【現在位置】トップページ > 飛行機 > 当記事

(スポンサード リンク)

2010年03月06日

太陽光発電飛行機による世界一周計画「ソーラー・インパルス」が、日本で発表

東京都内のスイス大使館で3月5日、太陽光発電をエネルギー源とする飛行機での世界一周計画「ソーラー・インパルス」が発表されたとのこと。

太陽光発電飛行機:世界一周へ スイス人の冒険家、12年に日本も寄航 - 毎日jp(毎日新聞)
これぞ究極のエコ(社会) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース

上記リンク先記事によると、計画の詳細は、

・メンバー:スイス人冒険家のベルトラン・ピカール氏(1999年に熱気球での世界一周に成功)など。
・機体:
 2009年秋に完成した試作機は、
 ・乗員:1
 ・エンジン:10馬力のプロペラエンジン4基
 ・翼:
  長さは約64m(ジェット旅客機に匹敵)。
  太陽電池パネル約1万2,000枚を設置している。
 ・重量:1.6t
  炭素繊維の採用で軽量化を図っている。
・飛行方法:
 ・日中:天候の影響を受けない高度(8,500〜1万2,000m)を飛行して充電。
 ・日没後:高度を下げて飛行する。
・スケジュール:
 ・2010年3月中に、本格的な飛行実験を開始。
 ・同年中には、36時間の連続飛行に挑戦する。
 ・2012年夏に中国を出発。
  その後、2週間〜1カ月で、
  ・中国−日本−ハワイ−米東海岸−欧州−中国
  のルートを交代で飛行する計画。

等となっています。


ジェット旅客機に匹敵する翼長でありながら、重量が1t台という点には、やはり非常に驚かされます。

飛行機としては相当特殊な機体だとは思いますが、太陽光発電の可能性を体現するという点で、意味のある取り組みだと感じます。

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 13:11 | Comment(0) | 飛行機
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。