【現在位置】トップページ > 中国メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2016年12月26日

Trina Solarがp型単結晶セルで変換効率22.61%を達成、最新のPERC技術を用いた産業用プロセスで製造

Trina Solar社が2016年12月19日に、

  • p型単結晶シリコンセルで、変換効率22.61を達成した。
と発表していました[1]。

概要は次の通り。


製造技術 ボロンをドーピングした大型のCz-Si基板上で、最新の「PERC(Passivated Emitter and Rear Cell)」技術を用いた、低コストな産業用生産プロセスにより製造した。
(※このPERC技術には、
  • セル裏面のパッシベーション
  • セル表面の高度なパッシベーション
  • LID(Light Induced Degradation)への耐性
が含まれる。)
セルの大きさ 243.23cm2
変換効率 上記の全面積で22.61
※独「Fraunhofer ISE CalLab」で確認された数値。
Trina Solar社における
セル変換効率の推移
大面積のPERC単結晶シリコンp型セルにおける数値。
  • 2014年:21.40%
  • 2015年:22.13%
  • 2016年6月:
    量産ラインでの大量生産で、平均21.12%。

セル変換効率の(前年からの)上昇幅を計算すると

  • 2015年:+0.73ポイント
  • 2016年(今回の発表):+0.48ポイント
であり、最近の僅か2年分のみの数値ではありますが、上昇幅が明らかに縮小している印象です。

これについては、最も一般的なp型セルであるだけに、変換効率アップの余地がだんだん少なくなっているのでは、という懸念が浮かびますが、その限界をTrina社が独自技術により打ち破り、「25%」達成に向けて記録更新を継続していけるかどうかは、注目したいところです。


※参照資料:
[1]Trina Solar Announces New Efficiency Record of 22.61% for Mono-Crystalline Silicon PERC Cell(Trina Solar社)
http://ir.trinasolar.com/phoenix.zhtml?c=206405&p=irol-newsArticle&ID=2230468
[2]p型の単結晶Si太陽電池セルで変換効率を22.61%に更新、中国トリナ(日経テクノロジーonline)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/122005550/

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 中国メーカー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。