【現在位置】トップページ > 2013 年09 月

(スポンサード リンク)

2013年09月10日

中国のJinko、LDK、Yingliは、業績が上向きつつあるとのこと

この中で、業績が回復しつつあるメーカーとして、下記の3社が取り上げられています。

  • JinkoSolar
    2013年第2四半期は、(中国メーカーの)過去2年間で初の黒字となった。
  • LDK Solar
    2013年は黒字化が見込まれる。
    ウエハーの生産は、現在フル状態。(※年初は生産能力の30%)
     CEOのTong Xingxue氏は、労働者2,000〜3,000人の追加雇用を考えている。
  • Yingli Green Energy
    損失が減りつつある。

急激な生産能力拡大が、自らの首を絞める結果になったとも言える中国メーカーですが、あくまで一部の企業ではあるものの、ここに来て明確に業績改善の傾向が出ているというのは、かなり意外でした。

例えばJinkoSolarが、技術や製品・サービスの品質向上、付加価値の追求を方針として示されているように、中国の太陽電池メーカーもこれからは、製品価格が安い一方で品質が(日本メーカー製などと比べて)劣るというイメージをどれだけ払拭できるかに、生き残りの鍵がかかっているのかもしれません。

中国メーカーは巨大な生産能力を持つだけに、世界の太陽光発電産業の発展という点からも、実際に残る企業が果たして何処になるのか、非常に興味を引かれるところです。


※参照・参考サイト:
[1]Chinese Zombies Emerging After Years of Solar Subsidies(Bloomberg Businessweek)
http://www.businessweek.com/news/2013-09-08/chinese-zombies-emerging-after-years-of-solar-subsidies-energy

※関連記事:
posted by 管理人 at 02:18 | Comment(0) | 中国メーカー

三重高校が、太陽光発電の売電収益を用いる奨学金制度を設立予定

  • 三重県松阪市の「三重高校」が、屋上設置の太陽光発電システムを利用した奨学金制度を設立する方針。
と報じられていました。

まず、設備の概要は下記の通り。

  • 発電容量30.4kW
  • 太陽電池パネルの枚数160
  • 設置費用:約1,300万
    三重中学・高校同窓会が、設立50周年事業として設置した。
  • 売電収入:年間120万円程度の見込み。
    2013年9月11日に売電を開始する予定。

そしてこの施設の売電収入を奨学金に充てるとのことで、制度の概要は下記の通り。

  • 対象者
    原則として毎年、中学1年生から1人程度ずつを選ぶ。
  • 給付額:毎月1万5,000
  • 給付期間:高校卒業まで
  • 開始時期2014年度からの予定

中学〜高校の計6学年に1名づつだと、1万5,000円/月 × 12ヶ月 × 6人 = 108万円となり、売電収入が順調に得られれば、問題なく給付できる額ですが、太陽光発電の発電量は一定ではないだけに、毎年の天候と設備のしっかりした管理・メンテナンスが、制度の安定運営の鍵となると思われます。

初期費用の償却が考慮されていないのは、同窓会による寄付ならではの特殊な条件であり、また制度の維持はFITの適用期間(20年)内に限られるとは思いますが、「太陽光から得る奨学金」がユニークで魅力的な試みであることは間違いなく、他校でも同様の取り組みが広がれば面白いと思います。


※参照・参考サイト:
[1]三重高校に太陽光パネル設置 売電収入は奨学金に
http://www.asahi.com/area/mie/articles/NGY201309070024.html
posted by 管理人 at 02:17 | Comment(0) | 導入施設

2013年09月07日

パナソニックが全量買取対応の「ワイヤレスエネルギーモニタ」を受注開始、全量買取モードは発電・売電のみのシンプル表示

パナソニック2013年9月5日に、全量買取制度に対応した太陽光発電システム用「ワイヤレスエネルギーモニタ」の受注を開始したとのことです[1][2]。

製品の概要は下記の通り。

主な特徴

  • 「余剰買取」「全量買取」の2モードを搭載
    「余剰買取モード」では
    ・「つくる(太陽光発電)」
    ・「買う(買電力)」
    ・「使う(使用電力)」
    ・「貯める(蓄電池)」
    ・「売る(売電)」
    を表示。
    一方「全量買取モード」は
    ・「つくる(太陽光発電)」
    ・「売る(売電)」
    の2情報のみをシンプルに表示する。
    (モードの選択は、施工設定画面で行う)
  • 10〜20kWの太陽光発電システムに対応
    住宅の他に
    ・店舗併用住宅
    ・小規模アパート
    等の全量買取での利用を想定している。
  • 全量買取専用の電力検出ユニットを用意。

