【現在位置】トップページ > 市場・業界の動向:欧米 > 当記事

(スポンサード リンク)

2017年09月26日

USITCが、海外製太陽電池の輸入増加が米国内の太陽電池製造産業に重大なダメージを与えている、と判断

米国の「USITC(U.S. International Trade Commission)が2017年9月22日に、

  • 海外製結晶シリコン太陽電池セル(それを組み込んだ製品含む)の輸入量増加が、米国内の同種製品または競合製品の製造産業に、重大なダメージを与えている。
と判断したことを、発表していました[1]。

この判断は、米Suniva社による申請(2017年5月17日に提出)を受けて行った調査の結果。

その主な内容を、下記に抜き出してみました。


<票決の結果>

担当する委員(全4名)の全員が、国内産業が重大なダメージを受けていると判断した。


<FTA(Free Trade Agreement)締結国に対する調査結果>

※委員会が世界的なセーフガード調査での決定を下す際は、これらの国々に関する調査結果が必要となる。

輸入先の国重大な影響あり
と判断した
委員の数
メキシコ4名
カナダ3名
韓国4名
  • 豪州
  • コロンビア
  • ヨルダン
  • コスタリカ
  • エルサルバドル
  • グアテマラ
  • ホンジュラス
  • ニカラグア
  • ドミニカ
  • パナマ
  • ペルー
  • シンガポール
0名

<今後の予定>

  • 2017年10月3日:救済措置に関する公聴会を開催する。
  • 同年11月27日:同日までに、大統領報告書を提出する。
  • ?:これを受けて、大統領が最終決定を下す。


2016年に余剰な中国メーカー製品が大量に流入したことで、米国内での太陽電池モジュール価格は

と(買い溜め需要が発生した最近は別として)著しい低下が続いていました。

このような急激すぎる価格低下は、確かに製造業に甚大なダメージを及ぼすと思われるので、その点では今回のUSITCの判断は、妥当なものと考えます。


FTAの締結国で「重大な影響あり」と判断された国のうち、カナダにはCanadian Solar社、韓国にはハンファQセルズ社と、いずれも世界的な大手メーカーがあります。

そのため今回は、中国メーカーでは無いこれらのメーカーの製品に対しても、ダンピングとの判断がなされたと推測されます。


いっぽうメキシコについては良く判りませんが、ただ思い返すと、トランプ氏が米大統領への就任前後に、自動車メーカーによるメキシコでの工場新設を強く非難していました(例えば[2])。

それだけ同国は、生産コストの低減には有利であることが伺え、そのため太陽電池についても、中国メーカー等が(私は未確認ですが)生産拠点を構えている可能性は考えられます。


ただいずれにせよ、Suniva社の陳情を受けての調査では、米国外製の結晶シリコン太陽電池全てが対象になっていました。

そのため、大統領が米国外での生産品全てを対象とする措置を決定した場合、(これまでのように)生産国を毎度ズラして制裁関税を逃れるやり方は、もう通用しなくなると考えられます。

その際に、中国メーカーが今度はどのような対策を採るのか、というのは非常に気になるところです。


そして、Suniva社がUSITCに提出していた貿易保護策では、太陽電池モジュールの最低価格が、1年め0.78ドル/W〜4年め0.68ドル/Wとされています[3]。

これは(先述の)数ヶ月前までのスポット価格の2倍前後の水準であり、もしこれがそのまま適用・実行された場合は、(製造業の保護の一方で)米国内での太陽光発電設備の新設においては、ブレーキとなることが懸念されます。

この点の折り合いを、メキシコ国境の壁への太陽電池設置構想を披露していたトランプ氏がどう判断することになるのかは、かなり興味を惹かれるところです。


※参照資料:
[1]Crystalline Silicon Photovoltaic Cells (Whether or Not Partially or Fully Assembled into Other Products)(USITC、2017/9/22)
https://www.usitc.gov/press_room/news_release/2017/er0922ll832.htm
[2]トランプ氏、トヨタに警告 「メキシコで製造なら高関税」(ロイター、2017/1/6)
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-toyota-idJPKBN14P2EV
[3]保護措置で米国が世界で最も太陽電池の高い国に!?(日経テクノロジーオンライン、2017/6/1)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/286991/052900050/?P=2

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 市場・業界の動向:欧米
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。