【現在位置】トップページ > 研究・開発の動向 > 当記事

(スポンサード リンク)

2011年03月03日

米エネルギー省とアブダビの「Masdar」が、特殊コーティングを施した太陽光電池モジュールの性能試験を共同実施する方針

米エネルギー省(DOE)
・アブダビの「Masdar(マスダール)」

の2者が、

特殊コーティングを施した太陽光電池モジュールの性能試験を共同で実施する。

との方針を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・米エネルギー省とマスダールが最先端の太陽光発電コーティング技術の共同試験を実施へ | Business Wire
 http://www.businesswire.com/news/home/20110302005566/ja/

(両者のサイト内ページ)
・Department of Energy - U.S. Department of Energy and Masdar Collaborate In Testing Cutting-Edge Solar PV Coating Technologies(米エネルギー省)
 http://www.energy.gov/news/10154.htm
・U.S. Department of Energy and Masdar Collaborate in Testing Cutting-edge Solar PV Coating Technologies(マスダール)
 http://www.masdar.ae/en/MediaArticle/NewsDescription.aspx?News_ID=172&News_Type=PR&MenuID=55&CatID=45

上記URL先ページによると、対象となる特殊コーティングは、

・開発目的:
 世界中の太陽電池モジュール製造者が直面している、湿度と接合の問題を回避して、乾燥塵埃の付着を防止することを目指している。
・開発者:
 米国の連邦研究所である「米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)」が開発した。

というもので、今回はマスダールとの科学面・技術面での情報交換(土壌サンプル収集、アブダビへの現場訪問を含む)を経て、マスダールが試験対象に選ばれたとのことです。


今回の発表内容では、コーティングの具体的な方法や性能、また対象となる太陽電池パネルの種類等、技術の詳細は公表されていないのが残念です。

私が調べてみた限りでは、NRELのサイト掲載資料[2]に、CIGS薄膜太陽電池の寿命拡大を目的に、PTMO(protective transparent metal oxide)によるコーティング技術を開発した旨が記述されていましたが、これが今回の技術と何らかの関係があるんでしょうか?


※参考
・[1]National Renewable Energy Laboratory (NREL) Home Page
 http://www.nrel.gov/
・[2]Encapsulation Advancements Extend Life of Thin-Film PV, The Spectrum of Clean Energy Innovation (Fact Sheet)
 http://www.nrel.gov/innovation/pdfs/47564.pdf

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 18:17 | Comment(0) | 研究・開発の動向
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。