【現在位置】トップページ > 太陽電池を使った製品・グッズ・設備 > 当記事

(スポンサード リンク)

2016年07月25日

ソーラーフロンティア社がボリビア「ウユニ塩湖」の環境保護運動に太陽電池パネル40枚を提供、油化装置の電源向け

ソーラーフロンティア社が2016年7月21日に、

  • 南米ボリビアで「ウユニ塩湖」の環境問題に取り組んでいる環境保全団体「Projecto YOSI」に、太陽電池パネル40提供した。
と発表していました[1]。

今回は、その背景を抜き出してまとめてみました。


  • ゴミ問題の深刻化
    ウユニ塩湖は「天空の鏡」として知られる観光名所だが、ゴミが増えているにも関わらずゴミ処理施設が無いため、
    • 住民・家畜への健康被害の発生
    • 塩湖で採取される塩の質の悪化
    等の問題が起こっており、将来的に塩湖の絶景が見られなくなることが懸念されている。
  • 独立稼動の「油化装置」を導入
    「Projecto YOSI」は、ある日本人ツアーガイドの方が中心となり立ち上がった環境保全プロジェクトであり、プラスチックゴミを石油に変える「小型油化装置」を用いた啓発活動を行っている。
    同プロジェクトでは、まず現地主導によるリサイクル循環の構築を目指しており、太陽光発電で稼動する油化装置を導入した。
    それに用いる太陽電池パネルについては、
    • 特に環境特性が優れており、過酷な環境でも安定発電が実証済み
    との理由で、ソーラーフロンティア社の製品が選ばれた。

ちょっと検索したところ、このプロジェクトで現在導入されている油化装置は、日本のブレスト社[3]の小型機種「Be-h」と見受けられます。


(アカウント「yoshihito homma」さんの動画)

この製品は1時間に約1kWhの電力消費で、1kgのプラスチックごみを約3時間で油化できるとのことであり、日照さえ十分であれば、一定規模の太陽電池パネルの発電電力で十分に独立稼動できる、ということだと思われます。

上記動画で本間賢人氏が言及されている処理能力の大きい装置(ごみ1tを処理可能)が、太陽光発電からの電力だけで稼動できるかどうかは不明ですが、もしそれが可能であるなら、独立稼動の装置でプラスチックを石油に変えられるというある意味「夢の技術」であり、新興国での活用だけでなく、日本国内でももっと目を向ける必要があると考えます。


※参照資料:
[1]世界の絶景「ウユニ塩湖」を守るためソーラーフロンティアのソーラーパネルを提供(ソーラーフロンティア社)
http://www.solar-frontier.com/jpn/news/2016/C057775.html
[2]ウユニ(ウィキペディア)
[3]製品情報(ブレスト社)
http://www.blest.co.jp/service.html

(スポンサード リンク)


この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。