【現在位置】トップページ > 海外のメガソーラー > 当記事

(スポンサード リンク)

2018年08月29日

JinkoSolar社がベトナム「Dau Tieng solar plant」プロジェクトの第2フェーズ(420MW)向けに、太陽電池モジュール240MWを供給予定

JinkoSolar社が2018年8月24日に、

  • ベトナムの大規模太陽光発電プロジェクト向けに、太陽電池モジュールの供給契約を結んだ。
と発表していました[1]。

その中から、同プロジェクトに関する情報をまとめてみました。


発電所の名前 Dau Tieng solar plant
太陽電池モジュールの供給量 JinkoSolar社は240MWを供給する。
(※これは、プロジェクトの第2フェイズ(420MW)に含まれる)
建設場所 ベトナム南西部のTay Ninh州
開発企業 下記の2社。
  • ベトナムの「Xuan Cau Co Ltd」
  • タイの「B.Grimm Power Public Co Ltd.」
EPC 「POWERCHINA Huadong Engineering Corporation Limited」が担当。
※同社が、今回のモジュール供給契約の相手。
※同社が開発してきたプロジェクトは、「Belt and Road(一帯一路)」ルートに沿った電力不足の国々に多数ある。


本プロジェクトの全体のモジュール設置量は不明ですが、第2フェイズだけでも420MWという規模に驚かされます。

また、事業者の1社・B.Grimmは今月に、ベトナムでの他のプロジェクト「Phu Yen Solar Power Plant」(257MW)の調印を行っていました[2]。

中東中南米に続き、東南アジア地域でも、大規模太陽光発電プロジェクトが活発化しつつあるのかもしれません。


ただ東南アジアは、(中東・中米と異なり)湿度の高い熱帯地域が多い筈なので、大規模プロジェクトの開発に向く土地が果たしてどの程度有るのか、というのは気になるところです。

くれぐれも、太陽光発電所建設のために森林を大規模伐採するような愚は、避けて欲しいものです。


※参照・参考資料:
[1]JinkoSolar Signs Solar Module Supply Agreement for the Development of Southeast Asia's Largest Solar Power Project(JinkoSolar社、2018/8/24)
http://ir.jinkosolar.com/news-releases/news-release-details/jinkosolar-signs-solar-module-supply-agreement-development
[2]Signing Ceremony between B.Grimm Power and TTVN Group for the Development of 257 MW Phu Yen Solar Power Plant(B.Grimm社、2018/8/16)
https://www.bgrimmpower.com/en/update/news/159/signing-ceremony-between-bgrimm-power-and-ttvn-group-for-the-development-of-257-mw-phu-yen-solar-power-plant
[3]タイニン省(ウィキペディア)
[4]D?u Ti?ng District(Wikipedia)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 海外のメガソーラー
この記事へのコメント