【現在位置】トップページ > 2016 年07 月

(スポンサード リンク)

2016年07月25日

ソーラーフロンティア社がボリビア「ウユニ塩湖」の環境保護運動に太陽電池パネル40枚を提供、油化装置の電源向け

ソーラーフロンティア社が2016年7月21日に、

  • 南米ボリビアで「ウユニ塩湖」の環境問題に取り組んでいる環境保全団体「Projecto YOSI」に、太陽電池パネル40提供した。
と発表していました[1]。

今回は、その背景を抜き出してまとめてみました。


  • ゴミ問題の深刻化
    ウユニ塩湖は「天空の鏡」として知られる観光名所だが、ゴミが増えているにも関わらずゴミ処理施設が無いため、
    • 住民・家畜への健康被害の発生
    • 塩湖で採取される塩の質の悪化
    等の問題が起こっており、将来的に塩湖の絶景が見られなくなることが懸念されている。
  • 独立稼動の「油化装置」を導入
    「Projecto YOSI」は、ある日本人ツアーガイドの方が中心となり立ち上がった環境保全プロジェクトであり、プラスチックゴミを石油に変える「小型油化装置」を用いた啓発活動を行っている。
    同プロジェクトでは、まず現地主導によるリサイクル循環の構築を目指しており、太陽光発電で稼動する油化装置を導入した。
    それに用いる太陽電池パネルについては、
    • 特に環境特性が優れており、過酷な環境でも安定発電が実証済み
    との理由で、ソーラーフロンティア社の製品が選ばれた。

ちょっと検索したところ、このプロジェクトで現在導入されている油化装置は、日本のブレスト社[3]の小型機種「Be-h」と見受けられます。


(アカウント「yoshihito homma」さんの動画)

この製品は1時間に約1kWhの電力消費で、1kgのプラスチックごみを約3時間で油化できるとのことであり、日照さえ十分であれば、一定規模の太陽電池パネルの発電電力で十分に独立稼動できる、ということだと思われます。

上記動画で本間賢人氏が言及されている処理能力の大きい装置(ごみ1tを処理可能)が、太陽光発電からの電力だけで稼動できるかどうかは不明ですが、もしそれが可能であるなら、独立稼動の装置でプラスチックを石油に変えられるというある意味「夢の技術」であり、新興国での活用だけでなく、日本国内でももっと目を向ける必要があると考えます。


※参照資料:
[1]世界の絶景「ウユニ塩湖」を守るためソーラーフロンティアのソーラーパネルを提供(ソーラーフロンティア社)
http://www.solar-frontier.com/jpn/news/2016/C057775.html
[2]ウユニ(ウィキペディア)
[3]製品情報(ブレスト社)
http://www.blest.co.jp/service.html

シャープと重光商事がモンゴルでのメガソーラー事業(10MW)に参画、現地の自然環境に対応

シャープ重光商事(本社・石川県)の2社が2016年7月19日に、

  • モンゴル国におけるメガソーラー事業10MW)に参画する。
と発表していました[1][2]。

事業の概要は次の通り。


  • 建設場所:ダルハン市
  • 敷地面積:約29万1000m2
  • モジュール容量10MW
  • 年間予測発電量:約1万4182MWh/年
    25年に渡り売電する。
  • 事業者と担当:下記の3社。
    • シャープ:設計、エンジニアリング、機器・設備の供給
      現地の自然環境(冬期の寒さや積雪など)を考慮し対応する。
    • 重光商事:日本での経験・ノウハウを生かし、発電所の共同経営に携わる。
    • モンゴルの「Solar Power International LLC」
  • スケジュール
    • 2016年7月下旬:着工
    • 同年12月:商業運転を開始予定

