【現在位置】トップページ > 導入施設 > 当記事

(スポンサード リンク)

2014年08月23日

戸田建設・筑波技術研究所内の直流給電システムは、晴天時にLED照明の消費電力をほぼ自給可能

戸田建設2014年8月21日に、

  • 筑波技術研究所」内に、太陽光発電+蓄電池の「直流給電システム」を導入した。
と発表していました[1]。

これは「興和」「東京整流器」の2社と共同で行ったもので、概要は下記の通り。

  • システムの機能:
    • 直流電力をそのまま使用
      太陽電池パネルからの直流電力をそのまま、
      ・LED照明
      ・携帯電話の充電装置
      に供給する。
      これにより、直流-交流間の変換(従来システムでは2回必要)が不要になり、約10%の省エネが実現される。
    • 余剰電力の蓄電、夜間利用が可能
      晴天時の就業時間中には、太陽光発電の余剰電力を蓄電池に蓄える。
      その電力を夜間などに使うことができ、LED照明では使用電力の殆どを賄える。
  • 導入時期:2014年2月
    ※本館に導入済みの太陽光発電システムと組み合わせている。
  • 今後の方針:
    戸田建設では直流給電システムを、国内ZEBにおける規格化・標準化に対応する技術として捉えており、
    • 事務所ビル
    • 生産施設
    等への導入に向け、研究を進める。

各設備の規模は記載されていませんが、[1]に掲載のグラフを見る限りでは、太陽光発電システムが約1.4kW、LED照明は最大700W程度(※最も使用頻度が高い状況で300W程度)。

また協力企業の取扱製品[2][3]から、蓄電池と直流電源関係は東京整流器、LED照明は興和が担当したものと推測します。

[1]のグラフはあくまで晴天時のものであり、また負荷もLED照明のみですが、それでも照明の消費電力を、太陽光発電設備の発電電力で殆ど賄っているのは、建物内での電力の自給自足を実現するうえでの、一つの明確な成果を示しているものと考えます。

直流給電向けの消費機器(家電など)が一般化していない現状では、このシステムの用途もかなり限定されてしまうとは思いますが、直流・交流の変換損失が無いのはやはり大きな利点なので、可能な範囲(照明など)だけでも、実用化は意外に早く実現する可能性があると予想します。


※参照・参考サイト:
[1]ZEB化に向けた直流給電システムを導入(戸田建設)
http://www.toda.co.jp/news/2014/20140821.html
[2]直流電源装置(東京整流器)
http://www.tohsei-kk.co.jp/CHOKURYU.HTM
[3]設備用LED機器・業務用機器(興和)
http://www.kowa.co.jp/products/precision.htm

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 23:47 | Comment(0) | 導入施設
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。