【現在位置】トップページ > 中国メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2017年11月30日

レネソーラ・ジャパン社が全事業を中国本社(ReneSola)に業務移管、日本事業の業務効率化のため

レネソーラ・ジャパン社が2017年11月28日に、

  • 事業の一切を、中国のReneSola本社業務移管する。
と発表していました[1]。

概要は下記の通り。


目的 日本における事業の業務効率化を図る。
移管日 2017年9月末日
その他 ReneSola社の
  • セル・モジュール
  • インゴット・ウエハー
  • ポリシリコン
の生産業務については、中国工場引き続きフル生産体制で稼動を続けている。


ReneSola社の日本法人「レネソーラ・ジャパン」については、今回の発表より1週間ほど前に、連絡が全くつかない状態になっている旨が報じられていました[2]。

今回のレネソーラ・ジャパンの発表は、その状況を受けてのものと思われますが、中国本社への業務移管日(2017/9末)は発表(2017/11/28)の2ヶ月も前のことであり、顧客に対する対応の雑さを、感じざるを得ません。


とは言え、大幅に遅れながらも、現状や方針を公式に発表したことは確かです。

かつて米カリフォルニア州では、中国メーカーの破綻により、何千枚ものモジュール(過熱・発火した)のメーカー保証がなされなかった、という事態があったとのこと[3]。

今回のReneSolaのケースについては、流石にそこまで酷い事態にはならないと思いますが、ともかくこれ以上の混乱を招かないよう、顧客に対する対応は、しっかり行ってもらいたいところです。


今回の発表(本社への全面的な業務移転)は、現在の日本市場に対する海外メーカーの見方を示す、一つの事例だと思われます。

またReneSola社について、[2]では

  • 「業績悪化で太陽電池関連の生産から撤退が報道」
  • 「IPP(独立系発電事業者)として売電事業に転換する見込み」
との状況・情報も示されており、それらの真偽は不明であるものの、(日本市場だけでない)世界市場の環境の厳しさも、伝わってくる気がします。


※参照・参考資料:
[1]業務移管に関するお知らせ(レネソーラ・ジャパン、2017/11/28)
http://jp.renesola.com/img/japan/datasheets/announcement.pdf
[2]中国・太陽光関連企業の行方は?(東京商工リサーチ、2017/11/21)
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20171121_01.html
[3]米加州の太陽光パネルシェア、分散型では「米国製」が2強(日経テクノロジーオンライン、2017/4.10)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/286991/040600045/?P=5

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 中国メーカー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。