【現在位置】トップページ > 市場・業界の動向:アジア > 当記事

(スポンサード リンク)

2020年04月16日

2020年通期のJinkoSolar社のモジュール出荷量は14.3GW(前期比25.6%増)、Canadian Solar社は8.6GW(同2GW増)

今回は、

  • JinkoSolar
  • Canadian Solar
2020年通期業績[1][2]から、太陽電池モジュールの出荷量をまとめてみました。


2020年4Q
(2020/10-12)
2020年通期
JinkoSolar 4538MW
(前年同期比25.4%増)
14.3GW
(前期比25.6%増)
Canadian Solar 2474MW 8.6GW
(前期は6.6GW)


JinkoSolar社のモジュール出荷量は2017年通期に約9.8GWに到達し、翌2018年通期には11.4GWと明確に10GW/年を突破。

そして今回(2019年通期)は14.3GWと、旺盛な伸びを継続していることに驚かされます。

またCanadian Solar社のほうも、足踏み状態だった前期から一転し、2019年通期は前期から約3割もの増加。

2社のみのデータではありますが、太陽光発電の世界市場が大きな成長を続けていることを、伺わせるものです。

しかしその一方で日本メーカーでは、パナソニック社の米バッファロー工場での生産停止など、事業の縮小・退潮のみが目立っており、残念ながら海外大手との勢いの大きな差を、感じざるを得ません。


それはさておき、今年2020年については、新型コロナウイルスによる(生産活動やユーザー需要における)マイナスの影響が、どの太陽電池メーカーにおいても避けられないと思われます。

各メーカーのモジュール出荷量に、果たしてどのような変化が生じることになるのか(流石に減少に転じるのか、それとも世界的に旺盛な需要がコロナの影響をカバーするのか)、今から非常に気になるところです。


※参照・参考資料:
[1]JinkoSolar Announces Fourth Quarter and Full Year 2019 Financial Results(JinkoSolar社、2020/3/13)
http://ir.jinkosolar.com/index.php/news-releases/news-release-details/jinkosolar-announces-fourth-quarter-and-full-year-2019-financial
[2]Canadian Solar Reports Fourth Quarter and Full Year 2019 Results(Canadian Solar社、2020/3/26)
http://investors.canadiansolar.com/news-releases/news-release-details/canadian-solar-reports-fourth-quarter-and-full-year-2019-results

※海外メーカーのモジュール出荷量に関する過去記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 市場・業界の動向:アジア
この記事へのコメント