【現在位置】トップページ > 国内の電力買取制度 > 当記事

(スポンサード リンク)

2019年03月29日

経産省が2019年度の太陽光発電の電力買取価格を発表、ここで過去11年度分の買取価格を表にまとめてみた

経済産業省が2019年3月22日に、

  • FIT制度における2019年度以降の買取価格など
を発表していました[1]。

今回は、その中から太陽光発電の買取価格(1kWhあたり)について、過去の価格(FIT以前の余剰電力買取制度も含む)と合わせて一覧表にしてみました。

※過去の数値は、当ブログの過去記事を参照しています。
そのため、数値の漏れや記述の曖昧さ(特にW発電のあたり)があり、また記録していた情報に誤りが残っている可能性もあります。
しかし、買取価格の推移や条件の変化を眺めるには、概ね問題ないものと考え、上記の点を承知の上で表を掲載します。


FIT以前(余剰電力のみ)
年度 住宅 非住宅
2009 太陽光のみ W発電 太陽光のみ W発電
48円 39円 24円 20円
2010 48円 39円 24円 20円
2011 42円 不明 40円 不明
FIT以後(住宅は余剰、非住宅は全量)
年度 住宅用(10kW未満) 事業用
(10kW以上、税別)
2012 42円 42円
2013 38円 36円
2014 37円 32円
2015 出力制御対応機器
の設置義務あり
設置義務なし 29円(接続契約締結が4〜6月)
・27円(同7月以降)
35円 33円
2016 太陽光のみ W発電 太陽光のみ W発電 24円
33円 27円 31円 25円
2017 30円 27円 28円 25円 10kW以上
2000kW未満
2000kW以上
21円 入札で決定
2018 28円 27円 26円 25円 18円 入札で決定
2019 26円 24円 10kW以上
500kW未満
500kW以上
14円 入札で決定


経産省の古いプレスリリースは削除されているので、当ブログの過去記事からデータをかき集めて表を作成しました。

条件の追加や変化(出力制御対応機器や入札制)も入れたため、煩雑な表になってしまいましたが、そのことも含めて、こうして日本の電力買取制度の(11年ぶんの)推移を眺めると、感慨が湧いてきます。


ちょっと面白いと思ったのは、FIT開始の前年度(2011年度)に、「非住宅」の買取価格が大きく引き上げられていたことです。

この発表は2011年の2月であり、東日本大震災(3月発生)の前ですが、太陽光発電の普及を進めようという機運が、既に高まっていたことが伺えます。


そして2012年度にはFIT制度の開始ですが、40円を超える買取価格は、今となっては遥か昔のようにも感じられます。

今回発表された2019年度においては、事業用は住宅用の約1/2と、この点は奇しくも10年前と同様です。

しかし買取価格じたいは、住宅・非住宅とも10年前の半額近くまで下がっており、この10年間における初期投資額(太陽電池モジュールの価格など)の劇的な下がり具合が偲ばれます。


※参照・参考資料:
[1]FIT制度における2019年度以降の買取価格・賦課金単価等を決定しました(経済産業省、2019/3/2)
https://www.meti.go.jp/press/2018/03/20190322007/20190322007.html

※参照した過去記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 国内の電力買取制度
この記事へのコメント