【現在位置】トップページ > 導入施設 > 当記事

(スポンサード リンク)

2010年01月15日

セブン-イレブン・ジャパンが、全国200店舗以上に太陽光発電などを導入予定

セブン-イレブン・ジャパンが、太陽光発電システム等を設置する省エネ型店舗を、2011年2月期末までに全国で200店強を展開する方針とのこと。

セブンイレブン、200店で太陽光発電 11年2月末までに全国展開(NIKKEI NET(日経ネット):企業ニュース)

上記リンク先記事によると、事業の詳細は、

・目的:
 ・政府が求める温暖化ガス削減への対応
 ・環境重視の企業姿勢の、消費者へのアピール

・具体的な取り組み:
 セブンイレブンでは現在、東京などの8店舗に、太陽光発電装置を設置済み。
 今後は、
 ・太陽電池パネル
 ・LED照明
 ・太陽光トップライト
 を組みあわせた新型の省エネ店を、1月22日に京都市内に新規出店。
 そして2011年2月末までに、同じタイプの店舗を約110店出店する。
 その他、既存店約90店舗にも、太陽電池パネルを設置する。

となっています。


コスト面でのメリットは私にはわかりませんが、一消費者として考えると、仮に日常的によく利用するコンビニエンスストアに太陽光発電が導入された場合、「ここにも設置されたのか」と、確かにかなりのインパクトを受ける気がします。


※参考
セブン-イレブン・ジャパン
 http://www.sej.co.jp/index.html

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 13:06 | Comment(0) | 導入施設
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。