【現在位置】トップページ > 2013 年09 月

(このページ内の記事一覧)
(スポンサード リンク)

2013年09月15日

Suntech Powerの取締役3名が辞任、CEO・CFOも交代

Suntech Power社が2013年8月〜9月初めにかけて、役員人事の大幅な変動を発表していました[1][2][3]。

まず2013年8月21日には、取締役9名のうち3名が辞任

辞任した取締役たちは、自分達の責任を果たすために必要な情報が供給されなかったとしており、現状の問題点として

  • キャッシュフローの厳しい赤字、新たな資本確保の見通し不明瞭
  • 転換社債保有者との合意の再編完了が、困難な見通し
  • 明確な事業計画の欠如
  • 内部統制の潜在的な浸食
  • 従業員の能力(効果的な機能に必要)の減損
等の状況を指摘。

この辞任について、残った取締役のうち3名は、経営陣と(辞任した)取締役たちの間で意思疎通の不足があった、との見方を示したとのことです。

そして8月31日には、David King氏(取締役の1人)がCEO・CFOの地位から降りる、と発表。

後任の暫定CEO・暫定CFOには、社長の周偉平(Weiping Zhou)氏(同じく取締役の1人)が就くとのことで、[2]では氏による

  • 私は、自分による会社の先導、また(全ての株式保有者とともに)今後の数ヶ月間での事業再編計画の実施が可能、と確信している。
等のコメントが紹介されています。


Suntech社については昨年来、役員人事の大幅な変動が続いていますが、いまだこのような不安定な状況が続いているのは、赤字を減らしつつあるYingli等との差の原因、という気がします。

辞任した取締役の1人のSusan Wang氏は、今年春に施正栄の後継として会長に就任していたはずですが、企業の経営陣・首脳陣の間で情報の共有が十分できていないというのは、組織として何か根本的な問題が存在しているようにも思われます。

Suntechはかつて生産能力で(Yingliと同じく)世界トップクラスの位置にあっただけに、個人的には、何とか現状を立て直して(アフターサービスも含めて)事業を安定的に継続してほしい、と考えます。


※参照・参考サイト:
[1]Suntech Announces Director Resignations and Election of New Chairman(Suntech Power社)
http://ir.suntech-power.com/phoenix.zhtml?c=192654&p=irol-newsArticle&ID=1850167&highlight=
[2]Suntech Announces Management Change, Appoints New CEO(同上)
http://ir.suntech-power.com/phoenix.zhtml?c=192654&p=irol-newsArticle&ID=1854686&highlight=
[3]中国の太陽電池大手サンテック、CEOが辞任(WSJ)
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324255404579073890806465598.html

※関連記事: