【現在位置】トップページ > 他の海外メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2018年07月01日

SunPower社が住宅用の新モジュールを発表、出力370Wの「X-Series」と、革新的なセル構造の「P-19」

もう2週間近く前になりますが、SunPower社が2018年6月18日に、「Intersolar Europe 2018」(ドイツで6/20-22に開催)での出展予定を発表していました[1]。

その中から、住宅用太陽電池モジュールの新製品に関する情報をまとめてみました。


<370Wの「X-Series」>

特徴
  • 出力を大幅アップ
    同じ屋根面積の場合、従来型のモジュールに比べて、25年以上にわたり、60%以上多い電力をもたらす。
    「X-Series」15枚で、従来型22枚と同等のエネルギーが得られる。
    (つまり同じ出力の場合、モジュールの枚数が少なく済む)
  • 高い耐久性
    第3世代の「Maxeon」セルは、堅固な金属基盤上に構築されており、腐食や割れを防止する。
    これが、25年の出力保証+製品保証を可能にしている。
出力 370W
変換効率 22.7%
想定市場 欧州など、高品質で実証済みの技術を期待する成熟市場

<「P-19」シリーズ>

特徴
  • 革新的なセル技術
    「P」シリーズ(変換効率17%)と同じセル技術を使用。
    同じ設置スペースの場合、従来型のモジュールに比べて、25年以上に渡り、最大で32%多いエネルギーをもたらす。
  • 低コスト
    自社の「E-Series」「X-Series」よりも、コストが低い。
    (※25年の出力保証+製品保証は付く)
セルの種類 PERC単結晶型
変換効率 19%
想定市場 今年(2018年)は
  • EMEA
  • APACの一部
で、住宅用ソリューションへの適用を拡大している。
(※APAC市場の一部では、商業用で既に使用されている)


モジュール1枚あたりの出力としては、同じ欧州イベントで公開されたCanadian Solar社の「HiKu」モジュールが、390W〜405Wとされており、今回の新「X-Series」モジュール(370W)を上回っています。

ただし、「HiKu」は大規模発電事業用の製品であり、モジュールのサイズ(縦×横)は約2×1m。

いっぽう新「X-Series」モジュールは、正式なサイズは不明ですが、同シリーズの既存製品(出力345W)が約1.6×1m[2]。

新製品もこれと同等とすれば、「HiKu」モジュールの約8割の面積で、出力の差は(多く見ても)10%未満であり、やはり高性能製品であることが伺えます。


「P-19」シリーズの革新的なセル技術については、発表[1]には「shingle」とあるのみですが、「Pシリーズ」の紹介ページ[3]では、ずばり解説されています。

具体的には、短冊状セルを特殊技術で貼り合わせ(これにより半田付けリボンが不要化)、長い帯状にしたものを、並行に複数本並べるというものであり、想像以上にユニークな方式でした。

これは、セルの帯の太さや数こそ全く異なりますが、化合物型のCISモジュール[4]に似ており、それによるメリットの一つ(部分的な影に強い)も共通しています。

既に成熟しているイメージが強い結晶シリコン型モジュールに、このように極めてユニークな(しかも他の種類の太陽電池に似ている)形式が現れていることは、非常に興味深く感じます。


※参照・参考資料:
[1]SunPower Introduces its Record-Breaking Efficiency Solar Panel for Residential Customers During Intersolar Europe 2018(SunPower社、2018/6/18)
http://newsroom.sunpower.com/2018-06-18-SunPower-Introduces-its-Record-Breaking-Efficiency-Solar-Panel-for-Residential-Customers-During-Intersolar-Europe-2018
[2]Xシリーズ(同上)
http://www.sunpowercorp.jp/products/x-series-solar-panels/
[3]Pシリーズ(同上)
http://www.sunpowercorp.jp/products/p-series-solar-panels/
[4]「実発電量」が高いCIS太陽電池(ソーラーフロンティア社)
http://www.solar-frontier.com/jpn/residential/features/cis/index.html

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 他の海外メーカー
この記事へのコメント