【現在位置】トップページ > メーカー:ソーラーフロンティア > 当記事

(スポンサード リンク)

2018年07月16日

ソーラーフロンティア社が、初期費用実質ゼロの住宅用設置モデル「ソーラーエネカリ」でTEPCOホームテック社と協働開始、CISモジュールの拡販に期待

ソーラーフロンティア社と「TEPCOホームテック」社が2018年7月9日に、

  • 初期費用が実質ゼロの太陽光発電システム設置モデル「ソーラーエネカリ」の販売で、協働を開始した。
と発表していました[1][2]。

今回は、その概要をまとめてみました。


「ソーラーエネカリ」の仕組み・メリット
  • このサービスでは、太陽光発電による発電電力の自家消費により、住宅オーナーの電気料金を削減する。
    そして住宅オーナーは、その削減分を用いて、ソーラーエネカリの利用料を(電気料金と一緒に、TEPCOホームテックに)支払う。
  • これにより住宅オーナーは、初期費用が実質ゼロで、太陽光発電の搭載が可能となる。
    またその太陽光発電設備は、ソーラーエネカリの利用契約の満了時点(※10年程度を想定)で、住宅オーナーに原則無償で譲渡される。
  • 一方でハウスメーカーやパワービルダーは、太陽光発電の設置費用を、住宅ローンの計算枠から切り離せる。(金利負担の軽減にも繋がる)
    また、付加価値を(太陽光発電の設置により)高めた住宅として、顧客に提案可能になる。
協働の背景・目的
  • TEPCOホームテック社では「ソーラーエネカリ」を、太陽光発電+省エネ機器の戦略商品として位置づけている。
    今回は具体的な商品ラインナップとして、ソーラーフロンティア社からCIS太陽電池モジュールを調達する。
  • ソーラーフロンティア社は現在、国内住宅市場に注力しており、FITの買取単価が下がる中で、住宅オーナーへの自家消費提案を強化している。
    東京電力グループであるTEPCOホームテックとの今回の協働は、CISモジュールの販売拡大に繋がると見込んでいる。
CISモジュールの供給開始時期 2018年7月


ソーラーフロンティア社は、昨年(2017年)11月の事業再編の発表で、国内市場に一層注力する方針を鮮明にしており、今回のTEPCOホームテック社との協働も、その具体的な取組みの一つと思われます。

また、ソーラーフロンティア社が進めてきたCISモジュールの製造コスト削減が、初期費用実質ゼロをうたう「ソーラーエネカリ」での協働実現につながったものと推測します。


国内での住宅向けモジュール出荷量は、2018年1-3月が前年同期比18%減と、(残念ながら)市場の縮小が際立っています。

それだけに、大手電力会社のグループ企業による新サービスである「ソーラーエネカリ」は、メーカーにとって貴重な供給先であり、またモジュール需要の喚起手段としても期待されているものと想像します。


ただ、個人的にこの手のサービスで気になるのは、やはり収支の辻褄です。

まず、経済産業省の「調達価格等算定委員会」の資料([5]の4p)では、新築住宅における太陽光発電(※2017年1月以降に設置完了)のシステム費用は、平均約35万円/kWとなっています。

いっぽう「ソーラーエネカリ」では、太陽光発電設備の無償引渡しまでの期間が10年程度ですが、ソーラーフロンティア社が産業用で(今年3月に)開始した同種のサービスでは、契約期間が17年でした。

それだけに、「ソーラーエネカリ」における設置費用が、仮に(平均より低めの)30万円/kWとしても、自家消費による電気料金の削減分のみで、本当に10年で賄えるものなのか、というのは気になるところです。


もうひとつ、今回の発表では「余剰電力の売電」に全く言及されていないのが、かなり意外でした。

この点は、TEPCOホームテックが東京電力グループということで、太陽光発電の電力は(電力網に流すより)自家消費を促進したい、という電力会社の意思が、伺える気がします。

もっとも完全な自家消費の実現には、蓄電設備の利用も必須となる筈なので、TEPCOホームテック社が今後そのあたりをどう展開していくのか、というのも興味を惹かれるところです。


※参照・参考資料:
[1]ソーラーフロンティア、TEPCOホームテックの実質初期費用0円の太陽光発電システム設置モデル:「ソーラーエネカリ」に納入開始(ソーラーフロンティア社、2018/7/9)
http://www.solar-frontier.com/jpn/news/2018/0709_press.html
[2]ソーラーエネカリ、協働開始!(TEPCOホームテック社、2018/7/9)
https://www.tepco-ht.co.jp/blog/2018/07/%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%80%81%e5%8d%94%e5%83%8d%e9%96%8b%e5%a7%8b%ef%bc%81/
[3]ソーラーエネカリ始動!(同上、2018/6/12)
https://www.tepco-ht.co.jp/blog/2018/06/%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%82%ab%e3%83%aa%e5%a7%8b%e5%8b%95%ef%bc%81/
[4]エネカリサービスに関して(同上)
https://www.tepco-ht.co.jp/enekari/imgs/enekari.pdf
(※https://www.tepco-ht.co.jp/enekari/内。)
[5]調達価格等算定委員会(第36回) 資料2 平成30年度以降の調達価格等に関する意見(案)(経済産業省、2018/2/7)
http://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/pdf/036_02_00.pdf
(※http://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/036_haifu.html内。)

※関連記事:

(スポンサード リンク)


この記事へのコメント