【現在位置】トップページ > 国内のメガソーラー > 当記事

(スポンサード リンク)

2016年04月18日

自動車メーカー・スズキが、静岡県で「スズキ牧之原太陽光発電所」(20MW)を建設中

自動車メーカーのスズキ社が2016年4月15日に、静岡県で建設・試験運転中のメガソーラー「スズキ牧之原太陽光発電所」について発表していました[1]。

ここではニュース記事の内容[2][3]と合わせて、発電所の概要をまとめてみました。


  • 場所:牧之原市の「中里工業団地」内
  • 敷地面積:計46万m2 下記2つの土地を用いている。
    • 中里工業団地に保有する土地42万m2
      (元は部品会社を誘致する予定だったが、隣接する相楽工場での自動車生産が伸び悩んだため、発電所建設に切り替えた)
    • 相良工場の敷地の一部
  • 発電容量:完成時には20MW
    太陽電池パネル約11万枚を設置する。
  • 発電電力量:完成後には、約3万2200MWh/年の予定。
    全量を中部電力に売電する。
    (売電収入は約11億円/年の見込み)
  • スケジュール
    • 2015年10月:試運転を開始
    • 2016年7月末:完成の予定
  • 投資額:総額約79億

11億円/3220万kWh=約34円/kWhなので、(消費税分も考慮して)2014年度に認定を受けた案件と見受けられますが、流石に20MWという規模になると、完成までに相応の期間を要することが伺えます。

また、その2014年度には複数の電力会社で接続申込への回答保留が発生していただけに、電力会社管内による、太陽光発電設備の受入れ余地の差も伺えます。

国内の大規模発電所としては、今年3月に石川県で27MWの発電所建設が着工しており、いろいろと条件が厳しくなっている日本国内でも、大規模プロジェクトはまだ完全に止まった訳では無いようです。

ちょっと気になるのは、投資額が単純計算で1MWあたり約4億円ですが、これは(事業者が全く異なる)上述の石川県の発電所と、奇しくも同等の水準です。

今回のスズキ社の発表や、メディアの報道では全く記載がありませんが、こちらも地震への耐久性を十分確保した設計としている可能性が考えられます。

ともかく投資額としては割高ですが、年間の発電電力量予想が、日照条件の良さを反映してか、かなり大きい数字であり、これならば十分な利益を見込めるのかもしれません。


※参照資料:
[1]「スズキ牧之原太陽光発電所」の稼働について(スズキ)
http://www.suzuki.co.jp/release/d/2016/0415/
[2]スズキ、太陽光発電所7月完成 静岡県内最大級(静岡新聞)
http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/230625.html
[3]スズキ 牧之原メガソーラー公開(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20160416/CK2016041602000100.html

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 国内のメガソーラー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。