【現在位置】トップページ > ガラス(カバーガラス・基盤用ガラス等) > 当記事

(スポンサード リンク)

2010年03月06日

旭硝子が太陽光・太陽熱発電の関連事業で、2012年の売上高600億円を目指す

旭硝子が、2012年までの新中期経営計画「GrowBeyond-2012」をスタートしたとのこと。

旭硝子、ソーラー関連事業の売上高600億円に再挑戦(The Chemical Daily - News)

上記リンク先記事によると、この計画の中でソーラー関連事業については、

・市場予測:
 ・太陽光発電:
  市場規模は、2012年には6GW規模に迫ると予測する。
  経済危機により鈍っていた市場の勢いは、既に強い成長を回復しつつある、と見ている。
 ・太陽熱発電:
  市場は今後急成長し、その規模は、2012年には4GWに到達すると予想。
・売上高:600億円達成を再び目指す。
 太陽電池用ガラスの拡販の他、太陽熱発電市場にも対応する方針。

との見通し・目標としているとのことです。


2012年に太陽熱発電が太陽光発電の2/3に到達するとの市場予測に、ちょっと驚きました。

日本でも今後、どの程度太陽熱の利用が普及することになるか(設備の販売状況など)、非常に気になるところです。


※参考
・AGC旭硝子
 http://www.agc.co.jp/index2.html
・新中期経営計画 “Grow Beyond-2012” について
 http://www.agc.co.jp/news/2010/0210_5.pdf

(スポンサード リンク)


この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。