【現在位置】トップページ > 他の海外メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2014年11月06日

SunPower社が中国で2つめの合弁企業設立を正式契約、四川省で「C7 Tracker」技術を用いる発電事業(計3GW以上)を展開予定

SunPower社が2014年10月31日に、

  • 天津中環半導体Tianjin Zhonghuan SemiconductorTZS)」社など中国4社との間で、同国内における太陽光発電所事業(最低計3GW)のための合弁企業設立で正式契約した。
と発表していました[1]。

概要は下記の通り。

背景

  • SunPower社は中国では2012年12月に、合弁会社「華夏CPV(内蒙古)電力有限公司」設立のため、
    ・TZS
    ・Inner Mongolia Power (Group) Co., Ltd.
    ・Hohhot Jinqiao City Development Company, Ltd.
    との間で契約を結んでいる。
    (※この事業では既に、内モンゴル自治区で「C7 cell receiver」の工場(年産能力300MW)が完成し稼動している)
    今回の契約は、中国におけるSunPower社の2つ目の合弁契約となる。

合弁企業

  • 企業名Sichuan Shengtian New Energy Development Co., Ltd.,
  • 参加企業:下記の計5社。
    ・SunPower(約2000万米ドル(所有持分4.6%に相当)を出資する予定)
    ・TZS
    ・Sichuan Development Holding Co., Ltd.
    ・Leshan Electric Power Co., Ltd.
    ・Tianjin Tsinlien Investment Holding Co., Ltd.
  • 事業内容
    最低計3GWの太陽光発電所を、四川省内で開発・保有する。
    これらの発電所には「LCPV(low-concentration photovoltaic) SunPower C7 Tracker」技術を用いる。
    (※この技術では
      ・一軸追尾
      ・放物面鏡
      ・第3世代のMaxeon太陽電池セル(変換効率最大24.5%)
      を組み合わせている)
  • 今後の予定
    初期のLCPV展開は、2015年に開始する予定。(※中国政府の承認が必要)

SunPower社とTZSの最初の合弁事業(内モンゴル自治区)の規模は7.5GW以上[2]で、今回の四川省での事業と合わせると計10GWを超えることになり、この規模にはただただ驚かされます。

中国の太陽光発電市場で、外資系企業がどの程度参入している(できている)のかは判りませんが、SunPower社については、強力な国内メーカーが多数存在する市場で事業展開するにあたって、ユニークで付加価値の高い技術である「C7 Tracker」により、強力な差別化を図っていることが伺えます。

また、内蒙古の事業では主要部品の現地工場も設立しており、地元経済への貢献という点も、中国で受け入れられている要因なのかもしれません。

「C7 Tracker」技術を用いた太陽光発電所は、北米でも今年中頃に着工したばかり[3]であり、実際にトラブル無く安定稼動できるのかは未知数の部分もあると思いますが、中国でのGW単位の事業が計画通り進められた場合に、SunPower社の業績に一体どの程度のプラス効果を及ぼすことになるのかは、非常に興味を引かれるところです。


※参照・参考資料:
[1]SunPower Expands Reach in China with Second Joint Venture Agreement(SunPower社)
http://newsroom.sunpower.com/2014-10-31-SunPower-Expands-Reach-in-China-with-Second-Joint-Venture-Agreement
[2]Efficient photovoltaic power station(Zhonghuan Semiconductor Corporation)
http://en.tjsemi.com/main/products_e03.aspx
[3]Fort Churchill Solar Project Facts(SunPower社)
http://global.sunpower.com/fortchurchill/

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 02:19 | Comment(1) | 他の海外メーカー
この記事へのコメント
太陽発電とか、風発電とかなどシステムをインフラで利用されることに関する情報
Posted by 裴 埼 at 2016年09月12日 11:10
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。