【現在位置】トップページ > 発電効率・コスト・グリッドパリティ > 当記事

(スポンサード リンク)

2017年06月26日

印「Sterling and Wilson」社が1177MWpの太陽光発電所のEPCとO&Mを受注、独自の設計技術などが入札額(2.42米セント/kWh)に寄与

太陽光発電のEPCなどを手がけている、インドの「Sterling and Wilson」社が2017年6月19日に、

  • アブダビにおける太陽光発電プロジェクト(1177MWp)の、ターンキーEPC(設計・調達・建設)とO&M(運営&保守)を受注した。
と発表していました[1][2]。

ここではその内容と、同社のサイト[3]から、主な情報を抜き出してみました。


<発電所について>

建設場所 アブダビ首長国のスワイハン
発電所の面積 7.8km2(砂漠地帯)
発電容量 1177MWp
19万5000世帯に電力を供給し、
CO2排出量を約700万t/年、削減できる見込み。
着工〜系統連系までの期間 23ヶ月の予定(※既に着工済み)
入札額 2.42米セント/kWh
太陽光発電で「過去最安」とのこと。
  • 設備費の低下
  • 高効率システム設計
    (プラントの出力と性能を
    • 独自の設計製品
    • 最先端のロボット技術
    により最適化)
を、実現の最大の要因としている。
共同開発者
  • 日本の丸紅
  • JinkoSolar社
  • アブダビ水電力省(ADWEA)
  • Sterling and Wilson社

<Sterling and Wilson社の事業規模>

太陽光発電のEPCへの参入 2010年[3]
太陽光発電所の実績 1400MW強
「米国・中国以外では、世界最大のEPC企業」とのこと。
3000人超の
  • エンジニア
  • プロジェクトマネジャー
  • 設計者
を擁している。
プロジェクトの実行能力
(※再エネ分野全体)
3000MW以上


丸紅とJinkoSolarにより本事業が落札されたこと自体は、3ヶ月前(今年3月)に発表されていました。

しかし、脅威の落札額(2.42米セント/kWh)を実現できた背景については、全く記述されていなかったので、EPC担当企業による今回の発表は、興味深いものです。

太陽電池モジュールの価格低下は、他の事業者もそう変わらない条件の筈なので、完成までの期間の短さも考えると、今回は機器の価格低下以外の要素(システム設計の合理性の高さ等)が、他の入札参加者に勝つ決め手になったと推測します。


[3]を見ると、Sterling and Wilson社がこれまで手がけてきた太陽光発電プロジェクトは、殆どが新興国の地域(アジア、中東、アフリカ、南米)。

また同社自体もインドの発祥であり、新興国におけるコスト低減の要望に応えるだけの、能力を培ってきたことが推測されます。

同社は、太陽光発電のEPCへの参入こそつい最近(2010年)ですが、設立は90年前(1927年[4])であり、電気関係(設計、建設など)で長く積み重ねてきた経験と実績が、太陽光発電分野での競争力にも大きく活かされているものと、想像します。


太陽電池モジュールの生産・出荷においては既に、中国メーカーが世界の上位を占めている状況ですが、Sterling and Wilsonのような企業が存在するとなると、今後は他の分野(EPC等)でも、新興国の企業がどんどん勢力を増してくる可能性があるのでは・・・と考えさせられます。


※参照資料:
[1]Sterling and Wilson scales new heights; gets awarded the world’s largest solar PV plant(Sterling and Wilson社)
http://sterlingandwilson.com/wp-content/uploads/2017/06/Sterling%20and%20Wilson%20scales%20new%20heights_%20gets%20awarded%20the%20world%E2%80%99s%20largest%20solar%20PV%20plant.pdf
[2]スターリング・アンド・ウィルソンが世界最大のソーラーPVプラントを受注し、新たな高みに到達(BusinessWire)
http://www.businesswire.com/news/home/20170622005718/ja
[3]Solar EPC Solutions(同上)
http://sterlingandwilson.com/offerings/solar-epc/
[4]Profile(同上)
http://sterlingandwilson.com/about-us/profile/

※関連記事:

(スポンサード リンク)


この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。