【現在位置】トップページ > 2012 年09 月

(スポンサード リンク)

2012年09月19日

パナソニックのHIT太陽電池のPID耐性が、自社内と第三者機関の検証により実証

パナソニックが2012年9月19日に、

HIT太陽電池モジュールPID現象への高い耐性を持つことが、自社内第三者機関の検証結果で実証された。

と発表したとのこと。

(パナソニックのサイト内ページ)
・パナソニックHIT太陽電池の高いPID耐性を実証
 http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2012/09/jn120919-1/jn120919-1.html

上記URL先ページによると、行われた検証の概要は

社内外での検証:
 複数型番のHIT太陽電池モジュールに対して、複数の条件でのPID耐性試験を実施。
 その結果、特性の低下は全く観測されなかった

・第三者機関「ケミトックス」社での試験:
 ・温度:摂氏60
 ・相対湿度:85
 ・電圧:1,000V
 ・試験時間:96時間
 での試験を実施。(これまで公開されてきた第三者機関による試験条件では最も厳しい)
 この試験において、出力低下はみられなかった

というもの。

また発表では、HIT太陽電池のPID耐性について、

・市場での実績:
 ・欧州
 ・米国
 ・日本
 で、これまでPID現象の発生報告が全く無い

構造上の利点:
 HIT太陽電池は、セル両面の表面透明導電膜であり、通常の結晶シリコン系のような絶縁層(この帯電がPIDの直接原因と考えられている)を用いていない。
 このため構造上、PIDは発生し得ないと考えられる。

との実績・特徴も紹介されています。


市場での実績に複数の試験での検証と、PID現象の耐性について優れた結果が多数得られているというのは、これまでの他社製品についての発表では無かったケースですが、流石に割高ながらも高性能なHIT太陽電池の面目躍如、ということでしょうか。

製品価格の安さにどうしても目が行きがちな中で、今回のHIT太陽電池の性能アピールが、販売拡大にどれだけ寄与することになるのか、注目したいところです。


※関連記事:
Q-Cellsの多結晶型モジュール「Q.PRO」が、Fraunhofer CSPによる耐PID試験において、最大出力の保証性能を証明(2012/06/23)
京セラ製の産業用モジュールがフラウンホーファー研究機構により、PID現象での出力低下が起きない、と認可されたとのこと(2012/07/11)
シャープの太陽電池パネルが、フラウンホーファー研究機構の試験でPID現象が起きないことが確認(2012/07/21)
JinkoSolarの多結晶モジュールが、TUV-SUDによる華氏85度(セ氏約29.4度)/85%相対湿度の条件下でのテストで「アンチPID」の認証を取得(2012/08/22)
独FraunhoferのPIDテストで問題無しのメーカーは、京セラ・シャープ・Q-Cells・LG電産の4社とのこと(2012/09/04)
posted by 管理人 at 22:30 | Comment(0) | メーカー:パナソニック

米SunPoewr社が東芝への太陽電池パネルの供給契約を数年間延長、住宅向けで100MW超を供給する予定

SunPoewr社が2012年9月18日に、

太陽電池パネル事業における東芝との提携延長する。

との方針を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・米サンパワー、東芝との太陽光パネル事業の提携延長−「10万kW級」供給(朝日新聞)
 http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK201209190007.html

(SunPoewr社のサイト内ページ)
・SunPower Extends Long-Standing Partnership with Toshiba
 http://us.sunpowercorp.com/about/newsroom/press-releases/

上記URL先ページによると、今回の提携の概要は

・背景・経緯:
 東芝とSunPower社は2010年に太陽電池パネルの供給契約を結び、以来の供給量は70MWに到達。
 高い発電効率の訴求により、東芝は日本国内の住宅向けシェア7%弱を占めており、2015年度には15%以上の達成を目標としている。
 今回同社は、安定的なパネル供給を受ける目的で、SunPowerとの提携関係を延長した。
・新しい契約期間:今後数年間
・パネルの供給量:100MW以上
 SunPower社の東芝向け売上高は、当初の契約期間(2010年〜)の3倍以上になる見通し。

等となっています。


今回の発表において示されている契約供給量は、当初契約期間(70MW)の3倍には足りませんが、SunPower側の販売見通しからすると、今後の更なる規模の追加供給も今から想定されている、ということなんでしょうか。

SunPower社はパネルの発電能力だけでなく、25年間の複合保証(出力・製品寿命)の提供も開始しており、これが日本の住宅向け市場でのシェア拡大にどう影響することになるのか、という点にも注目したいところです。


※参考サイト:
・[1]住宅用太陽光発電(東芝)
 http://www.toshiba.co.jp/sis/h-solar/index_j3.htm


※関連記事:
東芝が太陽光発電システム事業に参入、太陽電池は米サンパワーから調達(2008/07/17)
東芝の太陽光発電事業参入はまだ検討段階?(2008/07/23)
東芝が2010年4月に住宅用太陽光発電市場に参入、パネルは米「サンパワー」製を採用(2010/02/20)
東芝が、住宅用太陽光発電システム事業への参入を発表(2010/03/02)
米「サンパワー」社と東芝は共に、変換効率が高い太陽電池パネルは日本の住宅事情に合致する、と期待(2010/03/16)
東芝が住宅用システム向けに、米サンパワーから太陽電池パネル48MW相当の供給を受ける方針(2011/03/10)

米SunPower社が、太陽電池パネルでの25年間の複合保証(出力・製品寿命の両方)を提供開始(2012/09/11)
posted by 管理人 at 22:28 | Comment(0) | メーカー:東芝

福井県の「おけら牧場」でDIY型の太陽光発電設備(11.4kW)が設置

下記URL先ページでは、福井県坂井市内の「おけら牧場」経営者の方が設置した、DIY型太陽光発電設備が紹介されています。

(ニュース記事)
・DIY型の太陽光発電、設置格安 坂井の牧場に設置、普及に意欲(福井新聞)
 http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/36982.html

記事によると、設備の概要は

・設置場所:約80m2の傾斜地
・発電容量:11.4kW
・部材:
 ・太陽電池パネル:
  ・1枚のサイズ:縦0.8m×横1.6m
  ・設置枚数:60
 ・その他:
  入手が容易な資材鉄パイプ等)を利用している。
・発電電力の用途:
 自宅での消費の他、余剰分の売電も考えている。
・その他:
 ・「山梨自然エネルギー発電」の社長の方が監修。
  設置・組み立ては、ボランティアを含む計約30人が、2日間をかけて行った。
 ・設備は、自由に見学可能とする予定。

等というもの。

また記事では、DIY型太陽光発電のメリットについて、「山梨自然エネルギー発電」の社長の方による

・設置コストの安さ:
 業者に依頼して設置する場合の1/3程度で済む。

・設計の自由度の高さ:
 ・「田んぼのあぜ道や耕作放棄地などさまざまな場所に設置でき、売電することで農家の副収入にもなる」

との解説・コメントも掲載されています。


システムの設計や設備(架台など)の設置技術が必要ではあるものの、それさえできれば設置コストを大幅に低減できるというのは、非常に大きな魅力です。
(今回の設備のkW単価がどの程度なのかが気になるところ)

ただ、発電設備の自由な見学ができるようにする予定とのことですが、記事の写真を見るとパネル設置場所の周囲に柵などは見当たらないので、茨城県水戸市内でのケースのように、パネルの盗難が起こらないかどうかがちょっと心配です。
(牧場の中のほうであれば大丈夫とは思いますが)


※参考サイト:
・[1]おけら牧場
 http://www.ptpxp.org/rurban/
・[2]山梨自然エネルギー発電
 http://www.yamanashigreenenergy.jp/
posted by 管理人 at 22:26 | Comment(0) | 独立電源(自作、DIY含む)

明電舎が太陽光発電用パワコンで、直流電圧750V・容量250kWの新機種「SP310-250T」を発売

明電舎が太陽光発電用パワコンで、直流電圧750Vの新機種を発売したとのこと。

(ニュース記事)
・明電舎、直流電圧750Vシステムに特化した太陽光発電用パワーコンディショナを販売開始(日本経済新聞)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=319488&lindID=4

(明電舎のサイト内ページ)
・ 直流電圧750Vに特化した太陽光発電用パワーコンディショナの販売を開始
 http://www.meidensha.co.jp/press/press-1348019120.html

上記URL先ページによると、

・開発の背景:
 国内でメガソーラー市場が活性化する中、明電舎ではパワコンについて、直流電圧を国内規定(電気設備技術基準)の低圧範囲最大値2750V)に引き上げることで、
 ・送電ロス率の低減
 ・システム全体のコスト削減(ケーブルや接地箱の数量減による、電気工事費用の低減など)
 といった総合的メリットが得られる点に着目。
 750Vシステムに特化した今回の機種を開発した。
 (※従来のシステム設計は600Vまでが主流)

・主な特徴:
 ・設置環境への適応性:
  容量を250kWとすることで、高圧連系システム等における
  ・土地の規模
  ・連系する電力系統
  等の設置環境に対して、適合する容量構成容易にアレンジできる。
 ・オプション
  ・非常用発電機連系機能
  ・耐塩害地区や寒冷地向けのパッケージ
  ・内陸地向け屋外キュービクル
  等、様々な環境・設置台数に対応できる屋外設置方式を用意している。

・主な仕様:
 ・型式:SP310-250T
 ・定格容量:250kW
 ・インバータ制御方式:自励式電圧型電流制御PMWインバータ
 ・運転方式:最大電力追従制御
 ・絶縁方式:商用周波絶縁トランス方式
 ・直流運転電圧範囲:400〜750V
 ・交流出力電圧:420/440V
 ・変換効率:96.5%(定格時)
  変圧器内蔵タイプでは業界最高クラスとのこと。
 ・サイズ:幅1,200mm×高さ1,950mm×奥行き1,000mm
 ・定格質量:1,900kg
 ・盤構造:屋内自立型
  (屋外設置はオプション)

・販売価格:
 同社従来機比で約2安くしている。

等となっています。


直流電圧750Vの機種は、今月初めに富士電機も発売予定を発表していましたが、大規模太陽光発電の事業計画が急増する中で、発電損失や設備コストの低減に対するニーズも増えている、ということでしょうか。

その点では、メガソーラー設置で先行している欧米のメーカーに技術・経験面でのアドバンテージがあるのでは、と想像しますが、国内外メーカー合わせて、今後の日本市場での動向(同タイプの機種のリリース)に注目していきたいところです。


※関連記事:
明電舎がパワーコンディショナーの新シリーズ「SPシリーズ」を販売開始(2010/02/19)
明電舎のパワーコンディショナー「SP100シリーズ」が、中国で日本メーカー初の「金太陽認証」を取得(2010/08/30)

富士電機が、メガソーラー用パワコン「PVIシリーズ」で500kWの機種「PVI750−3/500」を発売予定(2012/09/04)
posted by 管理人 at 22:24 | Comment(0) | パワーコンディショナー

インドのトリプラ州政府が、アガルタラ市で電力の10%を太陽光エネルギーで賄う計画

下記URL先ページでは、インドトリプラ州政府による、同州内での太陽エネルギー利用計画が紹介されています。

(ニュース記事)
・アガルタラ、北東部初の太陽光発電モデル都市へ(インドチャンネル)
 http://www.indochannel.jp/member-area/news/hindi/nws0001397.html

上記URL先ページによると、これは9月13日付の現地紙が報じたもので、主な内容は

・目標:
 トリプラ州政府は2012年9月12日に、
 ・州内のアガルタラ市において、電力の10を太陽光エネルギーで賄うことを目指す。
 との計画を発表した。
 (※インド政府は、
   ・国内60都市を太陽光活用のモデル都市として整備する。
   との計画を示しており、アガルタラ市での計画はその一環)

・方針・取り組み:
 ・太陽熱の利用:
  州内の
  ・ホテル
  ・福祉施設
  ・学生寮
  ・公務員住宅
  ・病院、医療センター
  ・観光客向けの宿泊施設
  ・寺院の宿坊
  ・政府関係者の官邸
  などの施設での温水供給全て、太陽熱により賄う。
 ・太陽光発電
  ・50kWの太陽光発電設備が完成済み。
  ・州内の
   ・街灯
   ・公共の道路灯
   の全ての電源を、太陽光発電にする。

・予算:
 アガルタラ市の計画では、45億2,320万ルピーが計上されている。(うち9割をインド政府が負担)

等というもの。

また記事では、

(州都市開発大臣のマニク・デイ氏)
・「太陽光発電は都市および農村のいずれにおいても持続可能性の高い発電手段である。
  我々ひとりひとりが非従来型エネルギーを受け入れる用意がない限り、電力危機を抜本的に解決する道は拓けないだろう」
・州内の50カ村・700部落では、既に太陽光エネルギー供給により3万5,000世帯が恩恵を受けている。
 これは今後も精力的に拡大していく見通し。

(関係当局)
・「(トリプラ州の計画では)バッテリーや太陽光パネルの盗難をどう防ぐかが重要な課題である」

とのコメントが紹介されています。


今回のトリプラ州は、これまで太陽光発電普及の取り組みが多く報じられてきたグジャラート州とは、東西で反対側の位置にある地域ですが、現在はインドの幅広い地域で、実際に太陽エネルギー利用の拡大が推進されている、ということでしょうか。

人口規模が巨大で経済成長中の新興国であるインドにおいて、太陽光発電が一般的な電力供給源として定着することになれば、世界的な省エネ・資源節約にも大きな効果をもたらすと思われるので、引き続いて政府・自治体の取り組みに注目していきたいところです。


※参考サイト:
・[1]トリプラ州(ウィキペディア)


※関連記事:
インド政府が、太陽電池市場・太陽光発電業界発展のための長期計画を推進する方針(2009/06/21)
インド政府が、「National Solar Mission」の国内投資案に対し、数十億米ドル規模の予算を認可(2009/08/26)
インドが「太陽エネルギー利用国家計画」において、電力会社に対し、太陽光発電施設からの買電を義務づける?(2009/11/20)
インドの無電化村で、太陽光発電の電力を使用するソーラーランタンの普及が推進中(2010/01/02)
インドの太陽エネルギー発電市場の現状を解説している「Reuters」の記事(2010/06/19)
インド初の太陽光・太陽熱発電所建設を入札した企業に、発電所事業と無関係な企業が含まれているとのこと(2010/12/29)
インド・グジャラート州で太陽光発電プロジェクト(計500MW)の現地説明会が実施、日本からは13社が参加(2011/01/17)
インドにおける太陽光発電の導入計画などを解説している「IT MONOIST」の記事(2011/09/13)
インド企業で、電力調達手段として太陽光発電の選択が増えている状況を紹介している「サンケイビズ」の記事(2012/02/01)
印グジャラート州での「Jyoti Gram(村々に光を)」構想で、全村への電力供給に太陽光発電が最も貢献したとのこと(2012/04/24)
NEDOがインドの「ニムラナ工業団地」で、太陽光発電+ディーゼル発電による電力供給の安定化などを目指す(2012/05/01)
印グジャラート州は、2022年までに10GW(政府計画の約半分)の太陽光発電導入を目指すとのこと(2012/05/10)
Tata Power社が、インド・マハラシュトラ州の村で太陽光発電による電力供給を開始、「Tata Power Community Development Trust」の一環(2012/06/08)
posted by 管理人 at 22:20 | Comment(0) | 市場・業界の動向:アジア