【現在位置】トップページ > 他の海外メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2020年05月29日

SunPower社が米国軍人を対象に、住宅用太陽光発電の購入で1000ドルのリベートを提供

SunPower社が2020年5月21日に、

  • 退役軍人・現役軍人を対象に、住宅用太陽光発電の購入1000ドルのリベートを提供している。
と発表していました[1]。

概要は次の通り。


背景
  • SunPower社はこれまで長く、米国の政府や軍と協力してきた。
    近年では
    • 2017年:Vandenberg空軍基地に、28MWの太陽光発電システム
    • 2018年:陸軍のRedstone Arsenalに、10MWの太陽光発電と蓄電ソリューション
    を設置している。
  • 今回は住宅事業を通じ、独占的なオファーを提供することで、軍への支援を行う。
対象 米軍の全支部の現メンバーと元メンバーが、SunPower社製の新品で完全な太陽光発電システムを購入する場合。
リベート
の形式、
申請方法[2]
  • リベートは、MetaBank(FDICのメンバー)が発行する「SunPower Visa Reward Card」として付与される。
    カードの有効期限は6ヶ月
    また、換金はできない
  • リベートのコストは、システムの仕様により異なる
  • 希望者は、設置事業者への相談時に、military photo IDを提供する必要がある。
    申請は、最終的な請求日から90日以内に、sunpowerrebate.comのフォームに記入し、必要な書類を添えてSunPower社に提出する必要がある。
    処理には3〜7週間かかる。


国は違いますが、日本でのかつての住宅用システム向け補助金は、8年前(2012年度)には3万円/kWまたは3.5万円/kW(※システム費用により異なる)でした。

それを考えると、初期コストが劇的に下がった現在においては、1000ドルという金額はかなりインパクトがあるものと想像します。

ただそのぶん、直接現金による払い戻しではなく、有効期限6ヶ月の「Reward Card」によるものとしているのは、仕方がないのかもしれませんが。

また「1000ドル」と大々的に記載されてはいますが、実際には([2]の小さい文字による記述から)システムの仕様によりリベートの金額が変化するようなので、その点は本来わかりやすく明記すべきだと考えます。


当ブログでチェックしてきた限りでも、SunPower社は15年前の2005年時点で、Nellis空軍基地で14MWの太陽光発電所を稼働させていました。
(※同基地では2015年1Qに、2つ目のプロジェクトを着工)

また同社は、退役軍人の太陽光発電業界への就職を進める訓練プログラム「Solar Ready Vets」にも参加。

そして今回の、住宅用システムの購入を対象とするキャンペーンと、太陽光発電の専門企業として様々な面から、軍・軍人への支援に携わっていることが伺えます。

この点は、他国(米国外)の企業がそう簡単に踏み込めるものではなく、米国地場メーカーであるSunPower社のユニークな強みだと感じます。


※参照・参考資料:
[1]SunPower Announces Exclusive $1,000 Rebate for Veterans and Active Duty Military(SunPower社、2020/5/21)
https://newsroom.sunpower.com/2020-05-21-SunPower-Announces-Exclusive-1-000-Rebate-for-Veterans-and-Active-Duty-Military
[2]Go Solar with SunPower And You Can Get $1,000 Back(SunPower社)
https://go.sunpower.com/us-military/
[3]リベート(ウィキペディア)
[4]SunPower Rebate Form
https://sunpowerrebate.com/

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 他の海外メーカー
この記事へのコメント