【現在位置】トップページ > メーカー:シャープ > 当記事

(スポンサード リンク)

2010年03月17日

シャープが「ルーフィット設計」方式対応の太陽光発電システムを、2010年5月に発売

シャープが「ルーフィット設計」方式対応の太陽光発電システムを、2010年5月に発売するとのこと。

新商品ニュース : シャープ、同面積に効率良く設置できる住宅用太陽光発電システムを発売(新建ハウジングWEB - 住宅ニュース)
asahi.com(朝日新聞社):シャープ、ルーフィット設計対応 住宅用太陽光発電システムを全国で発売 - 企業リリース - ビジネス・経済
シャープが新型太陽電池パネル 形状工夫で設置容量アップ - MSN産経ニュース
シャープ、屋根の形状に合わせて設置できる住宅用太陽光発電システム - 家電Watch

上記リンク先記事によると、「ルーフィット設計」は、異なるサイズの太陽電池モジュールを組み合わせることで、屋根の形状や限られた設置スペースに、効率の良い太陽電池設置を可能にする方式。

今回の新製品の特徴は、

・特徴:
 ・屋根に設置できる太陽電池モジュールの枚数が増えるため、パワーコンディショナーには「ワイドレンジタイプ(定格出力4.0kW〜5.5kW)を用意。
  回路を少なくでき、工事費を低減しつつ、高出力が維持できる。
 ・新発売の太陽電池パネルとコンディショナーを使用することで、設置容量が従来比10〜20%程度向上。
  発電量あたりの価格を低減できる。
・ラインナップ:
 「ルーフィット設計」方式対応の下記製品。
 ・多結晶太陽電池モジュール4機種(切妻/寄棟対応)
  ・「ND-160BW」:
   ・公称最大出力:160W
   ・希望小売価格(税込み):73,710円
  ・「ND-114CW」:
   ・公称最大出力:114W
   ・希望小売価格(税込み):59,430円
  ・「ND-061LW」:
   ・公称最大出力:60.5W
   ・希望小売価格(税込み):43,050円
  ・「ND-061RW」:
   ・公称最大出力:60.5W
   ・希望小売価格(税込み):43,050円
  ※月産台数は、4機種合計で23,000台。
 ・パワーコンディショナー3機種:
  ・「JH-M0B2」:
   ・定格出力:4.0kW
   ・入力回路数:2回路
   ・希望小売価格(税込み):244,230円
  ・「JH-M0C3」:
   ・定格出力:4.0kW
   ・入力回路数:3回路
   ・希望小売価格(税込み):274,260円
  ・「JH-G0C4」:
   ・定格出力:5.5kW
   ・入力回路数:4回路
   ・希望小売価格(税込み):349,860円
  ※月産台数は、3機種合計で7,000台。

となっています。


住宅用太陽光発電システムの、設置における対応能力を高めることは、設置面積が限られる日本の住宅事情に適合する、優れた取り組みだと感じます。


※参考
・ルーフィット設計対応 住宅用太陽光発電システムを全国で発売 | ニュースリリース:シャープ
 http://www.sharp.co.jp/corporate/news/100316-a.html


※当ブログの関連記事:
シャープが住宅向け「ルーフィット設計対応システム」を発表(2009/03/04)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 19:52 | Comment(0) | メーカー:シャープ
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。