【現在位置】トップページ > 製造装置 > 当記事

(スポンサード リンク)

2009年08月19日

日清紡の薄膜系太陽電池製造装置は、世界シェア2位

下記リンク先記事では、生き残りのため、創業事業を縮小して新事業に取り組む企業の状況が紹介されています。

創業事業撤退も辞さず、事業シフトを加速する企業サバイバル | これが気になる! | ダイヤモンド・オンライン

この記事で、日清紡について、

・薄膜系太陽電池製造装置では、世界シェア2位を獲得している。
 中でも、
 ・出力検査用のシミュレーター:国内シェア90%超
 ・ラミネーター:同70%超
 を占めている。

との内容の記述がありました。


繊維メーカーのイメージが強い日清紡の薄膜太陽電池製造装置が、世界シェアで2位を占めているというのは、正直驚きました。

当ブログでニュース記事を読んできた限りでも、一見、太陽電池とはイメージ的に関係無さそうな企業の進出が多いと感じますが、今後もこの傾向はどんどん進む、ということでしょうか。


※参考
太陽電池モジュール製造設備|日清紡メカトロニクス株式会社ホームページ
 http://www.nisshinbo-mechatronics.co.jp/products/pv/index.html

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 12:43 | Comment(0) | 製造装置
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。