【現在位置】トップページ > ガラス(カバーガラス・基盤用ガラス等) > 当記事

(スポンサード リンク)

2014年06月28日

旭硝子がベルギーでのカバーガラス生産停止を決定、事業の採算悪化が続く

旭硝子2014年6月27日に、

  • ベルギー子会社「AGC Glass Europe」における、太陽電池パネル用カバーガラス生産停止を決定した。
と発表していました[1]。

概要は下記の通り。

背景

  • 太陽電池用カバーガラス市場では、製品の供給過剰・価格低下が継続。
    これにより事業の採算が悪化しており、ベルギー工場の稼働による営業損失の発生は避けられないことから、生産体制の見直しに至った。

今後の予定

  • 閉鎖費用:約47億円の見込み
  • 雇用
    従業員(190人)は半数を解雇し、残りは別工場に配置転換する。
    (労働組合への説明・協議(2月10日から継続)は完了済み)

AGC Glass Europeは昨年9月に独Heliatekと建材一体型太陽電池の共同開発で提携していましたが、今回の生産停止により、成果を出さないうちの解消になるとみられるのは残念です。

旭硝子は2年前に米テネシー州のカバーガラス工場の生産を停止、また昨年秋には中国拠点での生産停止予定を発表していましたが、採算悪化はその後も改善できなかったとみられ、パネル需要が世界的には拡大する一方、市場競争は厳しさを増していることが伺えます。

ただ、同社は高強度・薄型の特殊ガラス「Leoflex」や、同ガラス採用の軽量太陽電池パネル「ライトジュール」を発表・発売しており、今後は付加価値や特殊性が高い製品に注力していくものと予想します。

また欧州からの生産撤退としては、つい先日にシャープのイタリアでの合弁事業撤退が報じられており、今回の旭硝子の拠点でも従業員の半分が解雇されるとのことで、これらの動きが欧州の太陽光発電産業にどの程度マイナス影響を及ぼすのか、というのは懸念されるところです。


※参照・参考サイト:
[1]欧州子会社工場の閉鎖に関するお知らせ(旭硝子)
https://www.agc.com/news/2014/0627.pdf
[2]旭硝子、欧州の太陽電池部品工場を閉鎖=供給過剰で採算悪化(時事ドットコム)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014062700515

※関連記事:

(スポンサード リンク)


この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。