【現在位置】トップページ > 中国メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2019年11月25日

JA Solar社が北海道・標津海岸でのメガソーラー+蓄電池プロジェクトに、32MWのPERC単結晶モジュールを供給、厳しい環境に耐え得る製品

JA Solar社が2019年11月11日に、

  • 北海道でのメガソーラー+蓄電池プロジェクトに、32MWPERC太陽電池モジュールを供給した。
と発表していました[1]。

プロジェクトの概要は次の通り。


設置場所 北海道・標津町の海岸
※寒くて風が強く、極端な気象条件である。
太陽電池モジュール PERC単結晶型
  • セ氏-40〜+85度の温度範囲
  • 強い風圧、低温と積雪
等の環境下でも安定した高出力を維持でき、また耐塩性・耐アルカリ性に優れる。
発電電力量の想定値 30GWh/年
蓄電池の容量 10445kWh
※これにより自己調整を行うことで、ピーク時とオフピーク時の両方において、発電所の安定稼動を可能にする。
また、地域の需要に基づくインテリジェント制御システムにより、出力を調整してエネルギー消費を改善し、投資収益を最大化できる。
現在の状況 系統連系は既に済んでいる


「しべつ」と読む北海道の地名は、他に「士別市」がありますが、そちらは海に面していないので、「coastal Shibetsu」にあたるのは標津町のほうだと判断しました。

個人的に中国のモジュールメーカーについては、これまでのところは赤道付近の新興国向けの供給が盛ん、というイメージが強いです。

そのため、全く環境が異なる北国での大規模プロジェクトで、実際にどれだけ安定稼動できるのか、というのは非常に気になるところです。

またその点で確かに、今回のケースはJA Solar社にとって「important milestone」なのだと思われます。


※参照・参考資料:
[1]JA Solar Supplies High-efficiency PERC Modules for a 32MW Solar-Plus-Storage Project in Hokkaido(JA Solar社、2019/11/11)
http://www.jasolar.com/index.php?m=content&c=index&a=show&catid=55&id=56
[2]標津町(ウィキペディア)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 中国メーカー
この記事へのコメント