【現在位置】トップページ > 農業 > 当記事

(スポンサード リンク)

2016年07月18日

日本環境テクノ社が太陽光発電施設でエミューを飼育、雑草除去だけでなく畜産も狙う

2016年7月14日付の佐賀新聞ウェブサイトの記事[1]で、

  • 県内企業の「日本環境テクノ」が、自社の太陽光発電施設で大型鳥「エミュー」を飼育している。
と報じられていました[1]。

取組みの概要は次の通り。


  • 背景・経緯
    同社社長の方が、訪問した大分県の太陽光発電施設で、エミューが敷地内で飼育されている様子を見学した。
    その後2016年5月に、北海道のエミュー牧場からエミュー5羽を購入して、自社発電所での飼育を開始した。
  • 飼育による効果
    エミューが雑草を食べることで、雑草除去の手間が省けている。
    また、害獣避けにもなっている。
  • 今後の方針
    今後1年以内に飼育頭数を50羽まで増やし、食肉・卵や、羽を使ったグッズ等の販売を計画している。

該当発電所の詳細は記載されていませんが、日本環境テクノ社のサイト[2]の情報から、パナソニック製パネルを用いた計約168kWの「神埼発電所」と思われます。

今回の取組みについて、通常イメージしやすい4つ足の草食動物(ヤギ等)ではなく、大型の鳥ということにかなり驚きましたが、既に大分県内では、2013年からエミューを飼育している発電所がある[2]とのことでした。(これが見学された太陽光発電所でしょうか?)

このエミューは飼育しやすい動物[3]とのことなので、太陽光発電所との相性(設備を傷めない等)も、意外に良いのかもしれません。

そしてそれと関係すると思われますが、もう一つ今回は、単に雑草除去だけに留まらず、同時に畜産が志向されていることにも強く驚きました。

国内で太陽光発電の事業環境が厳しさを増す中で、今回の取組みが、ソーラーシェアリングの新しいかたちを産み出すことを、強く期待したいと思います。


※参照資料:
[1]太陽光発電所にエミュー 日本環境テクノ(佐賀新聞)
http://www.saga-s.co.jp/column/economy/22901/333600
[2]自社発電所(日本環境テクノ)
http://jetc2000.com/hatsuden
[3]メガソーラーを救う草食動物たち 雑草モグモグ…発電量維持と経費削減に貢献(サンケイビズ)
http://www.sankeibiz.jp/gallery/news/131020/gll1310200701002-n4.htm
[4]エミュー(ウィキペディア)
[5]箘床で育つエミュー&ソーラーシェアリング(日本環境テクノ)
http://jetc2000.com/news/2459.html

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 農業
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。