【現在位置】トップページ > 研究・開発の動向 > 当記事

(スポンサード リンク)

2016年03月28日

トクヤマが太陽光発電電力による水素の製造・貯蔵システムを開発中、実証試験の第一段階

トクヤマ社が2016年3月8日に、新エネルギーに関する実証試験2つを開始していることを、発表していました[1]。

そのうちの1つは太陽光発電の電力を利用するもので、概要は次の通り。


  • 事業名
    「太陽光発電を利用したアルカリ水溶液の電気分解による高効率水素製造 システムの開発及び貯蔵・利用システムの検討」
  • 目的
    • 塩水の電気分解による苛性ソーダの製造技術(トクヤマ社が保有)
    • 太陽光発電の出力変動を制御するシテスム(長州産業製)
    を組み合わせて、効率の良い水素製造シテスムの開発を目指す。
    (このシステムは、再エネ等の余剰電力を水素に変換して貯蔵することを可能にする)
    今回の実証事業は、その第一段階である。
  • 実施場所:周南市の「徳山製造所」内
  • 事業期間:2015〜2017
  • その他:山口県による平成27年度「やまぐち産業戦略研究開発等補助金」の一つに採択されている。

電力の貯蔵手段としての水素製造は、随分前から注目されてはいますが、本格的な実用化はいまだ実現せず。

今回のトクヤマ社による実証試験も、まだ「第一段階」とのことであり、実用化の遠さを感じてしまいます。

とはいえ、もし安全で高効率な水素製造システムを実現できれば、発電できる時間が限られている太陽光発電の実用性能アップにもつながることから、トクヤマ社の取組みには強く期待したいところです。

またトクヤマ社は、太陽電池向けシリコンの製造を手がけていることから、この研究開発の取組みが実を結べば、巡り巡ってシリコン需要の拡大にもつながっていくのではないでしょうか。


※参照資料:
[1]やまぐち産業戦略研究開発等補助金事業の実証試験開始について 報道公開のお知らせ(トクヤマ)
http://www.tokuyama.co.jp/news/release/2016/20160308.html
[2]平成27年度やまぐち産業戦略研究開発等補助金の採択を決定しました。(山口県)
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a16900/cluster/201404160001.html

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 研究・開発の動向
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。