モンゴルにおいては遊牧民の移動式住居「ゲル」への太陽光発電普及が進んでいるので、今回のプロジェクトが同国「初のメガソーラー」というのはちょっと意外でした。

今回の建設場所となるダルハン市はモンゴル第2の都市[3]とのことで、定置式の大規模発電設備の設置はまだ本格化していないようですが、太陽光発電の普及において可搬式の小型設備が(生活に密着した実用的なものとして)先行していることは、国・地域によるPV導入・普及の道筋の多様性が伺えて、興味深いです。

また、参画する1社の重光商事は、積雪地域である石川県内で太陽光発電所を複数保有・運営されており[4]、それが今回の事業に携わる主な理由になったものと推測しますが、その実績をモンゴルでどのぐらい生かせるのか(=モンゴルと北陸で、自然環境にどの程度共通性があるのか)、というのも強く興味を引かれるところです。


※参照資料:
[1]モンゴル国初の太陽光発電所(メガソーラー)事業に参画(シャープ社)
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/160719-a.html
[2]モンゴル初のメガソーラー発電事業への参画について(重光商事)
http://www.shigemitsu-shoji.co.jp/sub_images/20160715.pdf
[3]ダルハン市(ウィキペディア)
[4]重光商事サイト内の太陽光発電所紹介ページ
http://www.shigemitsu-shoji.co.jp/PV/TOP.html

※関連記事:

posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 海外のメガソーラー

2016年07月18日

日本環境テクノ社が太陽光発電施設でエミューを飼育、雑草除去だけでなく畜産も狙う

2016年7月14日付の佐賀新聞ウェブサイトの記事[1]で、

  • 県内企業の「日本環境テクノ」が、自社の太陽光発電施設で大型鳥「エミュー」を飼育している。
と報じられていました[1]。

取組みの概要は次の通り。


  • 背景・経緯
    同社社長の方が、訪問した大分県の太陽光発電施設で、エミューが敷地内で飼育されている様子を見学した。
    その後2016年5月に、北海道のエミュー牧場からエミュー5羽を購入して、自社発電所での飼育を開始した。
  • 飼育による効果
    エミューが雑草を食べることで、雑草除去の手間が省けている。
    また、害獣避けにもなっている。
  • 今後の方針
    今後1年以内に飼育頭数を50羽まで増やし、食肉・卵や、羽を使ったグッズ等の販売を計画している。

該当発電所の詳細は記載されていませんが、日本環境テクノ社のサイト[2]の情報から、パナソニック製パネルを用いた計約168kWの「神埼発電所」と思われます。

今回の取組みについて、通常イメージしやすい4つ足の草食動物(ヤギ等)ではなく、大型の鳥ということにかなり驚きましたが、既に大分県内では、2013年からエミューを飼育している発電所がある[2]とのことでした。(これが見学された太陽光発電所でしょうか?)

このエミューは飼育しやすい動物[3]とのことなので、太陽光発電所との相性(設備を傷めない等)も、意外に良いのかもしれません。

そしてそれと関係すると思われますが、もう一つ今回は、単に雑草除去だけに留まらず、同時に畜産が志向されていることにも強く驚きました。

国内で太陽光発電の事業環境が厳しさを増す中で、今回の取組みが、ソーラーシェアリングの新しいかたちを産み出すことを、強く期待したいと思います。


※参照資料:
[1]太陽光発電所にエミュー 日本環境テクノ(佐賀新聞)
http://www.saga-s.co.jp/column/economy/22901/333600
[2]自社発電所(日本環境テクノ)
http://jetc2000.com/hatsuden
[3]メガソーラーを救う草食動物たち 雑草モグモグ…発電量維持と経費削減に貢献(サンケイビズ)
http://www.sankeibiz.jp/gallery/news/131020/gll1310200701002-n4.htm
[4]エミュー(ウィキペディア)
[5]箘床で育つエミュー&ソーラーシェアリング(日本環境テクノ)
http://jetc2000.com/news/2459.html

posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 農業

香川県が「ため池を活用した太陽光発電施設実証実験」の結果を公表、フロート3種に個性あり

香川県2016年7月8日に、県内で行ってきた「ため池を活用した太陽光発電施設実証実験」の結果を発表していました[1]。

まず、実験の概要は次の通り。


  • 実験開始日2014年11月20日
    (※今回の結果は、2015年11月末までの約1年間のもの)
  • 実施場所:善通寺市の「吉原大池」
  • 発電設備(フロートの種類別)
    ※太陽電池パネルの出力は、いずれも6.12kW(パネル24枚)。
    樹脂製中空
    (仏シエル・テール社製)
    発泡スチロール製発泡スチロール充填の塩ビパイプ
    面積約129m2
    (16.6m×7.8m)
    約78m2
    (16.6m×5.0m)
    約56m2
    (9.2m×6.1m)
    係留方法地中アンカー(池の底)にワイヤーロープで係留碇(コンクリブロック)に繊維ロープで係留左に同じ
    太陽電池パネルの角度12度左に同じ5度・12度・30度
    (各々2.04kW)
    パワコンの出力5.9kW左に同じ各角度とも1.96kW
    事業費用約450万円約410万円約440万〜540万円
    (角度が大きくなるほど高い)

そして実験結果の中から、興味深いと思ったものを抜き出してみました。


  • 設備全体の発電電力量:試算値より4.8%多い。
    ※期間中の全天日射量は、年平均(1981〜2010年の30年間での数値)の98.3%だった。
  • 発電電力量の差:
    • パネル角度による違い:
      設置角度試算値に対する
      パーセンテージ
      5度を1とした比率
      5度89.8%1.0
      12度103.2%1.19
      30度109.0%1.30
      ※ただし30度の場合は、影の発生を考慮して、パネル間の距離を広くとる必要がある。
    • フロートの種類による違い:
      樹脂製中空を1とする。
      フロートの種類比率
      樹脂製中空1.0
      発泡スチロール製1.0
      発泡スチロール充填パイプ1.03
  • フロートの上下移動量
    風速0.5m/s〜11.4m/sでの数値。
    フロートの種類上下動の大きさ
    樹脂製中空2〜18mm
    発泡スチロール製2〜8mm
    発泡スチロール充填パイプ2〜15mm
    ※瞬間最大風速は25.9m/s(7月17日の台風11号時)だったが、これによる異常は確認されていない。
  • 水上と地上の気温差: 水上のほうが、全期間ではセ氏0.81度、夏季(5〜8月)では1.22度低かった。
  • トラブルの発生
    フロートの種類トラブル
    樹脂製中空パネルとフロート接続レールの間に、ズレが発生(波の影響)
    発泡スチロール製・フロート連結ユニットのボルトが欠落・損傷し、ユニットが分断(連結ボルトの施工ミス)
    ・フロート位置表示のブイ係留ロープが切断
    ・フロート固定ボルトの緩みや外れ、ボードのひび割れ
    発泡スチロール充填パイプ設置角度5度で、鳥のフンが付着
    (ただし、その後の降雨で改善)

実施場所である吉原大池は、300年以上前に築かれた[3][4]とのことで、そのような歴史ある溜め池を有効利用できるのは、水上太陽光発電の大きな利点という気がします。

そして今回の発表結果からは、同じ発電容量でもフロートの種類により、必要な面積や事業費用などに結構な差が見受けられ、ひとくちに「水上太陽光発電」と言っても、用いる設備によって小さくない違いが生じることが伺えます。

発泡スチロール製フロートは、経済性(設置コストと発電電力量を考慮)では最も優れていますが、その一方で、1年間の運用だけで、(軽微とはいえ)各種の破損が生じているのは気になるところです。

フロートに用いられている発泡スチロールは、分厚い板状のものと見受けられますが、(幅が小さいとはいえ)波による上下動を絶えず受けることに加えて、上に設置しているパネル架台が金属製であれば、夏場の温度変化による変形(膨張・収縮)も、フロートに影響するものと推測します。

また、フロートの種類による発電電力量の違いでは、発泡スチロール充填パイプだけが3%ほど高くなっていますが、これは(資料の写真を見る限り)パネル真下に水面が露出していることから、それによる冷却効果が得られているのでは・・・と想像します。

