【現在位置】トップページ > 2012 年09 月

(スポンサード リンク)

2012年09月02日

東北電力における2012年7月の太陽光発電の買電新規契約は1,957件(前月比13%増)・9,700kW(同23%増)

下記URL先ページで、東北電力における2012年7月の太陽光発電の買電契約状況(家庭、企業)が紹介されていました。

(ニュース記事)
・東北電の太陽光買い取り、7月の契約数が震災後最多に(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB31046_R30C12A8L01000/

具体的には、

新規契約件数1,957件(前月比13%増)
出力ベース9,700kW(同23%増)

との数字が記載されています。


6月の契約件数・出力は2011年4月以降で最大とのことでしたが、7月はそれを更に一回り上回る数字となっていることに、東北地方での太陽光発電に対する関心の急速な高まりが伺えます。

また記事では、今後の住宅再建に伴う契約の伸びが予想されており、メガソーラーなど産業用設備の建設・設置も合わせて、買電契約がどれだけ増加していくことになるのか、引き続いて注目したいところです。


※関連記事:
東北電力の2012年6月末時点での太陽光発電の電力購入契約は、累計出力が約27万3,000kW(前年同月末比34%増)・累計契約数は約6万8,000件(同30%増)(2012/08/22)

トヨタホーム社が「復興応援太陽光パネルキャンペーン」で、震災被災地域での新築住宅を対象に、2kW分の太陽電池パネル設置費用を支援(2011/06/08)
岩手県による被災建物向けの太陽光発電導入補助制度が、2012年7月末現在で申請件数267件・交付申請額5,843万9,000円と利用好調(2012/08/22)

東北電力がメガソーラー事業の専門会社「東北ソーラーパワー」を設立予定、被災地域を中心に建設していく方針(2012/07/28)
posted by 管理人 at 01:06 | Comment(0) | 市場・業界の動向:国内

安川電機が、太陽光発電向けパワコンの生産能力(現在200台/月)を5倍に拡大する方針、行橋事業所を増強

下記URL先ページでは、「安川電機」社における太陽光発電関連事業の強化の方針・取り組みが紹介されています。

(ニュース記事)
・安川電機 太陽光関連事業で攻勢(読売新聞)
 http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20120901-OYS1T00281.htm

この中でパワーコンディショナーについて、

・販売状況:
 固定価格買取制度の開始以来、受注増加
 2012年度の販売額は、約30億円に達する見通し。(前年度は数億円)

生産能力の増強:
 福岡県・行橋事業所で、2012年10月にも生産能力(現在は200台/月)を5倍に拡大する予定。
 また、海外での需要拡大も視野に入れ、更なる増強も検討していく。

等の状況・数字が記述されています。


固定価格買取制度の影響があるとはいえ、従来の5倍という急激な生産能力増強、また販売額の大幅な伸び予想に驚かされますが、それだけ安川電機のパワコンが市場で高い評価を得ている、ということなんでしょうか。


※参考サイト:
・[1]生産拠点(安川電機)
 http://www.yaskawa.co.jp/company/outline05.html#out05_3


※関連記事:
安川電機が、高変換効率で設置の柔軟性も向上したパワーコンディショナー「PV1000」を製品化(2010/08/25)
安川電機が、中・大規模産業用太陽光発電向けのパワコン「Enewell-SOL」(容量100kW)を製品化(2011/11/25)
安川電機が2012年4月に、個人住宅向けのパワコン新製品「Enewell-SOL 4.5kW/5.8kW」を発売予定(2012/02/28)

北九州市で「太陽光発電普及促進協議会」が設立、地場企業による太陽光発電のビジネスモデル創出を目指す(2012/01/28)
posted by 管理人 at 00:59 | Comment(0) | パワーコンディショナー