【現在位置】トップページ > その他 > 当記事

(スポンサード リンク)

2015年08月27日

NEC等が太陽光発電の出力制御技術を開発、「信頼度つき発電量予測」や抑制量の最適配分・一括制御が可能

NEC社が2015年8月24日に、

  • 東京大学・東京農工大学の研究者と共同で、電力会社アグリゲータ(エネルギー管理サービス事業者)向けの太陽光発電の出力制御技術を開発した。
と発表していました[1]。

概要は下記の通り。


背景

  • 日本国内では再エネ発電の普及・導入が進む中で、余剰電力(需要を上回る供給)を防ぐために、発電出力制御システムの導入も進められている。
    ただし現状では、
    • 過剰な発電抑制を要求する傾向(正確な発電量予測が困難なため)
    • 発電抑制量の公平な分担の実現
    が課題となっている。

特徴

  • 新開発した「信頼度つき発電量予測」技術を採用
    太陽光発電の予測発電量に、独自手法で導き出す「当たる確率(予測確率)」を付加する。
    (この指標の算出には、数千個超の気象パラメータ(雲の量や気温など)を用いる)
    これにより電力会社等では、例えば
    • 「予測確率95%での発電量は、下限X[kW]〜上限Y[kW]」
    と、予測値のずれ幅を把握することが可能になる。
  • 抑制量の最適配分と一括制御を実現
    独自のアルゴリズムにより
    • 上記技術による発電量予測
    • 過去の出力抑制の履歴
    • 気候条件
    から、抑制量をきめ細かく決定する。
    これにより、電力会社やアグリゲータでは
    • 公平性の考慮
    • 過剰抑制の低減
    の両方を実現することができる。
    更に決定した抑制量は、制御対象の発電事業者に一斉伝達して制御できる。

効果

  • NECが、電力システムの運用シミュレーションを行い評価した結果では、
    • 従来よりも抑制日数は多くなるが、発電抑制量は低減できる。
    との有効性が検証されている。

2014年秋に一部地域で系統連系の限界が顕在化し、それを受けて2015年1月にはFITに「指定ルール」(無補償での出力制御時間の上限撤廃)が導入されましたが、では実際にどのようなシステム・技術により、抑制量や抑制対象の設備・事業者を決定するのか、という点は全く見えないままでした。

今回の技術を、どの電力会社やアグリゲータが採用することになるのかは、現状では判りませんが、少なくとも抑制量の予測や割り当ての方法については、いち消費者として大幅にイメージしやすくなったと感じます。

恐らく他の企業でも現在、同様の用途の技術は開発されていると思いますが、発電量予測の信頼度アップと、適正な(過剰でなく公平な)抑制実現の2点については、開発者を問わず技術の核心部分になると思われるので、そこでどのような違い(手法など)が出てくるのかは、注目したいところです。


※参照資料:
[1]NEC、太陽光発電による余剰電力の抑制量を適切に配分する出力制御技術を開発(NEC社)
http://jpn.nec.com/press/201508/20150824_01.html

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。