【現在位置】トップページ > 導入施設 > 当記事

(スポンサード リンク)

2014年07月23日

加Solar Power Network社が、コメリの店舗屋根を借りての太陽光発電事業(計12MW)を計画

カナダの「Solar Power NetworkSPW)」社が2014年7月18日に、

  • 日本のホームセンター「コメリ」の店舗の屋根借り、太陽光発電事業を行う。
との計画を発表していました[1]。

事業の概要は下記の通り。

  • 対象店舗数:14
  • 発電容量:計12MW
  • 発電電力の用途:
    FITにより全量を売電する。
    また災害時には、一部を非常用電源として使用する。
  • 完成時期:2015年末までに全施設が完成する予定。
  • その他:
    降雪地帯の設備には「積雪モニタリング設備」を備える。

カナダ企業というと一向に発送されないノートPC「SOL」の件があるので、個人的には正直イメージダウン気味ですが、それはさておき。

SPN社の施工方式[2]では、太陽電池パネルを低角度で設置することで屋根への穴開けを不要にし、また屋根への静荷重も低く抑えているとのことで、「屋根借り」向けとして相当に洗練・効率化されていることが伺えます。

設置角度が水平に近いことにより、強風に対する安全性はかなり保たれると思わる一方、積雪地域の場合には、日光の入射角度、また積雪が自然落下しない点(今回の事業ではSPNが雪下ろしを担う[3])で不利ですが、その点はカナダの企業ということで織り込み済みと推測します。

コメリ社は既に、複数の店舗・流通拠点の屋上に太陽光発電設備を設置している[4]ので、初期費用や稼動後の発電実績、冬場の維持管理などについて、既存設備とSPN社の設備で比較がなされたら面白いと思います。


※参照・参考サイト:
[1]SPNがコメリの14店舗の屋上に太陽光発電所を展開(Solar Power Network社)
http://solarpowernetwork.co.jp/2014/blog/spn%E3%81%8C%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%81%AE14%E5%BA%97%E8%88%97%E3%81%AE%E5%B1%8B%E4%B8%8A%E3%81%AB%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%85%89%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E3%82%92%E5%B1%95%E9%96%8B/
[2]設置工事の流れ(Solar Power Network社)
http://solarpowernetwork.co.jp/leasing-your-roof/installation-process/
[3]雪が積もったら? もちろん下ろします――12MWの屋上太陽光(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1407/23/news078.html
[4]コメリ太陽光発電パネル設置事例(コメリ社)
http://www.komeri.bit.or.jp/environment/eco/solar/index.html

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 23:10 | Comment(0) | 導入施設
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。