【現在位置】トップページ > 中国メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2014年08月15日

JinkoSolarが、南ア・ケープタウンで太陽電池モジュール工場(年産能力120MW)を完成

JinkoSolar社が2014年8月11日に、南アフリカ太陽電池モジュール工場を完成したことを発表していました[1]。

同国における海外メーカーのモジュール工場は、今回が初とのことで、その概要は下記の通り。

  • 場所:ケープタウン内の「Epping Industrial 1」
  • 敷地面積5000m2
  • 生産能力:年120MW
    中国での最先端の生産設備をモデルにしている。
  • 投資額:約750万米ドル
  • 雇用人数250人の見込み

またJinkoSolar社では2012年以来、南アフリカ市場でのモジュール供給実績が300MWに達しているとのことです。


Jinko Solarは約1年前にも大規模発電所向けの供給契約(94MW分)を発表しており、南アフリカ市場での展開で先行している印象ですが、今回の現地工場新設についても、それだけ同市場でのモジュール需要に手応えを掴んでいる、ということだと推測します。

中国の太陽電池メーカーとしては、(FITでの認定分・稼動分の差が莫大な)日本市場はともかく、かつての最大需要先である欧州市場が急速に縮小し、更に最近は米国向け輸出も急減速しているだけに、他市場開拓の必要性がより増していると思われますが、その中で南アフリカが(Jinko Solarに限らず)新しい有力市場の一つになるのか、強く注目したいところです。

また新工場の立地場所であるEppingは、海に近い工業地域であり[2]、南ア国内向けだけでなく、他地域への輸出用としても、Jinko Solar社の重要拠点になる可能性があるものと考えます。


※参照・参考サイト:
[1]JinkoSolar Opens Solar Module Factory in Cape Town, South Africa(JinkoSolar社)
http://www.jinkosolar.com/press_detail_969.html
[2]Epping, Cape Town(Wikipedia)

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 23:01 | Comment(0) | 中国メーカー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。