【現在位置】トップページ > 試験・検査 > 当記事

(スポンサード リンク)

2009年02月11日

「テュフ ラインランド ジャパン」が、横浜で薄膜太陽電池試験サービスを開始

テュフ ラインランド アジア グループ」が、横浜市において、薄膜系太陽電池モジュールの認証試験サービスを開始するとのこと。

テュフ ラインランド ジャパン、薄膜太陽電池コンピテンス・センターを横浜に新設。 薄膜太陽電池試験サービスを開始します。
時事ドットコム:薄膜太陽電池試験の新サービス提供=テュフラインランドジャパン〔BW〕

上記リンク先記事によると、今回開始される試験サービスは、

・「IEC/EN 61646」規格に準じた地上設置型薄膜系太陽電池モジュール

を対象としたもので、

・IEC/EN61730に基づく設計適合性確認および型式認証

も含まれるとのこと。

更に「テュフ ラインランド ジャパン」では、今後数週間以内に、太陽電池検査能力を3倍に増強する予定とのことです。

(ちなみに同社では、屋外太陽電池モジュール試験設備と結晶型太陽電池コンピテンス・センターが、既に稼働しているそうです。)


以前取上げたニュース記事で、アルバックが神奈川県の自社工場内に太陽電池モジュールの評価試験設備を新設し、その運用は独「テュフラインランド」の日本法人「テュフラインランドジャパン」が行う、との内容がありましたが、今回の薄膜太陽電池試験サービスは、そのアルバック工場内で行われるものなんでしょうか?

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 09:10 | Comment(0) | 試験・検査
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。