【現在位置】トップページ > 発電効率・コスト・グリッドパリティ > 当記事

(スポンサード リンク)

2016年10月31日

Trina Solar社がp型多結晶シリコン太陽電池モジュールで変換効率19.86%、カネカ社はヘテロ接合モジュールで24.37%を達成

Trina Solar社とカネカ社が2016年10月に各々、結晶シリコン型モジュールモジュール変換効率を更新したことを、発表していました[1][2]。

概要は次の通り。


Trina Solar社(2016/10/18発表)

太陽電池の種類p型の多結晶シリコン型(「Honey Plus」モジュール)
セルは156×78mm2120枚使用。
モジュール変換効率19.86%
開口部(1.514m2)での数値。
ドイツの「Fraunhofer ISE CalLab」で認定された。
用いた技術(一部)
  • 独自開発の多結晶シリコンウエハー(少数キャリアの寿命が長い)
  • half-cell interconnection
  • PERC(passivated emitter and rear cell)技術
  • 高効率な光捕捉

カネカ社(2016/10/27発表)

太陽電池の種類ヘテロ接合バックコンタクト型
モジュール変換効率24.37%
産総研で測定した数値。
測定時のマスクの開口部面積は1万3177cm2
用いた技術(一部)
  • ヘテロ接合バックコンタクト型セル(108枚使用)
  • セル間の配線技術(モジュール内の抵抗損失を低減)
  • 光の収集効率を高める技術

Trina社のほうは既に実用化しているタイプのモジュールにおける記録、カネカ社のほうは研究開発段階のモジュールでの記録と、2社で条件はかなり異なっています。

しかし、成熟した方式と見られている結晶シリコン型(HIT型を含む)において、近い時期に変換効率の記録更新が相次いで発表されたのは、偶然かもしれませんが非常に興味深いことであり、結晶シリコン型の可能性が尽きていないことを感じます。

また面白いのは、両方ともセルを通常(正方形)の半分にしたかたちで、モジュールに用いていると見受けられる点です。

実際にTrina社のセル枚数は120枚、カネカ社のセル枚数は108枚と多く、またカネカ社のプレスリリース[2]の掲載写真からは、短冊形の細長いセルを12枚×9枚並べていることが推測されます。

この方式が、結晶シリコン型での変換効率向上において一般的な手法となっていくのかは、今後注目していきたいところです。


※参照資料:
[1]Trina Solar Announces New World Record of 19.86% Aperture Efficiency for "Honey Plus" Multicrystalline Silicon Solar Module(Trina Solar社)
http://ir.trinasolar.com/phoenix.zhtml?c=206405&p=irol-newsArticle&ID=2212445
[2]結晶シリコン太陽電池モジュールで世界最高変換効率24.37%を達成(カネカ)
http://www.kaneka.co.jp/service/news/161027

※関連記事:

(スポンサード リンク)


この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。