【現在位置】トップページ > 他の海外メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2015年08月24日

Canadian Solar社の数年間の業績(2015年2Qまで)を眺めてみた、「total solutions business」の好影響は大きい

Canadian Solar社が8月18日に、2015年第四半期2015/4-6)の業績を発表していました[1]。

今回は、当ブログで過去に見てきた四半期業績(主に2012〜2015)の発表資料[2]〜[6]も見直して、特に気になる数字を抜き出し、表にまとめてみました。

2013年以前は抜けている期・数値がありますが、参照資料(そして手間)の都合上ということで、ご容赦ください。


業績

  • 金額の単位は米ドル。
  • 売上高と営業利益は、見通しを良くするため、1000万ドル未満を四捨五入しています。
  • TSBは、「total solutions business」を管理人が勝手に略したものです。
売上高粗利益率R&Dの費用営業利益
総額TSBの割合
2012 1Q3.3億7.7%300万−0.1億
4Q2.9億12.8%5.0%310万−0.9億
2013 1Q2.6億19.2%9.7%240万0.2億
3Q4.9億20.4%300万0.6億
4Q5.2億19.5%320万0.5億
2014 1Q4.7億14.7%250万0.3億
2Q6.2億32.6%19.0%290万0.7億
3Q9.1億53.8%22.9%320万1.6億
4Q9.6億51.7%19.3%340万1.2億
2015 1Q8.6億35.9%17.8%390万0.8億
2Q6.4億30.6%15.2%430万0.3億

売上高は、2014年以降は2012年の2〜3倍程度まで拡大しており、業績の急成長ぶりが強く感じられるものです。

利益の面では、営業利益は2012年には赤字になっており、一ケタ台の粗利益率と合わせて、当時はモジュールの供給過多が重くのしかかっていたことが伺えます。

しかし2013年には徐々に回復し、2014年には一気に黒字が拡大。

これについては、(売上高も同様ですが)太陽光発電所を手がける「total solutions business」の売上高に占める割合が高まるほど、明らかに伸びが大きくなっており、これだけ業績に及ぼす影響が大きいのであれば、シャープからRecurrent Energy社を買い取ったことも、十分に頷ける話です。

そのRecurrent社の取得により、米国内での保有プロジェクト(後期段階)は一気に約1.2GWまで拡大しており、これらが今後の業績にどうプラスに働いてくるのかは、強く注目したいところです。

また今回は、研究開発(R&D)への投資額もチェックしてみました。

粗利益率が低く、営業利益も赤字だった2012年から、概ね一定水準の額(200万ドル台〜300万ドル台)が投じられており、これが2013年以降の黒字化・そして現在の競争力確保につながっているものと思われます。

そして更に、2015年に入ってからは増額気味になっており、市場競争力の更なる強化のために、技術革新を重視する度合いが強まっていることも推測されます。


地域別の売上高

  • 金額は全て米ドルで、1000万ドル未満を四捨五入しています。
    また、カッコ内は総売上高に対する割合です。(前年同期比ではない)
  • 米州(the Americas)は、2013/1-3以前は北米(North America)のみ。
米州アジアその他欧州
2012 1Q1.5億(45.1%)0.4億(12.3%)1.4億(42.6%)
4Q0.6億(20.0%)1.2億(39.4%)1.2億(40.6%)
2013 1Q0.5億(17.9%)1.5億(57.4%)0.7億(24.7%)
3Q2.3億(46.9%)2.1億(43.6%)0.5億(9.5%)
4Q1.7億(32.1%)3.2億(62.4%)0.3億(5.5%)
2014 1Q2.0億(43.6%)2.3億(50.4%)0.3億(6%)
2Q3.5億(55.5%)1.9億(29.8%)0.9億(14.7%)
3Q6.6億(71.7%)1.9億(20.9%)0.7億(7.4%)
4Q5.9億(61.8%)3.1億(32.7%)0.5億(5.5%)
2015/td> 1Q4.2億(48.7%)2.9億(33.6%)1.5億(17.7%)
2Q3.0億(47.6%)3.0億(46.5%)0.4億(5.9%)

2012年には4割を占めていた欧州は、2013年以降は完全に割合が落ちており、かつての世界最大市場が、その位置を退いたことが改めて良く伺えます。

ただ、欧州売上高の割合低下とちょうど入れ替わるように、粗利益率の改善・営業利益の黒字化が果たされていますが、これは特に因果関係が思い浮かばないので、偶然に時期が重なったものと考えます。

「アジアその他」については、2012年4Qに金額・割合が一気に拡大しており、これは日本でのFIT開始が大きく影響したものと思われます。

ただ2014年秋(日本国内で接続申込への回答保留が顕在化)以降も、「アジアその他」は3億ドル前後と好調が続いており、どの地域・国がこれを支えているのかは、非常に興味を引かれるところです。

米州は(上記表では)2013年3Qに、総売上高に占める割合が急拡大。

2015年に入ってからの低下は、米国におけるアンチダンピング措置の影響が大きいと推測されますが、多数の太陽光発電所プロジェクトを抱えるRecurrent社を取得したこともあり、米州は今後暫くの間、極めて重要な市場であり続けるものと予想します。


太陽電池モジュールの出荷量

  • 数値の単位はMW。
  • 2013/2Q以降は、業績に認定された分のみの数字。
  • TSBのカッコ内は、総量に対する割合。(前年同期比ではない)
出荷量
総量TSB向け
2009 3Q101〜103
(※見通し)
2012 1Q3437(2.0%)
4Q40416(4.0%)
2013 1Q340
(日本向け
が24.5%)
23(6.8%)
3Q47860(12.6%)
4Q62141(6.6%)
2014 1Q50049(9.8%)
2Q64649(7.6%)
3Q770173(22.5%)
4Q897163(18.2%)
2015 1Q1030124(12.0%)
2Q80990(11.1%)

最後に、肝心のモジュール出荷量の推移を見てみました。

2009年、また2012年あたりと比べると、その後の劇的な伸びには、世界的なモジュール需要の拡大ぶりも良く伺えます。

自社の「total solutions business」向けも当然急速に伸びてはいますが、総量に対する割合は、一時期(2014年3Q・4Q)を除いて10%前後の水準で推移しており、やはり自社TSBだけでなく、外部顧客のモジュール需要自体が、ここ数年のうちにかなりのペースで伸びていることが推測されます。

・・・ということでここまで見てきて、あくまで(世界的大手とはいえ)一メーカーの業績の推移ではありますが、時系列で流れを見ることで、世界の太陽光発電市場の変動(激動)ぶりも、かなり鮮明に浮かび上がってくると感じるものです。


※参照資料:
[1]Canadian Solar Reports Second Quarter 2015 Results(Canadian Solar社)
http://investors.canadiansolar.com/phoenix.zhtml?c=196781&p=irol-newsArticle&ID=2080413
[2]Canadian Solar Expects 3Q 2009 Shipments to Exceed Prior Guidance; Company Raises Full Year 2009 Guidance(同上)
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=196781&p=irol-newsArticle&ID=1341505&highlight=
[3]Canadian Solar Reports First Quarter 2013 Financial Results(同上)
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=196781&p=irol-newsArticle&ID=1824337&highlight=
[4]Canadian Solar Reports Record Results for the Third Quarter 2014(同上)
http://investors.canadiansolar.com/phoenix.zhtml?c=196781&p=irol-newsArticle&ID=1988651
[5]Canadian Solar Reports First Quarter 2015 Results(同上)
http://investors.canadiansolar.com/phoenix.zhtml?c=196781&p=irol-newsArticle&ID=2045190

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 他の海外メーカー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。