やはり、ため池と言っても水上であることから、各種の条件は(地上設置よりも)複雑になり、事業化においてはそれら条件の(トレードオフ的な)関係をよく考慮することが必要、ということかもしれません。


※参照資料:
[1]ため池を活用した太陽光発電施設実証実験結果をお知らせします(香川県)
http://www.pref.kagawa.lg.jp/content/dir6/dir6_3/dir6_3_8/wh77t3160705112953.shtml
[2]ため池で太陽光発電、全国一の密度を誇る香川県が実証実験へ(スマートジャパン)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1407/09/news020.html
[3]吉原大池(香川県)
http://www.pref.kagawa.lg.jp/tochikai/midori/monogatari/pdf/30.pdf
[4]大池改修記念碑(ウェブサイト「香川県善通寺市吉原町」さん内)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/9180/yosihara/hkatay60.htm

posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 市場・業界の動向:国内

2016年07月11日

中国Hanergy社がGaAs太陽電池搭載の自動車「Hanergy Solar」を発表、状況によりPV電力のみでの走行が可能と主張

中国の薄膜太陽電池メーカー「Hanergy Holding Group」が2016年7月2日に、搭載した太陽電池パネルの電力で実用的な距離の走行が可能、という自動車を発表していました[1]。

概要は次の通り。


  • 車の種類
    ユーザー属性に応じた4車種「Hanergy Solar R」・同「O」・同「L」・同「A」を発表した。
  • 太陽電池
    • 種類:
      自社開発のフレキシブル・軽量な「GaAs dual-junction」薄膜セルを採用。
      変換効率は31.6%。
    • 搭載面積:3.5〜7.5m2
    • 発電能力:5〜6時間の日照で、8〜10kWhを発電できる。
      (走行距離では80kmに相当)
  • 充電池:リチウムバッテリー
    満充電では350kmを走行可能。
  • 太陽光発電による走行能力
    • routine-day use」モードの場合:
      外部の充電ポストによる蓄電池の充電は必要ない。
    • 日照が弱い場合や、長距離走行の場合:充電ポストによる充電で補う。
  • その他の機能
    • ユーザーはモバイル端末のアプリによって、天候に応じた充電モードを選択できる。
    • 太陽電池のメンテナンス用として、超音波洗浄技術を備えている。

また、YouTubeには関連動画が幾つか投稿されており、実車の画像・映像を見ることができます。



(アカウント「anand S」さんの動画)

この動画は静止画のみですが、特異なボディ形状の「Hanergy Solar L」がメイン。



(アカウント「CCTV Русский」さんの動画)

これはロシアのニュース番組での報道と思われますが、太陽電池の製造工程の映像もチラッとあります。



(アカウント「Ablium Sheepmob」さんの動画)

こちらは10分超と長い動画ですが、CGによるデモ映像や、公開イベント(7月2日、北京)で会場内をゆっくり走行している様子が収録されています。


まず個人的にHanergy社については、CIGS型の専門メーカーというイメージを持っていたので、今回の採用セルでの30%超という変換効率には驚きました。

ただし今回はGaAs型[3]ということで、全く別の技術により、高い変換効率(=限られた面積での高い発電性能)を追求したものと思われます。

また上記の各動画を見ると、車両前側のボンネットを含めて、車体上面の設置できるところには可能な限り太陽電池を載せている、という印象です。

奇しくも先月には、「ソーラー充電システム」を搭載したトヨタの新型プリウスが発表されていましたが、今回のHanergy社の車両では、ルーフのみのプリウスよりも太陽電池の搭載場所が格段に広く、太陽光発電による給電能力のアップ・電力の自給にこだわったことが、強く感じられます。

ただ、様々な面で強力なインパクトのある自動車ではありますが、その走行性能(PV電力による航続距離)については、(企業の所在地や製品の分野は全く違うものの)ノートPC「SOL」に騙された私としては、この手の威勢のいい話を額面どおりに受け取ることはできません。

