【現在位置】トップページ > 架台 > 当記事

(スポンサード リンク)

2016年09月12日

エクソル社が既設発電所向けの増設工法「X-large」を発表、アレイをスライドさせて設置場所を確保

XSOL社が2016年9月2日に

  • 野立て既設太陽光発電所で、新たな土地がなくても太陽電池モジュールを増設できるオリジナル工法「X-large(エクスラージ)」
を発表していました[1]。

概要は次の通り。


背景・目的

  • 今年成立した改正FIT法では、設備認定基準に、定期的なメンテナンスを行わないと満たせない項目が追加された。
    このため、「太陽光発電はメンテナンスフリー」という認識が強い時代に作られた太陽光発電所では、事業計画に支障が出るケースが想定される。
  • 今回の「X-large」では、上記の事態への対応として
    • 発電量の増加(収益の確保)
    • 設備の強化・改善(長期の安定稼働につながる)
    をもたらすことが期待できる。
  • また、日本においては
    • 太陽光発電所の適地発見の困難化
      (土地・土木・造成のコストによる、コストダウンの阻害)
    • 電力系統の強化需給バランスの制御に対する、より高度な対応(導入量は増加中)
    との懸念・課題がある。
    今回の「X-large」には、それらに対するソリューションの一つという意味合いもある。

「X-large」の特徴

空きスペース無しで、太陽電池モジュールを増設設置済みの太陽電池アレイをスライド移動させて、それらの間隔を詰める。
これにより確保したスペースに、新たなモジュールを増設できる。
実発電量を最大化
  • 冬季にアレイの一部に影がかかることを前提に設計する。
    この影によるロスは生じるが、モジュールを増設することで、発電所全体の発電電力量を最大化する。
  • モジュール増設後もパワコンの容量は変わらないため、日射量の多いときに、ピークカットによる発電ロスが生じる可能性がある。
    しかしシミュレーション設計で、通年の発電量とのバランスを考慮することで、このロスを最小限に留める。
電力需給の制御に寄与ピークカット設計によって、ローカル系統に負荷を与えずに、発電カーブをよりフラットに近づける。
これにより、需給バランスの制御を行いやすくする。
架台の強化 太陽電池アレイの
  • 固定点増加
  • 前後の連結固定
により強度が増す。

その他

  • 提供価格:規模・条件により異なる。
  • 提供開始日:
    見積受付2016年9月20日に開始する。
    (※受注開始の当初は、高圧以上の布基礎設備を優先とする)

太陽電池モジュール増設のためにアレイ自体をスライドさせてしまう、というのは全く想像もしませんでしたが、このようにユニークな工法に対するニーズが日本国内で生まれているとすれば、非常に興味深いことです。

最新の国内モジュール出荷量統計(2016/4-6分)に基づくと、「発電事業」(500kW以上)向けでは海外メーカー製が3/4近くを占めていますが、価格競争力の高い海外メーカー製モジュールの流入が、既設発電所における増設ニーズにも繋がっているのでは、と想像します。

また今回の工法には、モジュールの増設だけに留まらず

  • 設備の強度アップ
  • 電力系統への配慮
も盛り込まれており、現在の日本国内の「非住宅」設備全般における課題を示しているとも感じられます。


※参照資料:
[1]【太陽光発電所増設の新工法「X-large」提供開始】のご案内(エクソル社)
https://www.xsol.co.jp/news/2016/09/12008/
[2]本日、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令」及び「調達価格及び調達期間を定める告示の一部を改正する告示」が公布されました。(資源エネルギー庁)
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/kaisei_kakaku.html

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 架台
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。