【現在位置】トップページ > 発展途上国での導入 > 当記事

(スポンサード リンク)

2015年07月23日

パナソニックとUNDPが、エボラ被害が大きい西アフリカ3ヶ国に「ソーラーランタン」3000個を提供

パナソニック社とUNDP(国連開発計画)が約1週間前に、

  • エボラ出血熱の被害が大きい西アフリカの3ヶ国に対し、支援としてソーラーランタン3000寄贈した。
と発表していました[1][2]。

概要は下記の通り。


背景

  • エボラ出血熱の早期収束のためには
    • 患者のより早い治癒
    • 予防のための迅速・効率的な医療活動
    が必要であることから、夜間の治療活動も必要になっている。
    その中で、
    • 医療現場の多くが無電化地域
    • 罹患した患者は、所持品全て廃棄(焼却)処分される
    との状況から、新たな光源の確保が重要になっている。
  • パナソニックは、新興国・開発途上国の支援として「ソーラーランタン10万台プロジェクト」に取り組んでおり、今回の寄贈はその一環として行われた。
    また同社は2014年12月にも、エボラ対策への支援第1弾として、リベリア向けにソーラーランタン240台を寄贈している。

配布の対象

  • 対象地域ギニア、リベリア、シエラレオネの3ヶ国。
  • 対象者
    • 医療従事者やコミュニティ・ワーカー(夜間作業に用いられる)
    • エボラ感染により隔離されている世帯や、回復途中の患者がいる世帯
      (※配布されたランタンが、世帯で唯一の光源になっている場合が多い)

日本ではエボラ出血熱の話題をめっきり聞かなくなってしまいましたが、患者が所持品全てを焼却処分しなければならないというのは、日本では(少なくとも今のところは)考えられないシビアさです。

その中で今回のソーラーランタンは、極めて厳しい状況に置かれている感染者・回復者とその家族の生活支援、そして治療・予防のための医療活動の支えにもなるとのことで、日本企業がそこで大切な役割を果たしていることに、私たちはもっと目を向けるべきだと考えます。

配布されたランタンについては、[1][2]の写真を見たところ、昨年11月に発売された新製品(ソーラーLEDライト)と見受けられます。

この製品は元々インドの無電化地域向けとして、現地スタッフとともに、必要な機能と低コストを追求して開発されたものとのこと[4]。

今回は販売ではなく緊急支援としての寄贈でしたが、将来的にこの取組みが、日本の大手メーカーによるBOPビジネスに発展・成長していったら、非常に面白いと思います。

最後に蛇足ですが、パナソニックのサイトで検索していたところ、日本でも発売されている「コンパクトソーラーライト」の、寄贈先(インド等)における活用状況の紹介を発見[5]。

その写真でのライトの使い方(手元の近くに置いて照らす)は、私も良くやるやり方であり、「(国や場所が違っても)やっぱりこうやって使うのか」と、全く思わぬところで親近感を抱きました。

日本ではパナソニックのソーラーランタンは、「コンパクトソーラーライト」以外は発売されていないようですが、このような製品を実際に使うことは、海外の無電化地域に関心が向くきっかけとなり得るのかもしれません。


※参照資料:
[1]パナソニックが国連開発計画(UNDP)にソーラーランタンを寄贈、エボラ出血熱感染地域へ配布を開始(パナソニック社)
http://news.panasonic.com/jp/topics/2015/43993.html
[2]UNDPとパナソニック社、エボラの被害を受けた コミュニティに対する支援強化(UNDP)
http://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/presscenter/pressreleases/2015/07/15/ebola.html
[3]【リリース】エボラ出血熱対策として国連開発計画(UNDP)にソーラーランタンを寄贈(パナソニック社)
http://panasonic.net/sustainability/jp/lantern/2015/03/ebola_relief_efforts.html
[4]インドの農村向けに開発された新「ソーラーLEDライト」の特徴とは(同上)
http://panasonic.net/sustainability/jp/lantern/2015/03/solarLEDlight.html
[5]【2013年度寄贈まとめ】14,000台を超えるソーラーランタンを9カ国に寄贈しました(同上)
http://panasonic.net/sustainability/jp/lantern/2014/06/fy2013.html

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 発展途上国での導入
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。