【現在位置】トップページ > 製造装置 > 当記事

(スポンサード リンク)

2010年06月16日

日清紡が2011年夏から、中国で太陽電池パネル製造装置を生産開始予定

日清紡ホールディングス」が6月15日、

中国で、太陽電池パネル製造装置の生産を開始する。

との方針を公表したとのこと。

日清紡HDが4日続伸、中国での太陽電池パネル製造装置の生産開始/ 株式NEWS /モーニングスター
日清紡HD:中国で太陽電池パネル製造装置の生産能力増強−合弁工場 - Bloomberg.co.jp

上記リンク先記事によると、事業の詳細は、

・背景:
 日清紡HDは2008年に、中国の「江蘇亜威機床公司」との合弁企業「江蘇亜威日清紡精密機器公司」を設立している。
 この合弁会社は、現在は中国政府の許認可待ち状態であり、新工場は2011年に建設開始の予定。
 今回の太陽電池製造装置の生産開始は、上記の合弁会社・新工場に先立ち、合弁相手企業「江蘇亜威機床公司」の工場で開始するものである。

・生産拠点:
 中国・江蘇省の機械メーカー「江蘇亜威機床公司」との合弁会社に対する出資比率を、2010年7月にも51%(出資額約5億円)に引き上げる(現行は25%)。
 これによって経営の主導権を握り、設備を太陽電池製造装置製造用に転換する。(現在は板金加工機製造用)

・生産開始:2011年夏の予定。

・生産能力:
 月産30台を目指し、全体の生産能力を5割増まで拡大する。

・販売先:
 需要が増えている中国国内の他、台湾などの太陽電池パネルメーカーにも販売していく方針。

等となっています。


現地での製造装置生産が事業として成り立つことが見込まれるほど、現在は中国国内での太陽電池生産が急拡大している、ということでしょうか。


※参考
・日清紡ホールディングスホームページ
 http://www.nisshinbo.co.jp/

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 17:34 | Comment(0) | 製造装置
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。