【現在位置】トップページ > 海外のメガソーラー > 当記事

(スポンサード リンク)

2019年06月08日

シャープ社がベトナム・クアンガイ省でメガソーラーを完成、建設した太陽光発電所は計4ヶ所・計約195MWdc

シャープ社が2019年6月5日に、

  • ベトナムクアンガイ省で、約49MWのメガソーラーを完成した。
と発表していました[1]。

発電所の概要は次の通り。


出力(モジュール容量) 49MWdc
発電電力量(予測) 約7万3143MWh/年
建設
  • タイ国の「Sermsang Power」(SSP)社
  • SSP社傘下の「Truong Than Quang Ngai Power And High Technology Joint Stock」社
等との共同。
運転開始日 2019/5/27

また、シャープ社がベトナム国内に建設した太陽光発電所(※これまで3ヶ所(計約146MWdc)が運転開始済み)は、今回で計約195MWdcになったとのことです。



シャープ社の太陽電池事業の状況に関しては、最新の業績発表(2018年度)の資料においても、「太陽電池」「太陽光発電」の文言は全く見当たらず、「エネルギーソリューションのEPC事業が大きく伸張」([3]の8枚目)とあるのみでした。

同社がベトナムで完成した太陽光発電所建設は、今回でもう4ヶ所め(しかもいずれも数十MW規模)であり、確かに海外でのEPC事業は健闘している印象を受けます。

日本の太陽電池メーカーが、海外メーカーとの競争で極めて厳しい状況にある(例えば[4])中で、シャープのEPC事業は、貴重な光という気がします。


ベトナム政府は、太陽光発電の施設容量の目標を、2030年までに1万2000MWとしている[1]とのこと。

シャープ社が建設した太陽光発電所(計約195MW)は、まだその2%にも満たないので、同社がベトナムで今後どこまで新しいメガソーラー建設に携わることができるのか、注目したいところです。


※参照・参考資料:
[1]ベトナムのクアンガイ省に太陽光発電所(メガソーラー)を建設(シャープ社、2019/6/5)
https://corporate.jp.sharp/corporate/news/190605-a.html
[2]クアンガイ省(ウィキペディア)
[3]2019年3月期 決算 プレゼンテーション資料(ノート付き)(シャープ社、2019/5/9)
https://corporate.jp.sharp/corporate/ir/library/financial/pdf/2019/1/1903_4pre_nt.pdf
(※「https://corporate.jp.sharp/corporate/ir/library/financial/」内。)
[4]土俵際の国内太陽電池メーカー、起死回生託す“最後のとりで”(ニュースイッチ、2019/4/5)
https://newswitch.jp/p/17139

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 海外のメガソーラー
この記事へのコメント