【現在位置】トップページ > 製造装置 > 当記事

(スポンサード リンク)

2009年02月09日

日清紡が「アルプスエンジニアリング」の精密加工装置事業を買収、太陽電池製造装置事業の強化が目的

日清紡が、太陽電池製造装置事業の強化を目的として、静岡県の産業機器製造企業「アルプスエンジニアリング」から、精密加工装置製造事業を買収したとのこと。

日清紡、浜松の企業から精密装置事業を買収(NIKKEI NET(日経ネット):主要ニュース)

上記リンク先記事によると、日清紡は今回の「アルプスエンジニアリング」の精密加工装置製造事業の買収により、同社の社員(約40人)や関連特許の譲渡を受けたとのこと。

(買収金額は推定5億円)

既に、受け皿の子会社「日清紡アルプステック」(資本金2億円)を設立済みで、1月末には対象社員の移管を完了。

具体的な事業としては、譲渡された技術を活用して、薄膜太陽電池の製造工程用装置(ガラスに付着した不要な電子材料を、レーザーにより除去する装置)を製造するとのことです。


日清紡に関しては、昨年にも太陽電池製造設備事業などの強化が報じられていますが、日本国内においては、ますます新エネルギーの関連事業を強化していく・・・ということでしょうか。

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:51 | Comment(0) | 製造装置
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。