今回のHanergy社の車両が広く認められるには、海外で多数の第三者による検証が必須になると思いますが、果たしてそれが実現するかどうか、今のところは頭の片隅に小さな期待だけを持っておくことにします。


※参照資料:
[1]Hanergy launches full solar power vehicles that can be commercialized(Hanergy Holding Group)
http://www.hanergy.com/en/content/details_37_3602.html
[2]「太陽光だけで走行可能」、中国Hanergy社がソーラーカー発表(日経テクノロジーonline)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/070502910/?rt=nocnt
[3]化合物系(ウィキペディア「太陽電池」内)

※関連記事:

posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 自動車

2016年07月04日

シャープが「ソーラー充電スタンド<LN-CA2A>」の発売予定を発表、太陽電池+蓄電池で独立稼動

シャープ社が2016年6月27日に、スマートフォン等の充電が行える独立型設備ソーラー充電スタンド<LN-CA2A>」を発表していました[1]。

概要は次の通り。


  • 特徴
    • 商用電源が不要
      太陽光発電による電力を蓄電池に充電し、
      モバイル機器の充電
      LED照明(夜間用)の点灯
      に用いる。
      これにより、
      日照量が少ない日
      夜間
      の利用も可能になっている。
    • 高効率な太陽電池パネル「BLACKSOLAR」を採用。
  • 想定する設置場所
    • 観光地(観光客の利便性アップ、環境への取組みのシンボル等)
    • 商業施設・商店街(買い物中の充電が可能)
    • 地域の防災拠点(停電時の充電ニーズに対応)
    (※東京都「シティチャージ」事業において、2015年10月に都内3ヶ所(東京タワー等)に先行設置されている。)
  • 設置できない場所
    • 建物の屋上
    • 山稜
    • 橋梁
    • 沿岸部および塩害が発生する地域
    等への設置は不可。
  • 太陽電池パネル:「BLACKSOLAR」2枚
    公称最大出力184W以上。
  • 充電機能
    • 搭載端子
      ・Android端末
      ・iPhone
      ・フィーチャーフォン
      など。
    • 充電口数4口(同時使用が可能)
    • 充電できる台数:60台分(蓄電池の満充電状態から、1台あたり15分とする)
  • 全高:約4m(※ベースプレートの埋込深さで変動。設置には基礎工事が必要)
  • 耐風速60m/秒
  • 動作温度-15〜+40
    ※蓄電池充電時に周囲温度が0度を下回った場合、携帯充電機能と照明が動作しないことがある
  • 希望小売価格:税別250万
  • 発売日2016年8月25日の予定
    受注生産

元々はシャープが東京都の事業で選定され設置している設備でしたが、今回は正式な製品化の発表であり、都の事業で相応の手応え(評価、利用率など)を得たものと想像されます。

商用電源が要らない点は非常に大きな魅力ですが、その一方で、設置できる場所・条件が意外に限られているのは、ちょっと気になります。

例えば、都市部で日当たりが良いはずの建物屋上、また商用電源に乏しそうな山の山頂付近や、人が多く集まる海水浴場に設置できないのは、大きな制限だと考えます。

また、動作温度はいちおうマイナス15度からとなっていますが、太陽光発電による蓄電池充電時に0度を下回る環境で、動作しない可能性があるとなれば、国内の寒冷な地域・積雪のある地域にも向かないのではないでしょうか。

加えて希望小売価格も高額ですが、発売後の実際のニーズや反響次第で、これらの課題には今後対応していくのかもしれません。

ともかく、日本国内で太陽光発電(+蓄電池)の新たな用途を開拓する製品であることは確かだと思うので、その最初の一歩として、広く設置が進むことを期待したいです。


※参照資料:
[1]ソーラー充電スタンド<LN-CA2A>を発売(シャープ)
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/160627-a.html

※関連記事: