【現在位置】トップページ > 他の国内メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2019年05月27日

エクソル社が単結晶モジュールの新製品3種(最大325W)を発表、12本のバスバー・PERC構造・フレーム角の水切り加工を採用

XSOL(エクソル)社が2019年5月9日に、

  • シリコン単結晶型太陽電池モジュールの新製品3(260〜325W)
を発表していました[1][2]。

製品の概要は次の通り。


<特徴>

  • マルチバスバー技術
    エクソルブランドでは初。
    セル1枚のバスバー本数を12にしている。
    これにより、下記の点が向上した。
    • 公称最大出力(同サイズの自社従来製品から5%アップ)
    • 耐久性(バスバー断線の影響を低減)
    • 意匠性(バスバーが細くなったことによる)
  • 水切り加工
    フレームの角に切欠きを施した。
    これにより、通常はフレーム済みにたまりやすい汚れを、雨水とともに流れ落ちやすくしている。
  • PERC構造
    セルの裏面にPERC構造を用い、光エネルギーを効率的に電気エネルギーに変換する。

<主な仕様>

品番XLM60-325XXLM50-270XXLM48-260X
公称最大出力325W270W260W
モジュール変換効率20.0%19.9%19.8%
サイズ1640×992×35mm1640×826×35mm1324×992×35mm
フレーム色ブラック
希望小売価格19万5000円16万2000円15万6000円
その他新システム
ジャストコンパクト
の標準モデル。


3つの特徴のうち水切り加工とPERC構造については、既存製品[3]の中にも採用しているものがありますが、12本ものバスバーは今回が初です。

12本バスバーのモジュールと言えば、約1年前にYingli Green Energy社が発表しており、そして同社はエクソル社のモジュール調達先の一つになっています[3]。

しかしエクソル社は現在、(Yingli社を含め)国内外複数のメーカーの太陽電池モジュールを取り扱っています[3]が、今回の新製品3種は、それらではなく自社ブランドのものです。

そのため、今回の新製品とYingli社の関係は不明です。


思い返すと約7年前には、当時主流となっていた3本バスバーについて京セラ社が特許を取得し、オリジナルの技術であることをアピールしていましたが、それももはや隔世の感があります。

日本の太陽光発電市場がかつての勢いを失い、国内メーカーの研究開発の停滞も指摘されている[4]現状ですが、その中で、よりユーザーに近い立場の(設備の導入・設置やアフターサービス等を手がける)企業から、今回のように先進的な製品がリリースされているのは、興味深いことです。


※参照・参考資料:
[1]高出力単結晶太陽電池モジュール3種の販売を開始 マルチバスバー技術、水切り加工を採用(XSOL社、2019/5/9)
https://www.xsol.co.jp/news/2019/05/20923/
[2]PDFのプレスリリース(同上、上記ページ内にリンクあり)
https://www.xsol.co.jp/wp-content/uploads/2019/05/20190509_XLM_MBB_PRESSRELEASE_2.pdf
[3]製品ラインアップ(XSOL社)
https://www.xsol.co.jp/product/lineup/
[4]土俵際の国内太陽電池メーカー、起死回生託す“最後のとりで(ニュースイッチ、2019/4/5)
https://newswitch.jp/p/17139

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 他の国内メーカー
この記事へのコメント