【現在位置】トップページ > 地方自治体の取り組み > 当記事

(スポンサード リンク)

2015年04月02日

神奈川県「薄膜太陽電池普及拡大プロジェクト」の4設備が設置完了、コスト面でも意外にメリットあり

神奈川県2015年3月25日に、「薄膜太陽電池普及拡大プロジェクト」により設置完了した4設備を公表していました[1]。

各設備の概要は下記の通り。(※一部の数字は当ブログ管理人が計算)


相模鉄道・弥生台駅の法面(線路沿い)

  • 薄膜型を選んだ背景
    法面が急勾配であるため、通常の結晶シリコン型太陽電池パネルを設置するには
    • 大規模な造成工事
    • 強固な架台
    が必要だった。
  • 特徴
    薄膜型太陽電池の軽量・フレキシブル性を活かして、「防草シート」との一体型を設置した。
    これにより、発電の他に
    • 設置費用の削減
      (発電設備と防草シートの設置工事を別々に行う場合より、約2割ダウン
    • 防草にかかる費用の削減
    との効果が得られる。
  • 発電出力20kW
    発電電力は、トンネルの電灯駅構内で使用する。
  • 事業費用:約3960万円(約198万円/kW)
  • プロジェクト代表者:三菱化学エンジニアリング

横浜市立大学附属病院の屋上

  • 薄膜型を選んだ背景
    設置場所は高層建物の屋上であり、かつ海辺に近い。
    このため
    • 強風
    • 塩害
    の影響が懸念され、通常のパネルは設置困難だった。
  • 特徴
    屋根の防水シートと薄膜型パネルを一体化したものを設置。
    これにより発電の他に、設置費用の削減効果が得られる。
    (発電設備の設置工事と防水シートの改修工事を別々に行う場合より、約1割ダウン
  • 発電出力19.04kW
    発電電力は病院内で使用する。
  • 事業費用:約3260万円(約171万円/kW)
  • プロジェクト代表者:三菱化学エンジニアリング

トノックス社の2工場の屋根

  • 薄膜型を選んだ背景
    設置場所は波形のスレート屋根であるため、通常のパネルは重さにより設置困難だった。
  • 特徴
    軽量化のため
    • 強化ガラスの薄型化(0.8mm)
    • 屋根形状に合わせたアルミ架台の採用
    等を講じ、設備の重量を約9kg/m2(通常設備の約1/2〜1/5)に抑えた。
    またパネルも、薄膜型ながら変換効率が高いもの(14.72%)を用いている。
    これにより、耐荷重が低い屋根でも発電事業の採算性を確保でき、また遮熱効果も期待できる。
  • 発電出力1MW
    発電電力の全量を売電する。
  • 事業費用:約3億5700万円(約35万7000円/kW)
  • プロジェクト代表者:トノックス社

「かながわ県民センター」の窓のロールスクリーン

  • 薄膜型を選んだ背景
    • 高層建物である(15階建て、風の影響が強い)
    • 屋上に冷房用機器が設置されている
    ことから、通常のパネル設置が困難だった。
  • 特徴
    薄膜型太陽電池と、遮光用のロールスクリーンを一体化。
    日照が良くオープンスペースがあるフロア(9・10・15階、誰でも見学可能)の窓に、簡易な内装工事により設置している。
    これにより、通常時の発電に加えて、各フロアの非常用電源としての活用も見込まれる。
  • 発電出力3.04kW
    発電電力は、非常電源用の蓄電池(可搬型)に充電する。
  • 工事契約額:約1400万円(約469万円/kW)

法面と病院屋上については、コストの高さが懸念されるフレキシブル型を用いながらも、トータルの事業費用が通常工事(各々個別の場合)より明らかに安く済んでいる、というのが非常に意外でした。

長期運用における管理・メンテナンスのコストが、通常設備と比べてどうなるのか、というのは今後検証すべき課題だと思いますが、少なくとも設置費用については、現時点で既に、かなりの合理性を備えていると感じられます。

トノックス社の工場屋根設備も、事業費用が1kWあたり36万円を切っており、1月15日の調達価格等算定委員会での報告数字(1000kW以上で28万6000円/kW)より割高とはいえ、段違いの軽量さを考えると、これもやはり薄膜型の魅力を十分に示すしていると思われます。

最後のロールスクリーン一体型については、大幅なコストダウンが必要だと思いますが、それ以外の3設備では、薄膜型太陽電池が持つメリット(価格競争力、施工可能範囲の拡大)が十分に示されており、これだけでも神奈川県の補助政策が明確な成果を挙げていると感じられます。


※参照資料:
[1]薄膜太陽電池を4施設に導入〜新たな用途の開発〜(神奈川県)
http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p889642.html

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 12:00 | Comment(0) | 地方自治体の取り組み
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。