【現在位置】トップページ > 中国メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2017年04月22日

Jinko・JA・Canadian・Yingliの2016年業績は、全体として通期では大きく伸びるも、4Qの減速感が目立つ

今回は、世界的な大手モジュールメーカーである

  • JinkoSolar
  • JA Solar
  • Canadian Solar
  • Yingli Solar
2016年4Q(10〜12月)と通期の業績発表が、ようやく出揃った[1]〜[4]ので、それらの中から、主な数字や状況を抜き出してみました。


<2016年4Qと通期の業績>

※カッコ内は前年同期比、「ドル」は米ドル。
※数値の四捨五入や、一部の数値は、当ブログ管理人が計算。
※企業の掲載順は、プレスリリースの発表順。

モジュール出荷量 売上高 粗利益率
4Q通期 4Q通期 4Q通期
Jinko 1733MW
(1.3%)
6656MW
(47.5%)
7.4億ドル
(13.7%)
31億ドル
(38.5%)
14.3%
(4.7ポイント)
18.1%
(0.9p)
JA 1353MW
(4.3%)
※外部向けのみ
4606MW
(25.4%)
※左に同じ
5.7億ドル
(13.1%)
23億ドル
(21%)
12.9%
(4.2p)
14.6%
(2.4p)
Canadian 1581MW
(13%)
5232MW
(11%)
6.7億ドル
(40%)
29億ドル
(18%)
7.3%
(10.6p)
14.6%
(2p)
Yingli 635MW
(26%)
※自社向け含む
2170MW
(11%)
※左に同じ
2.9億ドル
(3%)
12億ドル
(16%)
7.0%
(4.8p)
13.8%
(1.9p)

<背景、今後の見通し>

JinkoSolar
  • 中国は、JinkoSolar社にとって最大市場であり続けている。
    2017年の前半は、同6月のFITカットを前に、駆け込み需要が続くとみられる。
    いっぽう後半は、需要が和らぐ可能性がある。
  • 米国では、4Qは平均販売価格(ASP)が鋭く低下した。
    しかし2017年に入ってからは、安定し始めている。
JA Solar
  • 4Qの市場は全体として、挑戦的な環境が続いた。
  • アジア(特に中国)の需要が強く、APAC地域が総出荷量の83%超を占めた。
  • 中国での需要は、2017年前半まで堅調だが、後半減速すると予想。
Canadian Solar
  • 4Qの粗利益率の低下は、前年度の売上に関わる相殺関税・反ダンピング関税(AD/CVD)による。
    (※この費用が無ければ13.9%)
  • 4Qのモジュール出荷量の地域別割合では、米州向け(20%)が前年同期から30ポイント以上低下
    代わりにアジア向け(63%)が20ポイント増、欧州など向け(17%)が10ポイント増。
  • 4QのモジュールのASPは、前年同期から低下した。
Yingli Solar
  • 4Qは中国・日本で需要が伸び(特に中国)、モジュール出荷量は3Qから74%増えた。
    4Qの出荷量に占めた割合は、
    • 中国向け:約75
    • 日本向け:約20
    これら2市場は、2017年も2大重要市場であり続けると予想する。
  • ただし4Qの自社のASPは、世界的・全体的な販売価格の低下に伴い低下した。
  • 通期の出荷量の減少は、タイトなキャッシュフロー(2015年半ば〜)による、工場稼働率の低下による。


当ブログでモジュールメーカーの業績発表をちょくちょく見るのは、それを通して太陽電池モジュール市場の現状(地域別の需要や、販売価格の変化など)を知ろう、という狙いがありますが、中国大手を中心とする今回の4社の業績も、なかなか興味深い内容です。


まずモジュール出荷量は、工場稼働率が低下しているYingliを除いて、2016年通期は(前年から)大きく増加。

ただし、伸び率を4Qと通期で比べると、Canadian Solarはほぼ同じですが、JinkoとJAは差が非常に大きくなっています。(4Qの伸び率が低い)

売上高の増減を見ても、Yingliを除く3社で、4Qは(通期と対照的に)減速感が目立つ状況。

粗利益率に至っては、Canadian Solarの特殊な状況(AD/CVDの負担)を差し引いても、4社とも4Qは(通期よりも)明らかに悪くなっており、モジュールの価格低下を背景に、直近ほど厳しい事業環境となっていることが想像されます。


業績の背景に目を向けると、4Qはアジア(特に中国)向けの販売が好調だったことが、4社とも共通しています。

ただ、中国国内向けの販売価格が(他の地域より)低いことは、過去の業績発表の中でもたびたび言及されていました。

そのため、その中国向けの販売量が伸びたことが、4Qの売上高の伸びの減速・粗利益率の低下につながったと考えられます。


もっともその中国需要についても、好調なのは今年(2017年)の前半まで、との予想。

そのため、中国以外の地域で販売を伸ばせるか否かが、これら4社の2017年業績を大きく左右すると思われます。

ただし米国の重要市場の一部カテゴリ(分散型)において、中国製モジュール(そして中国メーカー)が、品質とサポートの点から信頼を失った事例があり[5]、本社がカナダのCanadian Solarは少し別としても、中国メーカーが中国以外の市場で確固たる地位を築いていくのは、そう簡単では無いように思われます。

特にYingli社は、つい最近(今年2月)にも、資本の不足によってニューヨーク証券取引所から警告を受けており[6]、経営の安定化が、引き続き大きな課題となりそうです。


最後に、モジュール出荷量で世界首位を争う筈のTrina Solar社については、4月に入っても一向に2016年業績が発表されず、何事かと思っていましたが・・・

3月の発表[7]によると、「Fortune Solar Holdings Limited」の子会社「Red Viburnum Company Limited」との合併を完了し、これに伴い上場は廃止し、Fortune Solar Holdingsの子会社となったとのことで、これが関係しているものと思われます。(法律上の扱い等、正確な事情は判りませんが)

ともかく、太陽電池モジュール販売で世界トップクラスのTrina Solar社でさえ、買収の対象となってしまうところには、現在の太陽電子モジュール市場の環境の不安定さを、極めて強く感じざるを得ません。


※参照資料:
[1]JinkoSolar Announces Fourth Quarter and Full Year 2016 Financial Results(JinkoSolar社、2017/2/27発表)
http://jinkosolar.com/press_detail_1284.html
[2]JA Solar Announces Fourth Quarter and Fiscal Year 2016 Results(JA Solar社、2017/3/16発表)
http://investors.jasolar.com/phoenix.zhtml?c=208005&p=irol-newsArticle&ID=2254666
[3]Canadian Solar Reports Fourth Quarter and Full Year 2016 Results(Canadian Solar社、2017/3/21発表)
http://investors.canadiansolar.com/phoenix.zhtml?c=196781&p=irol-newsArticle&ID=2255424
[4]Yingli Green Energy Reports Fourth Quarter and Full Year 2016 Results(Yingli Solar社、2017/4/13発表)
http://ir.yinglisolar.com/phoenix.zhtml?c=213018&p=irol-newsArticle&ID=2261811
[5]米加州の太陽光パネルシェア、分散型では「米国製」が2強(日経テクノロジーオンライン、2017/4/10付)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/286991/040600045/
[6]Yingli Green Energy Receives Notice from NYSE of Falling Below Continued Listing Standards(Yingli Solar社、2017/2/15発表)
http://ir.yinglisolar.com/phoenix.zhtml?c=213018&p=irol-newsArticle&ID=2246431
[7]Trina Solar Limited Announces Completion of Going-Private Transaction(Trina Solar社、2017/3/13発表)
http://ir.trinasolar.com/phoenix.zhtml?c=206405&p=irol-newsArticle&ID=2253566

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 中国メーカー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。