【現在位置】トップページ > 中国メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2020年05月28日

JinkoSolar社が出力500W超の「Tiger Pro」モジュールを発表、9本バスバー・タイリングリボン・ハーフセルを採用し高出力・高効率を実現

JinkoSolar社が2020年5月15日に、

  • 2020年の太陽電池モジュールの主力製品「Tiger Pro」シリーズ
を発表していました[1]。

製品の紹介ページ[2]と合わせて、概要は次の通り。


主な特徴 従来の太陽電池モジュールよりも、LCOEを大幅に引き下げることが期待できる。
  • 500W超の出力:
    最大のモデルで580W。
    これは、大規模プロジェクトで現在主流のモジュールより40%高い。
  • 複数の革新的技術を採用:
    下記の技術を用いており、モジュール変換効率は、最高のモデルで21.6%に達している。
    • MBB(バスバー):
      9本のバスバーにより、電力の損失を減らす。
    • TR(タイリングリボン)テクノロジー:
      セル間のギャップを無くし、モジュール効率を大幅に高める。
    • HC(ハーフセル)テクノロジー:
      セルを半分に分割して、影に対する許容度を改善。
モデル [2]に掲載されているのは、下記の4種。
モデル名出力モジュール
変換効率
リニア
出力保証
Tiger Pro 72TR Monofacial535Wp21.6%25年
78TR Monofacial580Wp
72TR Bifacial530Wp21.4%30年
78TR Bifacial575Wp
今後の予定
  • 20203Q量産開始


JinkoSolar社は昨年(2019年)秋に豪州の展示会で、出力460Wの「Tiger」モジュールを発表していました。

そのため、モジュール1枚での500W超えもそう遠くないだろう、とは想像していましたが、それから僅か半年ちょっとで現実になるとは思いませんでした。

実際の市場投入にも、さほど時間はかからないものと思われるので、今後は他メーカーの追従の動きにも、注目したいところです。(個人的には特に、住宅用で400W超のモジュールをリリースした米SunPower社あたり)


[2]によるとこの「Tiger Pro」には、片面発電(Monofacial)と両面発電(Bifacial)のモデルがあるようですが、意外にも出力と変換効率は、片面のほうが(僅かですが)高くなっています。

その一方で、出力保証の期間は両面のほうが5年長くなっており、これらの違いが何によるものなのかは、ちょっと興味を引かれるところです。


※参照・参考資料:
[1]JinkoSolar Launches 2020 Flagship Tiger Pro Series with Module Output of Up to 580W(JinkoSolar社、2020/5/15)
https://ir.jinkosolar.com/news-releases/news-release-details/jinkosolar-launches-2020-flagship-tiger-pro-series-module-output
[2]Tiger Pro(JinkoSolar社)
https://www.jinkosolar.com/en/site/tigerpro

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 中国メーカー
この記事へのコメント