【現在位置】トップページ > 2018 年02 月

(スポンサード リンク)

2018年02月26日

TDK社がアモルファス太陽電池の変換効率を、2018年中に従来比1.3倍(約10%)まで高める予定

3週間前になりますが、ニュース記事[1]で

  • TDK社が、自社製アモルファス太陽電池の変換効率を、従来比1.3に高める予定
であることが報じられていました[1]。

その中から、新開発する太陽電池に関する主な情報をまとめてみました。


太陽電池の種類 フィルム基板の、非晶質(アモルファス)シリコン太陽電池
特徴
  • 変換効率を向上
    光学設計や材料の改良により、電力吸収の性能を高め、変換効率(現在7%)を10%程度までアップする。
    実験では46mm×30mmの太陽電池で、従来比1.3倍の変換効率を実現している。
  • 薄型・フレキシブル
    太陽電池の厚さは0.2mm以下
    またフレキシブルのため、湾曲部にも取付でき、形状の加工も可能。
製品化の時期 2018年内の予定
生産拠点 山梨県の甲府工場

ただし現時点(2018/2/25)で、TDK社のウェブサイトに、この件に関する発表・情報は掲載されていませんでした。



個人的なことですが、てっきり数万円はするものと思い込んでいたソーラー電波腕時計が、数年前にホームセンターで2000〜3000円程度の製品が普通に販売されているのを見て、驚いたものです。

[1]のタイトル等では、腕時計向け太陽電池における、TDK社の国内シェアの高さに言及されていますが、ソーラー電波時計の低価格化には、TDK社の太陽電池も一役買っているものと想像します。


その変換効率を、今年(2018年)中に一気に1.3倍に高めるとのことで、予定通りに実現されれば、実に急進的・革新的な性能の向上だと思います。

その新しいアモルファス太陽電池が、腕時計などの従来からある身近な電子機器に、どのような変化を及ぼすのか。

また、IoT機器・ウェアラブル機器といった新しい分野に、どのような製品の登場を可能にするのか、楽しみにしたいと思います。


※参照・参考資料:
[1]実は腕時計向け太陽電池が国内シェア6割、意外な実力企業の次世代技術(ニュースイッチ、2018/2/5)
https://newswitch.jp/p/11934
[2]太陽電池(TDK社)
https://product.tdk.com/info/ja/products/solar-cell/index.html

※関連記事:

posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 市場・業界の動向:国内