主な仕様

  • ワイヤレスエネルギーモニタ(7型)
    ・品番:VBPM370CK
    ・画面:7.0型のカラーTFT液晶
    ・外形サイズ:
     ・壁掛時:幅208mm×高さ125mm×奥行き28mm
     ・卓上置き時:幅208mm×高さ112.8mm×奥行き100mm
     (※アンテナ高さ除く)
    ・質量:
     ・本体:約460g(卓上ベース含む)
     ・専用ACアダプター:約170g
    ・使用環境:屋内用0〜40
    ・希望小売価格:9万1,350円(税込・工事費別)
  • ワイヤレスエネルギーモニタ用電力検出ユニット
    全量買取専用
     ・品番:VBPW371
     ・最大計測容量:20kW
     ・使用環境:-10〜+40度(凍結なきこと)、85%RH以下(結露なきこと)
     ・外形サイズ:幅150mm×高さ325mm×奥行き124mm(半埋込み時の露出部分は奥行94mm)
     ・質量:1,360g
     ・希望小売価格:3万6,750円(税込・工事費別)
    余剰買取方式
     ・品番:VBPW370
     ・希望小売価格:3万9,900円(税込・工事費別)

また販売目標は、年間3万セットとのことです。


系列会社のパナホームが今年4月に10kW以上を搭載できる住宅「カサート エコ・コルディス」を発売したこともあり、今回のモニター新機種の発表には、全量買取制度の適用が(産業用だけでなく)一般住宅でも少しづつ広がっている、ということが想像されます。(もっとも今回の製品の想定販売先は、一般住宅のみではありませんが)

2012年度の住宅用補助金の申請件数が約33万件だったことを考えると、年間3万セットという販売目標はかなり大きいと思われますが、全量買取対応の今回の機種が、太陽光発電用モニターの新たな需要を獲得することができるのか、興味を引かれるところです。


※参照・参考サイト:
[1]全量買取対応「ワイヤレスエネルギーモニタ(7型)」「エネルギーモニタ用電力検出ユニット」受注開始(パナソニック)
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/09/jn130905-1/jn130905-1.html

※関連記事:
posted by 管理人 at 02:14 | Comment(0) | メーカー:パナソニック

ネミーエネルギーソリューションズが遠隔管理システム「エネライン」を提供開始、全メーカーのパワコンに対応

管理システム「エネライン」の提供を開始したとのことです[1][2]。

製品の概要は下記の通り。

主な特徴

  • 多様なパワコンに対応
    100kW以下の全メーカーのパワーコンディショナーに対応できる。(最大でパワコン5台を接続可能)
  • 3G回線に対応(オプション):
    インターネット通信は有線・無線LANの他に、3G回線がオプションで利用可能。
    これにより、通信環境が整備されていないエリアでも設置・利用ができる。
  • 運用状態の監視が容易
    ネット通信ができる環境であれば何処でも、PC・スマートフォン・タブレット端末により、
    ・発電量・発電状態の監視、シミュレーションとの比較
    ・故障の通知(電子メール)
    ・ソフトウェアの自動アップデート
    を利用できる。
  • 新たな電力契約が不要:
    系統連系から「エネライン」の内部電源に電力を供給する。
  • 全量買取・余剰電力買取の両制度に対応可能。
  • 想定ユーザー:発電事業の事業主
  • 価格
    10〜50kW未満:税抜き59万8,000
    50〜500kW未満:同79万8,000
    (※通信回線費用は別)

全メーカーへのパワコン対応を謳っているのは、3G回線が利用できる点と合わせて、対応力の広さが大きな魅力であり、どのパワコンでも正確で安定した動作が可能なのであれば、今後の監視・管理システムの標準仕様になる可能性があるのでは、と考えます。

ただ3G回線を使う場合は、発電設備の長期間の運営において、月額の通信料金の蓄積が小さくない負担になると思われるので、その点は注意する必要がありそうです。


※参照・参考サイト:
[1]新商品 エネライン発売開始(ネミーエネルギーソリューションズ)
http://www.nemy-es.co.jp/archives/664
[2]太陽光発電事業のリスクを解決する 太陽光発電遠隔管理システム『エネライン』を発売(ゆかしメディア)
http://media.yucasee.jp/r/detail/216032

※関連記事:
posted by 管理人 at 02:11 | Comment(0) | 監視・メンテナンス

神奈川県が「かながわスマートエネルギー計画」の骨子案を発表、工場・倉庫屋根への太陽電池パネル設置は重さがハードル

神奈川県2013年9月5日に、「かながわスマートエネルギー計画」の骨子案を発表していました[1][2][3]。

この中で、太陽光発電導入量の目標(とこれまでの実績)は下記の通り。

  • 2010年度(実績):13万1,100kW
  • 2012年度(実績):35万6,300kW
  • 2014年度:125万kW
  • 2017年度:230万kW
  • 2020年度:365万kW
  • 2030年度:815万kW

またニュース記事では、太陽光発電の導入について、黒岩知事による

  • 「工場や倉庫等への導入などは遅れている」
  • 「誤算があった。
    太陽光パネルを工場の屋根に付ければ一気に加速すると高い目標を掲げたが、実際にやると『重い』といわれた」
  • 今後の普及は、軽量な薄膜太陽電池の生産体制が整備される2015年度以降の伸びが見込まれる。
とのコメント・見通しが紹介されています。


今回の骨子案では、太陽光発電以外に「分散型電源」(燃料電池、コージェネ等)の普及も取り入れられており、現知事の就任以降のわずか2年ちょっとで、有望で実用性のあるエネルギー技術が増えているのは、非常に喜ばしいことだと思います。

太陽光発電については、知事選の公約から導入目標が引き下げられてきたとはいえ、実際に普及に取り組むことで課題が判明・明確化してきた点で、神奈川県の取り組みに大きな意味があることには変わりない、と考えます。

得に今回は、企業施設(工場・倉庫など)の屋根への太陽電池パネル設置において、重量の面で抜き難い制約が存在していることが明言・明記されているのは、非常に興味深く、(単純に発電能力の高さの追求だけでなく)軽量で設置が容易なタイプのパネルの需要も、今後大きく拡大する可能性があるのかもしれません。


※参照・参考サイト:
[1]かながわスマートエネルギー計画の策定について〜太陽光発電で暮らすエネルギー自立住宅の実現に向けて〜(神奈川県)
http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p693500.html
[2]黒岩知事の看板「スマートエネルギー構想」見直し 「分散型電源」拡大、太陽光は下方修正(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130905/kng13090522340011-n1.htm
[3]県、太陽光の導入目標を再び下方修正/神奈川(カナロコ)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1309060003/

※関連記事:
posted by 管理人 at 02:07 | Comment(0) | 地方自治体の取り組み

2013年09月06日

宮崎県「水清谷小学校」跡地で太陽光発電所(360kW)の建設が開始、発電電力は美郷町が買い取り使用

廃校になった宮崎県美郷町の「水清谷小学校」で、跡地・校舎を利用する太陽光発電所の建設が着工したとのことです。

事業の概要は下記の通り。

  • 背景
    水清谷小学校は明治5年に開校し、139年の歴史を持つが、児童数の減少により2011年3月に閉校。
    今回は、跡地の有効活用を求める住民の意見を受けて、町がメガソーラーでの活用を計画した。
  • 事業者:東京の「巴企画」社
  • 敷地面積:5,800m2(校舎含む)
    事業者に貸し出す。
  • 発電容量360kW
  • 設備
    太陽電池パネルを、
    校庭
    校舎の屋上
    ・同ベランダ
    に設置する。
  • 発電電力
    九州電力以外の事業者を通じて町が買い取り、公共施設(役場など)で使用する。
    (買取価格は、九州電力の電気料金より1割安いとのこと)
  • 保守点検
    住民が組織する協力会が担当する。
    巴企画から協力金など(約55万円/年)を受け、
    ・敷地の草刈り
    ・パネルの清掃
    等を行う。
  • 事業費:約1億2,000万
  • スケジュール
    2013年9月4日:起工式を実施
    同年末:稼働開始の予定

産業用の太陽光発電施設というと個人的には、野立てか使用中の建物の屋根へのパネル設置しかイメージに無かったので、現在使われていない建物を(解体などせずに)そのまま生かしてパネルを設置する今回のケースは、かなりユニークだと感じました。

写真を見る限りでは、校舎自体はまだまだ立派なものであり、今後何らかの用途で活用する可能性を残すという意味では、合理的な事業だと考えます。(また、解体費用も必要無い)

また、発電電力を電力会社に売電するのではなく、地元で使用する計画である点もユニークです。

町の買取価格が電力会社の電気料金より安いというのが本当であれば、(あくまで特殊な制度であるFITに支えられている)売電による収益確保ではない、太陽光発電の社会的な利用方法や価値を示す先駆的な事例となることも、期待できるのではないでしょうか。


※参照・参考サイト:
[1]廃校活用の太陽光発電、メンテは住民 宮崎・美郷町 [宮崎県](西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/miyazaki/article/37564
[2]水清谷小学校
http://www.miyazaki-c.ed.jp/mizushidani-e/
posted by 管理人 at 01:32 | Comment(0) | 国内のメガソーラー

2013年09月05日

シャープが英国の薄膜太陽電池工場の生産を引上げ、欧州で継続的な需要

ニュース記事[1]で、シャープ英国工場薄膜太陽電池パネルを生産、年産能力400MW)の稼動状況が報じられていました。

この中で、「シャープ・エナジー・ソリューションズ・ヨーロッパ」の広報担当の方による、

  • シャープは年間を通じ、英工場の生産を引き上げた
  • 現在は欧州で、続的な需要がみられている。
との情報が紹介されています。


市場が縮小しているはずの欧州で需要が堅調、というのは非常に意外でしたが、中国製パネルのダンピング解決策(輸入量の制限など)が発効されたことが、要因にあるのかもしれません。

ただ、今回生産が引き上げられているのは結晶型ではなく薄膜型であり、需要先が異なると思われるので、欧州市場で(ダンピング措置の発効後に)需要と供給の両面で、どのような変化が起こっているのかが気になるところです。

(シャープは英国では他に、レクサムで結晶型の工場を構えているはずですが、そちらの稼動状況はどうなんだろうか?)


※参照・参考サイト:
[1]シャープの英太陽電池工場、ほぼフル稼働状態−日欧の需要で(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MSKIB86JTSEV01.html

※関連記事:
posted by 管理人 at 01:41 | Comment(0) | メーカー:シャープ

オプテックスがメガソーラー向けセキュリティシステムを提供開始、3年間で売上5億円を見込む

オプテックス」社が2013年8月9日に、

  • メガソーラー向けに、屋外セキュリティシステムの提供を開始した。
と発表していました。

商品の概要は下記の通り。

  • 背景
    2013年に入ってからは日本国内でも、複数のメガソーラー施設や資材置き場で、太陽電池パネルの盗難が起こっている。
    3月には、茨城県のメガソーラー建設現場で、パネル138枚の盗難が発生した。
  • 主な特徴
    ユーザーニーズへの対応力
     ・設置現場の規模・場所・用途
     ・セキュリティレベル
     ・導入コスト
     等、事業者のニーズに合わせてシステム内容を選択できる。
    設置環境に応じてセンサーを選択
     ・赤外線タイプ(直線(最大200m)の警戒ラインを引く)
     ・光ファイバータイプ(フェンスを越える人を感知)
     ・レーザータイプ(一定エリア内の動く人を感知)
     と、機能の異なる3種類のセンサーを用意。
     ・郊外の区画が変形している場所(山林、畑など)
     ・海辺などの塩害の恐れがある場所
     ・広大な敷地
     ・市街地
     等の状況に合わせて、最適なセンサーを選定できる。
    ニーズに合わせたセキュリティシステム
     防犯対策のレベルに応じて、
     ・モニタリングシステム(メールや画像転送による通報、PC・スマートフォンによる現場画像の閲覧)
     ・ローカル型警戒システム(侵入者を光・音で威嚇)
     ・駆けつけシステム(侵入者検知を警備会社へ通報)
     等を組み合わせて提供できる。
    導入コストを低減
     メガソーラー向けの電池駆動式ワイヤレスセンサを採用。
     ・配線工事の不要化
     ・長寿命(約8年)
     により、システムの導入コストを最大で60%削減する。
  • 販売目標3年間で累計5億

またニュース記事[2]では、オプテックス社による

  • 「今年に入り引き合いが増えている。
     盗難や破損を心配する管理者も多く、需要拡大が見込める」
とのコメントも紹介されています。


太陽光発電ではありませんが、私が見聞きしたり経験した事例では、事業者からの盗難は盗まれた側が一方的に損害を受ける(加害者が見つからない、また逮捕されたとしても賠償が無い)ことが殆どであり、メガソーラーについても、盗難を未然に防ぐことが最重要になるのでは、と考えます。

メガソーラーは敷地面積・設備の規模が大きいだけに、防犯システムの導入は初期コスト・運営コストの少なからぬ増加につながると思いますが、実際に国内で相応の規模のパネル盗難が発生している以上は、止むを得ないことだとも思われます。


※参照・参考サイト:
[1]トータルコスト最大60%削減 メガソーラー施設防犯対策用屋外セキュリティシステムを提供(オプテックス)
http://www.optex.co.jp/news/whatsnew_detail.cgi?ID=20130809074921
[2]太陽光パネルの盗難防げ オプテックス、防犯システム販売強化(京都日報)
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20130904000018

※関連記事:
posted by 管理人 at 01:39 | Comment(0) | 国内のメガソーラー

2013年09月04日

イー・コモンズ ジャパンが「ソーラーパーキングステーション16.5kWシステム」(500万円)を発売、駐車場と太陽光発電を両立可能

イー・コモンズ ジャパン」社が2013年8月28日に、駐車場向けのセット商品「ソーラーパーキングステーション16.5kWシステム」を発売したとのことです[1][2]。

商品の概要は下記の通り。

  • 特徴
    太陽電池パネルの下に自動車の駐車スペースを確保でき、
    太陽光発電
    駐車場
    両立が可能。
  • 想定顧客
    ・駐車場を経営している事業者
    ・空き地・遊休地の有効活用を検討している人
  • 発電容量16.5kW
  • セット内容
    太陽電池モジュール
     ・種類:多結晶型
     ・メーカー、機種:Hanwha「SF220-30-1p240L」(出力250W)
     ・枚数:80
    パワーコンディショナー
     ・メーカー、機種:オムロンの屋外用「KP55M-J4」
     ・台数:3
    PVケーブル、必要電材
    交流集電盤1
    専用アルミ架台一式
  • 希望小売価格500万円(税別)

駐車場向けの設備であるだけに、例えば

  • 屋根(太陽電池パネル)の設置向き(発電だけではなく、自動車の出入りも考慮して決める必要がある)
  • 周囲への反射光の配慮(設置場所が必然的に車道に近い場所になる)
といった点で、意外に設置における制限は(通常の野立て設備等と比べて)多いのでは、と考えます。

とはいえ1つの土地で、発電事業・駐車場事業と2つの収益源確保が期待でき、判りやすい一式セットの商品であることと合わせて、やはり大きな魅力を持っていることは間違い無いとも思われます。

野立ての50kW未満のキットは(イー・コモンズ社を含めて)複数の企業から既に市販されており、例えばLooop社の「MY発電所キット」は好評を得ている[3]とのことですが、今回の「ソーラーパーキングステーション」も、小規模発電施設の新しい需要を開拓することになれば非常に面白いと思います。


※参照・参考サイト:
[1]イー・コモンズ ジャパン、ソーラーシェアリング、駐車場一体型太陽光発電16kWシステムを発売(日刊工業新聞)
http://www.nikkan.co.jp/newrls/rls20130903o-08.html
[2]ソーラーパーキングステーションkit(イー・コモンズ ジャパン)
http://ecs-j.com/category2/solarpakingstationkit.html
[3]地面設置に適した小規模な太陽光発電システム、Looopの「MY発電所キット」とは(スマートジャパン)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1305/27/news006.html

※関連記事: