【現在位置】トップページ > メーカー:パナソニック > 当記事

(スポンサード リンク)

2017年09月10日

パナソニックが日本での太陽電池モジュール生産を2017年度末に終了予定、いっぽうでHITセル単体の販売を同年度内に開始

パナソニック社が2017年9月7日に、

  • ソーラー事業の競争力を高めるため、同事業の構造改革を行う。
と発表していました[1]。

改革の内容は次の通り。


HITセルの販売 2017年度内にB2B事業強化の一環として、セル単体でのデバイス販売を開始する。
(※従来の販売はモジュールのみ)
これに伴い、セルの生産体制も、世界的に最大限活用していく。
モジュールの生産体制を変更
  • 住宅用・産業用:全てを海外工場で行う
    滋賀工場での生産は、2018年3月末終了する。
  • 車載用:国内の二色の浜工場


パナ社の太陽電池事業については、今年7月の報道で、

  • モジュールの販売比率を、海外:日本=9:1にしていく。
  • 国内拠点は当面閉鎖せず、最大限活用する方法を考える。
との方針が示されていました。

そのため僅か2ヶ月後の今回、日本国内での(車載用を除く)モジュール生産の終了が、「公式」なプレスリリースとして明示されたことには驚きました。

とはいえ、モジュール価格の下落の厳しさ(数週間前に米国で35セント/W)を考えると、早期に容赦の無い判断が必要だったことも理解できます。


その一方で、HITセル単体のほうは高い需要を見込んでいるようですが、思い返すと米国ではTesla社の製品(「Solar Roof」等)向けの生産計画が立ち上げ済みであり、今後も同種の(他社の独自製品への組み込み用の)供給予定が出てくるかどうかは、強く興味を惹かれるところです。


ともかく今回の発表は、一般的な(住宅用・産業用の)太陽電池モジュールが既にコモディティ化している現実を、はっきり示すものであり、個人的には日本での生産縮小に、一抹の寂しさも感じますが、急激な変化を続ける産業・市場においては、仕方の無いことだとも思われます。


※参照資料:
[1]ソーラー事業競争力強化に向けた構造改革について(パナソニック)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/09/jn170907-4/jn170907-4.html

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | メーカー:パナソニック
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。