【現在位置】トップページ > 市場・業界の動向:欧米 > 当記事

(スポンサード リンク)

2018年01月27日

トランプ米大統領が輸入太陽電池に対するセーフガード関税を承認、1年目30%から毎年5%づつ下げて4年間、また各年とも最初の2.5GWは対象外

USTR(アメリカ合衆国通商代表部)が2018年1月22日に、

  • トランプ大統領が、輸入品の
    • 住宅用大型洗濯機
    • 太陽電池セル・モジュール
    セーフガード関税を課する(USTRによる)勧告を、承認した
と発表していました[1]。

これは、ITC(貿易委員会)による知見(輸入品が米国内の製造業に重大な傷害を与えている)を受けて、USTRがTPC(貿易政策委員会)と行った協議に基づき、大統領に行った勧告が、承認されたものとのことです。

その中から、太陽電池に関する数値や情報を抜き出してみました。


<税率など>

1年目 2年目 3年目 4年目
税率 30%2520%15%
免除される分 最初の2.5GW左に同じ左に同じ左に同じ

<輸入太陽電池を巡る動向・経緯>

  • かつて米国の国内産業は、中国から輸入する太陽電池に対し、40%の関税を課することに成功した。
  • しかし中国は、生産能力を維持しつつ生産地を他国に移し、米国による上記の措置を回避した。
  • 中国は今日、世界的なサプライチェーンを支配している。
    また、2017年上半期に発表された、全世界の生産能力拡大計画のうち、中国は70を占めている。


輸入太陽電池に対する制裁措置については、米SEIA(太陽エネルギー産業協会)が太陽光発電設備の設置業者などへのダメージを懸念し、昨年(2017年)12月に大統領に反対意見を提出していました[3]。

しかし結局、それは通らなかったようです。

ただし他方で、米Suniva社が提案していた救済措置案[4](セル・モジュールの最低価格を設定する)も、今回の発表には全く無く、こちらも受け入れられなかったものと思われます。


それはともかくとして、今回の発表では

  • 課税の開始月日
    (「1年目」が具体的にどの期間になるのか?)
  • 対象となる太陽電池セル・モジュールの種類
    (結晶シリコン型のみなのか、それともまさか化合物型モジュールも含むのか?)
  • 課税対象の生産国
    (中国メーカーだけでなく、米国以外の全ての国が対象地域なのか?)
といった点が見当たりません。

今回の発表の文面をそのまま受け取ると、(別に中国メーカー限定とは書かれていないので)例えば日本メーカー製の太陽電池製品もセーフガード関税の対象となってしまうので、実際のところどうなるのかが非常に気になるところです。

その点では、Suniva社の提案のように、最低価格を設定したほうが合理的だったような気もしますが・・・


また今回の発表では、課税から除外される量(Cells Exempted from Tarif)も示されていますが、これは実際にどのように適用されるのでしょうか。

まさか先着順となれば、各メーカーが我先にとなり、米国への出荷が短期間に殺到する事態になることも考えられますが、そのような事態を招かないようにどう運用していくのか、というのも気になるところです。


最後に、米国の太陽光発電導入量は、2016年は[5]で約13GW・[6]で14.7GWと示されています。

これが今後も同等の規模で続くと仮定すると、今回発表された課税対象外の量(毎年2.5GW)は、約1/6〜1/5に相当します。

この設定が、米国内の太陽光発電産業にどのように影響するのか、というのは判りませんが、もしかしたらSEIAの意見(国内産業へのマイナス影響)に対する幾分かの考慮なのでは、とも想像します。


※参照・参考資料:
[1]President Trump Approves Relief for U.S. Washing Machine and Solar Cell Manufacturers(USTR、2018/1/22)
https://ustr.gov/about-us/policy-offices/press-office/press-releases/2018/january/president-trump-approves-relief-us
[2]アメリカ合衆国通商代表部(ウィキペディア)
[3]トランプ大統領に「最後の要請」、米SEIAが太陽電池・関税問題で(日経テクノロジーオンライン、2017/12/25)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/286991/122100070/
[4]保護措置で米国が世界で最も太陽電池の高い国に!?(同上、2017/6/1)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/286991/052900050/
[5]太陽光発電システム2016年世界導入量は75GW、 2017年も同水準の市場規模との見通しを発表
(「DREAM NEWS」掲載の、株式会社資源総合システムによるプレスリリース、2017/1/20)
http://www.dreamnews.jp/press/0000146047/
[6]世界の太陽光発電業界はどうなってる? 2016年国別導入量ランキング
(IEAのレポート内容を紹介する「ソーラーパートナーズ」の記事、2017/5/11)
https://www.solar-partners.jp/pv-eco-informations-53753.html

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 市場・業界の動向:欧米
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。