【現在位置】トップページ > 市場・業界の動向:国内 > 当記事

(スポンサード リンク)

2017年05月23日

シャープ・京セラ・パナの2017年度通期の太陽電池事業は、減収減益が目立つが利益改善の兆しも

シャープ・京セラ・パナソニックが2017年4月末〜5月にかけて、2016年度通期2016/4-2017/3)の業績を発表していました[1]〜[5]。

その中から、太陽電池・太陽光発電に関係する数字や状況を抜き出してみました。(※一部数値の計算や四捨五入は、当ブログ管理人による)


<シャープ>

  • 「エネルギーソリューション」セグメントの業績:        
    2017年度4Q(2017/1-3)2017年度通期
    売上高 302億円(前年同期比30.5%) 1036億円(前期比33.9%)
    セグメント利益149億円(前年同期は107億円の赤字)22億円(前期は184億円の赤字)
  • 太陽電池関連の状況
    • 日本国内での住宅用・産業用太陽電池の需要低迷により、売上高は減少した。
    • ただし
      ・原材料価格の見直し
      ・コストダウン
      等により、利益は大幅に改善し、通期で黒字となった。

<パナソニック>

  • 「エコソリューションズ」セグメントの業績
    2017年度通期
    売上高1兆5457億円(前期比3%)
    営業利益625億円(18%)
  • 太陽電池関連の状況
    • 国内住宅用太陽光発電システム市場は縮小し、販売減。
      またそれが、セグメントの利益減少にも繋がっている。

<京セラ>

  • 「ファインセラミック応用品関連事業」セグメントの業績
    2017年度通期
    売上高約2252億円(前期比9.0%)
    セグメント利益約156億円(同4.6%)
  • 太陽電池関連の状況
    • 「ソーラーエネルギー事業」の売上は、
      世界的な製品価格の下落
      日本国内での、固定買取価格の引き下げ
      により減少した。
    • 2017年度からは、事業セグメント区分の変更により、太陽光発電システム関連製品は「生活・環境」セグメントに入る。


つい最近にはドイツの老舗・SolarWolrdが経営破綻を発表していましたが、日本の大手メーカーの2016年度も、製品価格の下落が続く中で、やはり厳しい販売状況は通期に渡って変わらなかったことが伺えます。

しかし今回は、シャープが通期の赤字も帳消しにするほど、4Qに一気に利益を回復。

同社は1Qには、ポリシリコンの長期契約の見直しに伴い追加評価引当金44億円を損失に計上していましたが、今になってみると、それだけの価値は十二分にあったようです。

また京セラは、今回こそ利益を減らしたものの、太陽電池パネルの製造拠点の再編を行ったことで、次(2017年度)の黒字化を見込んでいるとのこと[6]。

中国などの大手メーカーで2016年4Qの利益の減少が目立つ一方で、苦戦している筈の日本メーカーに利益改善の傾向が出ていることは、非常に意外であり興味深い動きです。

[5]によると、2016年度の太陽電池パネルの出荷量は

  • 京セラ:110万kW(前期比約8%減)
  • シャープ:70万kW(同約30%減)
と、やはり前年度から減少していますが、例えパネルの販売量は減らしても、利益率を高めていくことができれば、日本メーカーが生き残っていく道も見えてくるのでは・・・と考えます。

そのためにこれから、日本の各社がどのような方策を採っていくのか、現在は極めて重要な時期なのかもしれません。


※参照資料:
[1]平成29年3月期 決算短信(シャープ)
http://www.sharp.co.jp/corporate/ir/library/financial/pdf/2017/1/1703_4q_tanshin.pdf
[2]プレゼンテーション資料(ノート付き)(同上)
http://www.sharp.co.jp/corporate/ir/library/financial/pdf/2017/1/1703_4pre_nt.pdf
[3]2016年度[第110期](2016年4月1日から2017年3月31日まで) 年間決算(パナソニック)
http://www.panasonic.com/jp/corporate/ir/release.html#2016
[4]2017年3月期 通期 決算短信(京セラ)
http://www.kyocera.co.jp/ir/news/pdf/rt170501.pdf
[5]もう宴は終わったのか?太陽電池大手4社、全社販売減。FIT開始後で初(ニュースイッチ)
http://newswitch.jp/p/9086
[6]京セラの太陽光、今期は黒字化、パネル製造拠点を集約(日経テクノロジーオンライン)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/050207424/

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 市場・業界の動向:国内
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。