【現在位置】トップページ > メーカー:京セラ > 当記事

(スポンサード リンク)

2009年05月20日

トヨタの新型「プリウス」用オプションの太陽電池は、京セラが生産

トヨタ自動車5月18日に発売した、新型の「プリウス」に用意されているオプション「ソーラーパネル付ムーンルーフ」の太陽電池は、京セラが独占供給を行なうとのこと。

京セラ、トヨタ「新型プリウス」に太陽電池モジュールを供給(日経プレスリリース)
新型プリウス,京セラ製の太陽電池の効率は16.5%,屋根の形状を一部変更:ECO JAPAN −成長と共生の未来へ−
「プリウス」の屋根に太陽電池 京セラが独占供給:京都新聞

上記リンク先記事によると、これは5月19日京セラが公表したもの。

プリウスのオプションに採用されている太陽電池パネルの詳細は、

・多結晶Si型太陽電池セル
・標準的な太陽電池セル(15cm角)の、1/2の大きさのセルを、
 ・縦:6
 ・横:6
 の、合計36個使用。
・セル変換効率:16.5
・独自技術「RIE」(リアクティブ・イオン・エッチング)を採用
 (プラズマと反応性ガスにより、表面につけた微細な凹凸で、出力・変換効率を向上)
・太陽電池モジュール(複合部品)全体の平均出力:56W
 (耐熱性や耐震性も向上させている)
・三重伊勢工場に専用ラインを設置し、生産
・オプションの価格は、22万5,750円〜21万

とのことです。

ちなみに、この太陽電池オプションによる発電電力は、車内の換気のみに用いられるもので、当初はバッテリーへの充電も考えていたものの、充放電を繰り返すとバッテリーが劣化する等の理由で、断念されたそうです。


今回はハイブリッドカー・プリウスのオプションとして開発されたものですが、今後コストダウン等が進み、他の自動車にも、このような太陽電池が搭載されることになったら、面白い気がします。

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 12:52 | Comment(0) | メーカー:京セラ
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。